2016年12月9日金曜日

倉田喜弘の文楽評 2016年12月 国立小劇場

九段目山科の段は、竹本千歳太夫と豊澤富助。竹本文字久太夫と鶴澤藤蔵。ともに声も意気込みも十分。圧巻。小浪(こなみ)を斬ろうとする戸無瀬の「立派」もしっかり語れた。本蔵が吹く尺八の「鶴巣籠(つるのすごもり)」は音が小さ過ぎる。戸無瀬(役は吉田和生)、本蔵(同桐竹勘十郎)、由良助(同吉田玉男)の人形陣も気合十分で見事。(東京新聞:<評>国立劇場文楽「忠臣蔵」 気合の通し 九段目圧巻:伝統芸能(TOKYO Web))
本蔵の尺八はかなり重要なところ、心にしみないといけません。尺八は音が出るまで3年かかるとも言われています。

ブログ アーカイブ