2016年9月3日土曜日

河村常雄の劇評 2016年9月 新橋演舞場

泉鏡花の「婦系図」。波乃久里子のお蔦に喜多村の早瀬主税。早瀬が師匠酒井の命令でお蔦に別れ話をする「湯島境内」は血の涙の好場面を作った。波乃にお蔦のいじらしさがあり、喜多村は「月は晴れても」の名台詞を違和感なく聴かせた。喜多村は新派にうまくなじんでいる。悪党河野を成敗する「静岡」では歌舞伎立役に戻って痛快。(河村常雄の新劇場見聞録)
湯島境内では清元三千歳、めの惣では長唄勧進帳が効果的に入る。いつもは男性の演奏だが新派は女性の声、こんな違いを発見するのも楽しいです。喜多村緑郎は湯島境内の場と静岡の場で主税の人間性を見事に演じています。最後の幕、お蔦の臨終に駆けつけるところは、残菊物語と同じだと思いました。(夜の部初日観劇)