2016年9月18日日曜日

倉田喜弘の文楽評 2016年9月 国立小劇場

舞台について言えば、主君義経の意向を察した熊谷直実は万斛(ばんこく)の涙を呑(の)んでわが子の小次郎を斬る。そうした趣向が早くも組討(くみうち)の段に仕組まれ、豊竹咲甫太夫(さきほたゆう)と野沢錦糸(きんし)の好演で、観客の頭上に覆いかぶさる。(東京新聞:<評>国立劇場開場50周年記念文楽 迫力満点の熊谷陣屋:伝統芸能(TOKYO Web))

ブログ アーカイブ