2016年12月14日水曜日

小玉祥子の劇評 2016年12月 歌舞伎座

浄瑠璃を用い、だんまりや立ち回りを入れるなど歌舞伎的技法をふんだんに盛り込んだ演出が楽しい。食べる側のオオカミと食べられる側のヤギ。獅童が葛藤を抱えつつ、めいを思いやる様を愛嬌(あいきょう)たっぷりに見せ、松也はおびえつつも、がぶにひかれる姿を愛らしく演じた。中車、権十郎、猿弥ら周囲もいい。(歌舞伎:十二月大歌舞伎 絵本が素材、演出も楽しく=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
やはり西洋音楽にしなかったのが良かったと思います。

ブログ アーカイブ