2016年10月23日日曜日

六本木歌舞伎第2弾 海老蔵×寺島しのぶ、22年ぶり舞台共演!

海老蔵は以前、十八代目・中村勘三郎さんから、勝新太郎さんの「座頭市」の話を聞いており、あの世界観を「いつかやってみたい」と思っていたという。そして「何と言っても幼なじみのしのぶさんが参加してくださり、共演できる喜びがとても大きいです」とコメント。寺島も「リリーさんが書いて三池さんが作り海老蔵さんと久しぶりにお芝居できることは楽しみ」と言い、「リリーさんが私に当て書きをしてくださるとのこと。みんなと知恵を振り絞って最高のエンターテインメントに」と意気込んでいる。(海老蔵×寺島しのぶ、22年ぶり舞台共演!来年2月「座頭市」モチーフ新作舞台 : スポーツ報知)
ちょっとビックリですが、どんな火花がちるのか楽しみです。