2016年6月7日火曜日

渡辺保の劇評 2016年6月 歌舞伎座第三部

つづいて「四の切」は猿之助の襲名狂言。悪かろうはずはないが、今度は前 回とはうってかわってよく研究されていい。熱心なのには頭が下がる。  まず本物の忠信、静の出の前から向うへ気を配って、さらにもう一人の忠信 があらわれたと聞いての不審、義経の不興に憮然とする具合、引込みまで終始 気を配っている具合が途切れずに続いてピンと糸を張ったように舞台に緊張感 がある。典侍局同様ドラマの骨格が鮮明である。
宙乗りがあばれすぎて、看板に「狐六法」とかいてあるのにショウの ようになること。(2016年6月歌舞伎座第三部)
宙乗りはついオーバーになるのでしょうが、やり過ぎ気味。しかし多くの役者の「四の切」をみましたが、やはり猿之助が一番です。

ブログ アーカイブ