2016年7月29日金曜日

仁左衛門、時蔵が語る「錦秋名古屋 顔見世」

平成30年に予定されている御園座柿葺落まで、「名古屋で歌舞伎の灯が消えることのないよう、皆で一所懸命頑張ります」と、仁左衛門は時蔵とともに公演への意気込みを見せました。(仁左衛門、時蔵が語る「錦秋名古屋 顔見世」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
再来年ですね。どんな劇場になるか楽しみです。