2016年12月26日月曜日

玉三郎が語る、新作シネマ歌舞伎『阿古屋』

「お客様の前に出ていくまでの瞬間、自然の緊張感があって凛々しさがある。仕度をして鳥屋に入っていくまでの捕手の道筋。楽屋でああでもないこうでもないとやっていた人たちが、舞台裏に入ってくるときの“しん”とした感じ。私がいつも感じている共演者たちの姿を抜き取りました」。幕が上がるまでの清々しい時間と空間を語る玉三郎のナレーションが、臨場感あふれる映像とともにたっぷり流れます。(玉三郎が語る、新作シネマ歌舞伎『阿古屋』 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
舞台裏の様子が見られてうれしいです。

ブログ アーカイブ