2016年12月5日月曜日

市川右近が語る「壽新春大歌舞伎」と襲名披露

「大詰に、『これよりご覧いただくのは、初代、二代目右團次さんが得意とされていた鯉つかみの場面でございます』、と劇中口上が入ります。通し狂言で襲名というのも珍しいですが、その終わりに襲名披露演目の『鯉つかみ』が入る、面白い劇構成だなと思います」。これまでの再演でも猿翁の役に合わせて毎回、場割を変えてきましたが、「今度は、よりそぎ落とされ、筋がすごくわかりやすくなっています」。(市川右近が語る「壽新春大歌舞伎」と襲名披露 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
三人宙乗りをタケル君もやるそうです。

ブログ アーカイブ