2016年12月12日月曜日

市川右近「歌舞伎夜話」で語った右團次襲名直前の心

師匠の当り役を通して澤瀉屋の創造の精神を、高嶋屋になっても、屋号を超えて、広くこれからのちの歌舞伎の世界に伝えていけたら」と熱い思いを語ります。本水を使うシーンについて「技術が進んでも手づくり感を残していかなければならない。そういった手づくり感こそが歌舞伎のケレンの魅力」と語ります。(市川右近「歌舞伎夜話」で語った右團次襲名直前の心 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
タケル君の素直な応答がカワイイですね。

ブログ アーカイブ