2016年12月5日月曜日

渡辺保の劇評 2016年12月 歌舞伎座弟3部

つづいてこの第三部のみならず本興行第一の見もの、玉三郎を囲んで勘九郎、 七之助、梅枝、国立から掛け持ちの児太郎の若手四人の「五人道成寺」。踊り としての面白みはうすいが、豪華絢爛、入れ代わり立ち代わりあらわれる五人 の姿の美しさ競ベが壮観かつ贅沢な饗宴である。(2016年12月歌舞伎座)
4人の若手を相手に堂々の美しさ、シネマ歌舞伎になるかな。

ブログ アーカイブ