2016年12月15日木曜日

小玉祥子の劇評 2016年12月 国立劇場

「十一段目 討入り」は原作の浄瑠璃から離れ、写実的な場面となっている。松緑の小林平八郎と亀寿の竹森喜多八の激しい立ち回りなどが見どころ。由良之助が寺岡平右衛門(錦之助)に、義弟早野勘平の形見である縞(しま)の財布を手渡して焼香させる、浄瑠璃に由来するくだりに情趣がある。(歌舞伎:仮名手本忠臣蔵 第三部 幸四郎が見せた親心=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
あの縞の財布が出てくると六段目に思いが馳せます。47士の名乗りも良かったです。

ブログ アーカイブ