2016年8月21日日曜日

【花形出番です】 憧れの演目 父の「土蜘」 歌舞伎俳優・中村国生さん(2)

父を見ていると、古典や踊りが好きになる。この「土蜘」も、いつかやりたい演目の一つ。10年後か20年後か、「その日」に備え、父の舞台を必死に追っています。そして、いつか僕らの世代も「納涼」の一幕を任せていただけるまで-。憧れの演目や配役を妄想し、励みにしています。(【花形出番です】憧れの演目 父の「土蜘」 歌舞伎俳優・中村国生さん(20)(2) - 産経ニュース)
納涼歌舞伎の担い手がどんどん成長していくようでうれしいです。

ブログ アーカイブ