2016年9月4日日曜日

吉野川の幕開き(芝のぶブログ)

この舞台が素晴らしいのは舞台美術自体がすでに物語をたたえている事ではないでしょうか。 両花道、両屋台、上下の竹本。 それぞれからの掛け合いの台詞や動きや竹本の語りはまさに山間にこだまする両家の魂の叫びであり、 この舞台面がそれを見事に視角化している事にすっかり感服してしまいます。(吉野川の幕開き|中村芝のぶのブログ)
道具帳を書いた方、その後も大道具方、役者などの工夫が今現在のかたちになったのでしょう。素晴らしいです。

ブログ アーカイブ