2016年8月26日金曜日

上村以和於の随談 8月の日記 2016年8月

もう一つ『寿式三番叟』で蔦之助の三番叟が舌を巻かせた。気合と躍動感は息の良さがあればこそ。「いい顔」をして見せる役者ぶりのよさは猿之助を思わせ、猿之助よりいい男である。左字郎と言ったころから目につく存在ではあったがこれは収穫であった。(演劇評論家 上村以和於オフィシャルサイト)
歌舞伎座、若手勉強会、国立合同公演など、日記方式で書かれています。
蔦之助さんは本当に素晴らしかったです。澤瀉屋の二人三番を見ているようでした。