2016年6月24日金曜日

海老蔵、昼夜4演目に奮闘 「今までにない僕に会いに行く」

松竹によると、過去の上演記録が四度しかない珍しい作品で、海老蔵は「切り口が新しく、斜めから切っている感じ。現代劇に近い感覚で見ていただきたいし、歌舞伎を初めて見る若い方にも分かりやすい」と薦める。「人の欲とそこから生まれる生き方。人間のどろどろした部分が出れば」と演じる上でのポイントを挙げた。  ドラマなどに登場する吉保は悪人として描かれることが多い。これまで演じたことのない類の役でもあり「今までにない僕に会いに行く」と表現した。(東京新聞:<歌舞伎>海老蔵、昼夜4演目に奮闘 「今までにない僕に会いに行く」:伝統芸能(TOKYO Web))
柳沢吉保を演じる海老蔵の意気込みを感じます。膨大なセリフを覚えるのが大変だとブログで言っていますが、護持院隆光(市川猿之助)との絡みも楽しみです。