2016年9月4日日曜日

渡辺保の劇評 2016年9月 歌舞伎座夜の部

吉野 川の激流をこえての和解は、この玉三郎と吉右衛門が渾身の力で、目に見えぬ 心の応酬をするからである。ここに今度の「山の段」の大きな特徴、新しさが ある。(2016年9月歌舞伎座夜の部)
吉野川大絶賛です。これぞ丸本歌舞伎の醍醐味です。

ブログ アーカイブ