2016年12月9日金曜日

入門編の一本に名作「藤娘」

世界的に活躍し、演出家としての顔も持つ玉三郎。歌舞伎舞踊の優れた点を「絵画的な美しさ」と表現する。藤娘は大津絵、同じく人気の「鷺娘(さぎむすめ)」は江戸中期の浮世絵師鈴木春信の錦絵との縁が深く、どの場面を切り取っても一幅の絵のようでもある。また、曲の良さも大事な要素の一つ。「(歌舞伎舞踊が始まった)二百六十年ほど前から今日まで残ったのは、音楽の素晴らしさでしょう」と言う。藤娘も昭和に入ってから「藤音頭」という曲の部分が加えられ、より良い作品になったという。(東京新聞:<はじめの一本!二〇一六 鑑賞のススメ> 軽々と舞う藤娘:伝統芸能(TOKYO Web))
とにかく綺麗で舞台がぱっと明るくなる、藤娘は幕開きの演出も含め歌舞伎舞踊らしい踊です。浮世絵から飛び出したような絵面でなければいけません。玉三郎さんはそういう意味でも一番ですね。

ブログ アーカイブ