2016年10月11日火曜日

渡辺保の劇評 2016年10月 国立劇場

いよいよ切腹の座に直る瞬間の向こうへの思い入れ、九寸五分を紙に巻きな がらの向こうへの思い入れ、「御検使、御見届け下され」といって向こうを見 ながら思い切って腹へ突き立てるまでの思い入れ。ともに無言のうちに顔の表 情を消して全身で心持を観客に伝える歌舞伎本来の思い入れの芸である。今日 とかく心理描写や説明的になりがちな判官が多い中で近頃珍しく古格を守った 芸である。(2016年10月国立劇場)
梅幸以来の判官役者です。息の詰まったこの場をぐっと惹きつけられます。

ブログ アーカイブ