2016年10月5日水曜日

【10月歌舞伎公演】『通し狂言 仮名手本忠臣蔵』【第一部】 初日を迎えました!

幕が開いても、登場人物は俯いたまま動きません。竹本の語る浄瑠璃で名前を呼ばれた順に、登場人物が目を開け、息を吹き込まれたように動き出します。これは、原作の人形浄瑠璃に敬意を払った演出です。儀式的な幕開きにより、次第に作品の世界に引き込まれます。(50周年記念公演ニュース|国立劇場50周年記念サイト|国立劇場)
写真多数あります。

ブログ アーカイブ