2016年12月8日木曜日

天野道映の劇評 2016年12月 歌舞伎座

ことに中啓の舞が切れる「我も五障の雲晴れて、真如の月を眺め明かさん」で、上手に投げる視線の涼しさは、他の追随を許さない。((評・舞台)歌舞伎座「十二月大歌舞伎」 独自の輝き増す玉三郎:朝日新聞デジタル)

ブログ アーカイブ