2016年12月15日木曜日

畑律江の劇評 2016年12月 京都先斗町歌舞練場

第3部「引窓」は、役人に追われる濡髪長五郎(坂東弥十郎)をめぐり、実母お幸(吉弥)、その義理の息子の南与兵衛(仁左衛門)と女房お早(孝太郎)が紡ぐドラマ。劇場の懐かしい雰囲気が生き、各人の感情が胸に響く。仁左衛門が、もとは町人だった郷代官の人間味を十分に表現した。最後は「京鹿子娘道成寺」。雀右衛門の白拍子花子が女心をかれんに、多彩に踊る。大館左馬五郎(おおだてさまごろう)(海老蔵)の押し戻しがある華やかな幕切れ。(舞台評:吉例顔見世興行 先斗町歌舞練場 場内に満ちる濃厚な空気 - 毎日新聞)
 舞台が近く、場内に濃厚な空気が満ちているとのこと、道成寺はひときわ華やかになったと思います。

ブログ アーカイブ