2016年6月7日火曜日

渡辺保の劇評 2016年6月 歌舞伎座第一部

猿之助の三役――第一部の典侍局、第二部のお里、第三部の忠信が予想に反 して大出来である。
つづいて平舞台へおりて安徳天皇とのやりとりは、海の底に極 楽があるはずがないのをそういわなければならない哀しみがよく出ている。こ とに感心したのは天皇の辞世を聞いて、これを聞いたらば父帝はじめ高倉天皇、 わけて建礼門院がどれほど喜んだろうかという歎きである。ここがよく活きて いて堪能させるできである。(2016年6月歌舞伎座第一部)
 典侍局という大役を見事に演じています。先代雀右衛門をかなり意識して作っているように思います。