2016年9月8日木曜日

児玉竜一の劇評 2016年9月 新橋演舞場

緑郎は、夜は「婦系図(おんなけいず)」で、初代緑郎が演出を確立した古典に真正面から挑む。師への折り目正しさ、敵へのタンカ、女たちへの心遣い、万事に潔癖で清新だが、「お蔦(つた)、死ぬなよ」と感情を爆発させると澤瀉屋(おもだかや)一門の血が騒ぐ。アンダー60歳では、今や日本一の早瀬主税(ちから)だろう。((評・舞台)新橋演舞場「九月新派特別公演」 新・緑郎が築く温故知新:朝日新聞デジタル)
これから新派のお役をどんどん勤め観客を唸らせて下さい。

ブログ アーカイブ