2016年9月19日月曜日

鶴屋南北 かぶきが生んだ無教養の表現主義 (講談社学術文庫) 郡司正勝著

19世紀、遊里とかぶきの全盛を過ぎ、文化の衰退と爛熟が肌で感じられた江戸化政期。それは地震・噴火・洪水と、鎖国の綻びの時代でもあった。「四谷怪談」「桜姫東文章」などで知られる四代目鶴屋南北は、奇抜な趣向で当時の「現代」を写しとり、かぶきに新たな地平をひらく。彼は世に何を仕掛けたのか。伝統の革新とは何か。稀代のかぶき研究者畢生の渾身作。(書籍・DVD情報|歌舞伎 on the web)

ブログ アーカイブ