2016年10月16日日曜日

石井啓夫の劇評 2016年10月 国立劇場

2段目上の「力弥使者」が眼福。許嫁(いいなずけ)の大星由良之助(おおぼしゆらのすけ)の息子、力弥(中村隼人)と加古川本蔵(かこがわほんぞう)の娘、小浪(中村米吉)の純愛コンビ。“じっと見合す顔と顔”。米吉の可憐(かれん)さ、初々しさ。(【鑑賞眼】国立劇場「仮名手本忠臣蔵」(第1部)悠然と幸四郎、梅玉の気品 - 産経ニュース)
この場はいつもカットされるので、今回の舞台は必見です。ここがあるから九段目の悲劇が際立ちます。是非国立劇場へお出かけ下さい。

ブログ アーカイブ