2016年8月3日水曜日

釣瓶師匠独演会(芝のぶブログ)

今日の『廓噺山名屋浦里』のお稽古が始まる前に別室に舞台まで拵えて、 何と釣瓶師匠がオリジナルの山名屋浦里を 一席語って下さるという嬉しいサプライズがありました。 恥ずかしかったですが結局一番前で拝聴することになり、 生の落語(人情話ですが)は久しぶりですが、大変迫力があり、 浦里が切々と心情を語る下りでは思わず涙ぐんでしまいました。(中村芝のぶのブログ)
ステキなサプライズ!お稽古に熱が入ることでしょう。舞台が楽しみです。