2016年8月17日水曜日

小玉祥子の劇評 2016年8月 歌舞伎座

勘九郎が無骨な武士のいちずさを見せた。七之助は美しくセリフに情味がある。扇雀の山名屋が懐の深さ、弥十郎の秋山が嫌みさを出した。舞台転換が速やかで飽きさせない楽しい一幕。(歌舞伎:八月納涼歌舞伎 浦里の七之助、セリフに情味=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
とかく新作は舞台転換が問題になりますが、この点でもうまくいっているようです。

ブログ アーカイブ