2016年10月10日月曜日

河村常雄の劇評 2016年10月 歌舞伎座

芝翫は現在主流の團十郎型ではなく、祖先四代目芝翫の型で演じる。制札の見得で、制札を逆さまにせず、ラストでは本舞台で「十六年」の名台詞を語り、幕となる。派手さで劣るが、古風な味が出た。 吉右衛門は細く高い声で貴公子義経を演じ、総大将の重みも示す。竹本は葵太夫。(河村常雄の新劇場見聞録)
芝翫型も面白い。一通りにならないほうが望ましいと思います。義経と弥陀六が源平の世界を作り上げていました。

ブログ アーカイブ