2016年12月3日土曜日

【12月歌舞伎公演】『通し狂言 仮名手本忠臣蔵』【第三部】 初日を迎えました!

3ヶ月連続完全通し上演の完結篇となる12月の【第三部】では、10月【第一部】で描かれた加古川本蔵・大星由良之助の両家のその後に焦点が当たるエピソードと、討入りを陰から支えた人物たちのドラマ、そして、塩冶浪士の悲願達成となる討入りをお送りします。(50周年記念公演ニュース|国立劇場50周年記念サイト|国立劇場)
写真多数載っています。花水橋引揚げの場、これで幕はうれしいですね。

ブログ アーカイブ