2016年8月27日土曜日

二代目喜多村緑郎、1日から襲名公演 新派に新風「背負う気持ち」

それほどの大名跡襲名を月乃助は当初は躊躇(ちゅうちょ)した、と打ち明けるが、今は吹っ切れた表情だ。「新派の象徴的な名前を襲名する意味を考え、新派を背負う気持ちでやりたい。時代を超越し、歌舞伎や新派、新作、新国劇、新喜劇もみんなで作りたい」と夢は広がる。(二代目喜多村緑郎、1日から襲名公演 新派に新風「背負う気持ち」(2/2ページ) - 産経ニュース)
新風を吹き込んでくれ、新派に活気を取り戻してくれるでしょう。

ブログ アーカイブ