2016年7月31日日曜日

「生きる意味は役に立つ喜び」仏教文化講座、市川猿之助さん語る

仏教の教えを学ぶ「第51回比叡山仏教文化講座」(比叡山延暦寺、京都新聞主催)が30日、大津市の延暦寺会館で開かれた。歌舞伎役者で俳優の市川猿之助さんが、仏教で説かれる他人の役に立つ喜びについて自らの経験を踏まえて語り、約430人が聞き入った。  
1カ月のうち25日間休みなく公演を続ける歌舞伎で、体調が優れない状態で出演した際、観客の高齢女性から「(公演を見られて)これで長生きできる」と声を掛けられ、生きがいを感じた経験を披露。「人はなぜ生まれてきたのか。自分を確認できる一番の方法は、人に喜んでもらうこと」と話した。(「生きる意味は役に立つ喜び」仏教文化講座、市川猿之助さん語る (京都新聞) - Yahoo!ニュース)
7月の楽屋がお寺のようだったことを思い出します。