2016年10月13日木曜日

天野道映の劇評 2016年10月 歌舞伎座

新芝翫の本領は時代物で、夜「熊谷陣屋」に見応えがある。明治以後団十郎型が席巻して、芝翫型でこれを演じるのは今では彼一人。型の多様性を守るという以上に、団十郎型の心理主義に対する芝翫型の古風な豪快さが、この人によく似合う。  一方、平敦盛の身代わりになった倅(せがれ)小次郎の首を妻の相模と寄り添って2人でかき抱く時、ここにもやはり団十郎型とは違う夫婦の情の深さがある。魁春(かいしゅん)の相模も充実している。吉右衛門の義経の風格が大きい。歌六の弥陀六(みだろく)の息の詰んだせりふが後半を引き締めている。((評・舞台)歌舞伎座 八代目中村芝翫襲名披露公演 豪快さ、時代物で本領:朝日新聞デジタル)
この熊谷陣屋芝翫型が評判を呼び、襲名の意義を感じます。是非回を重ねて、より深いドラマを見せて頂きたいです。

ブログ アーカイブ