2016年12月16日金曜日

<八代目 芝翫への道>粗削り どしっと行こう 新しい古典つくる役割も

舞台に出ると、これまでにないような拍手。橋之助時代は「ああありがたい、うれしいな」と浮き立つ思いでしたが、今回は「もっと俺を見ろ! こんなもんじゃないぞ」と押し返すような気持ちでした。例えるなら、土の舟に乗って穴をふさぐことばかりに懸命だったのが、芝翫(しかん)になったら「沈むなら沈め」というか。僕が目指す八代目芝翫は「粗削りな男臭い大きな器の人間」ですから、もう「どしっと行こう」ということなんです。襲名とともに、その辺は変わってきたかもしれません。(東京新聞:<八代目 芝翫への道>粗削り どしっと行こう 新しい古典つくる役割も:伝統芸能(TOKYO Web))
男臭い大きな器、現代社会にはあまり見られない男像を舞台で見たいです。

ブログ アーカイブ