2016年8月29日月曜日

児玉竜一の劇評 研の會・双蝶会 2016年8月

先人の跡を迷いなく踏襲する若手の修業こそが、将来への大切な種を植える。((評・舞台)「研の會」「双蝶会」 将来への種植える、若手の修業:朝日新聞デジタル)
来年も公演が決まっています。楽しみです。

ブログ アーカイブ