2016年10月11日火曜日

上村以和於のの随談 芝翫型の『熊谷陣屋』

今度の芝翫型上演によって、團十郎型というものが、是非長短共に、くっきりと見えてきた。何よりもそのことが刺激的である。いうなら、團十郎型は熊谷ひとりの心境劇であり、熊谷の出家に至る心情に焦点を絞り込んだ近代劇であることが、改めてわかった。そこに、近代歌舞伎としての価値も意義もあるのだ、ということである。芝翫型は、それに対する、いうなれば「本行」であり、歴とした浄瑠璃に基づく丸本時代物狂言である。(演劇評論家 上村以和於オフィシャルサイト)
直実以外の登場人物が各々明確になり、義経で繋がっている相関図がバランスよく感じられました。新芝翫、時代物役者として線の太さ大きさ充分で今後が楽しみです。

ブログ アーカイブ