2017年4月25日火曜日

染五郎・猿之助、ラップに初挑戦 シネマ歌舞伎「やじきた」PR

歌舞伎の舞台を撮影してスクリーンで楽しむ、6月3日公開のシネマ歌舞伎「やじきた」に出演した2人が、PRのためラップ「Cinema Kabuki“YJKT”」の収録に臨んだ。ラップは、作品に合わせて弥次さん&喜多さんの掛け合いをほうふつとさせる歌詞が注目だ。今回の特別動画は、28日からシネマ歌舞伎公式ホームページなどで公開される。(染五郎・猿之助、ラップに初挑戦 シネマ歌舞伎「やじきた」PR:芸能・社会:中日スポーツ(CHUNICHI Web)
二人のノリの良いラップ、動画楽しみです。

2017年4月24日月曜日

徹子の部屋に出演(寺島しのぶブログ)

五月五日の男の子の日に「徹子の部屋」にMr.Mと出演いたします。収録後“ぼくいっぱいしゃべったよねー”と自慢してましたがそうかなぁ?(ほどほどに TERAJIMA Shinobu Column)
おっ!親子で出演ですね。團菊祭のお話でしょう。

夏休みは親子で劇場へ! 「2017年 夏休み親子企画」ホームページをUPしました!

2017年 親子で楽しむ夏休み親子企画トップ(2017年 親子で楽しむ夏休み親子企画)
お子さんと相談して何が良いかきめるのも楽しいものです。

スーパー歌舞伎II『ワンピース』、特別マチネ「麦わらの挑戦」発表

さらに、新企画として、若手を抜擢した特別マチネ「麦わらの挑戦」公演が行われます。猿之助が演じるルフィとハンコックの2役を尾上右近が演じ、シャンクスを猿之助が演じるという特別バージョンです。開催の日時やその他の配役などは、決まり次第、公演情報でお伝えしますので、ご注目ください。(スーパー歌舞伎II『ワンピース』、特別マチネ「麦わらの挑戦」発表 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
スミマセン、私の早とちり!特別マチネで若手抜擢だそうです。

 右近がルフィに!(右近ツイート)

今日発売の少年ジャンプにて発表! 麦わらの挑戦、、、! 宜しくお願い致します!!!!(尾上右近さんのツイート: "今日発売の少年ジャンプにて発表! 麦わらの挑戦、、、! 宜しくお願い致します!!!! https://t.co/zvnoUsA99g")
少年ジャンプに発表!猿之助さんは何のお役かな?しかし、再演とはいえガラッと変わりますね。
新企画として、若手を抜擢した特別マチネ「麦わらの挑戦」(さちぎくブログ: スーパー歌舞伎II『ワンピース』、特別マチネ「麦わらの挑戦」発表)

歌舞伎座ギャラリー新チケットと「歌舞伎夜話アンコール」「特別映像」5月のスケジュール決定

5月の特別映像は、4月に引き続き『歌舞伎座の秘密 楽屋編~定点観楽屋花菱(さだめみるへやのはなびし)~』です。市川染五郎が楽屋のすみずみまで案内する、歌舞伎座楽屋紹介映像の決定版ともいえる内容で、楽屋内を知り尽くした歌舞伎俳優ならではの解説は、貴重な情報満載です。染五郎の楽屋での定点カメラ映像では、まるで染五郎の楽屋に一日お邪魔したような気分が味わえます。英語字幕入りバージョンで、6月までの上映となります。どうぞお見逃しなくご覧ください。(歌舞伎座ギャラリー新チケットと「歌舞伎夜話アンコール」「特別映像」5月のスケジュール決定 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
楽屋の様子が見られるのは楽しいですね。

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 24日~28日

24日
梅雨小袖昔八丈 髪結新三
幸四郎・歌六・福助・染五郎・彌十郎・彦三郎

25日
団子売
三津五郎・勘三郎
仮名手本忠臣蔵 七段目
仁左衛門・福助・松江・男女蔵・幸四郎

26日
ぢいさんばあさん
仁左衛門・菊五郎・錦之助・菊之助・市蔵
番町皿屋敷
松緑・猿弥・松也・芝雀

27日
一條大蔵譚 檜垣・奥殿
吉右衛門・菊之助・梅枝・魁春
奴道成寺
松緑・松也・右近

28日
保名
仁左衛門
御存 鈴ヶ森
隼人・錦之助
棒しばり
松也・隼人・巳之助

2017年4月23日日曜日

【「おんな城主 直虎」インタビュー】尾上松也

ドラマ本編でも、寿桂尼に頭が上がらず、義元の死を知って激しくうろたえるなど、およそ名君とは呼び難い場面が続く。だが、演じる尾上松也はそんな氏真の生き方を「戦国時代としては先進的」と評価する。その真意、役に込めた思いを、熱っぽく語ってくれた。(「氏真の苦悩や考え方、生き方は、現代の人たちにこそ響くのでは」尾上松也(今川氏真)【「おんな城主 直虎」インタビュー】 (エンタメOVO) - Yahoo!ニュース)
ロングインタビューです。

【花形出番です】 歌舞伎俳優・坂東亀三郎(3)神宮の風が好き 燕一筋30年

実は歌舞伎界にはヤクルトびいきが多い。市川高麗蔵(こまぞう)さん、中村壱太郎(かずたろう)君、坂東新悟君、中村福之助君らと、野球の話でも盛り上がっていますね。(【花形出番です】歌舞伎俳優・坂東亀三郎(40)(3)神宮の風が好き 燕一筋30年 - 産経ニュース)
小さい時、兄弟でキャッチボールしていた映像を思い出します。

石井啓夫の劇評 2017年4月 赤坂ACTシアター

口語せりふにも違和感はなく、歌の父(片岡亀蔵)も含め、作者、俳優全員による歌舞伎の現代を模索した傑作である。(【鑑賞眼】赤坂大歌舞伎「夢幻恋双紙」 作者、俳優が「現代」模索した傑作 - 産経ニュース)

平成29年7月歌舞伎鑑賞教室「鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚」

(主な配役)
一條大蔵卿長成  尾 上 菊 之 助
常盤御前     中 村 梅   枝
鬼次郎女房お京  尾 上 右   近
吉岡鬼次郎    坂 東 彦 三 郎                     ほか(平成29年7月歌舞伎鑑賞教室「鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚(きいちほうげんさんりゃくのまき いちじょうおおくらものがたり)」)
菊之助は岳父に教わるのでしょうか。菊劇団のメンバーです。

2017年4月22日土曜日

4/30(日) 喜多村緑郎、河合雪之丞トークイベント出演のお知らせ!!

4月30日(日)13時より 三越劇場90周年イベントで日本橋三越本店1階イベントホールにおきまして喜多村緑郎丈、河合雪之丞丈によるトークショーがございます。 三越劇場での思い出や6月に上演される『黒蜥蜴』の見どころなど、お時間が許す限り語って頂きます。 ぜひ、皆様お誘い合わせのうえ、お越しください。(お知らせ|松竹株式会社)
本店1階イベントホールです。

挑む 東京公演、大阪公演のお知らせ(松也ツイート)

東京公演 2017年8月22日(火)~24日(木)
会場:日本橋公会堂(東京中央区)
公演時間・演目・出演者・配役は後日発表いたします。(挑む -尾上松也 歌舞伎自主公演-さんのツイート: "東京公演 2017年8月22日(火)~24日(木) 会場:日本橋公会堂(東京中央区) 公演時間・演目・出演者・配役は後日発表いたします。 ※チケット発売日も後日お知らせいたします。 お問合せ:キョードー横浜  045ー671ー9911   日曜祝日を除く月曜~土曜10時~18時")
大阪公演 2017年8月4日(金)~6日(日)
会場:ABCホール(大阪市福島区)
公演時間・演目・出演者・配役は後日発表いたします。(挑む -尾上松也 歌舞伎自主公演-さんのツイート: "大阪公演 2017年8月4日(金)~6日(日) 会場:ABCホール(大阪市福島区) 公演時間・演目・出演者・配役は後日発表いたします。 ※チケット発売日も後日お知らせいたします。 お問合せ:キョードーインフォメーション  0570−200−888  休み無しの毎日10時~18時")
大阪公演が先ですね。東京は右近さんの会のちょっと前です。

菊之助、祖父追善の團菊祭「先代萩」で大役・政岡

「根底に母性を持ちつつ、武家社会の中で自らを律して子供を犠牲にしても忠節を尽くす。そこにこの役の難しさがある」と菊之助は打ち明ける。本音と建前の場面を演じ分けた祖父の政岡を「素晴らしかった」と振り返る。(東京新聞:菊之助「試練、全力で臨む」 祖父追善の團菊祭「先代萩」で大役・政岡:伝統芸能(TOKYO Web))
梅幸の政岡は片はずしの品格と母性の暖かさが感じられました。

2017年4月21日金曜日

矢内賢二の劇評 2017年4月 歌舞伎座

「桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ) 帯屋」は坂田藤十郎の長右衛門の、真っ赤な鼻緒の木履を抱いて花道を引っ込む姿がしたたるように官能的。(東京新聞:<評>染五郎、はまり役 歌舞伎座・四月大歌舞伎:伝統芸能(TOKYO Web))
正直セリフが聞き取れないし、流石に年を感じるも、花道の引っ込みは長右衛門に成りきっていました。あの表情、色気は天下一品です。

2017年4月20日木曜日

観世能楽堂、東京・銀座に開場

銀座は観世流の当主が17世紀前半に江戸幕府から屋敷を拝領していた場所。明治維新以後、徳川家に返上したため、約150年ぶりに拠点が銀座に戻った形だ。これまでの旧観世能楽堂(東京都渋谷区松濤1丁目)は老朽化のため、2015年3月末に閉場していた。
延べ床面積約1630平方メートルで、席周りがゆったりとした480席(うち車椅子用2席)がある。旧観世能楽堂のヒノキ舞台を移築。音声ガイドも導入する。壁や天井、椅子など、内装に木材を多用、木のぬくもりが味わえるのが特徴だ。(観世能楽堂、東京・銀座に開場 内装に木材を多用:朝日新聞デジタル)
元の銀座に戻った訳です。能舞台は松濤からの移築です。

『加賀見山旧錦絵』吉田玉男、吉田和生インタビュー(動画)!

国立劇場5月文楽公演の第2部は『加賀見山旧錦絵』。加賀のお家騒動をもとに、実際に起こった奥女中の争いごとを盛り込んだお芝居です。  お家乗っ取りを企む局岩藤が、中老の尾上を陥れようと、人前で辱め、さらには草履で打ち据える「草履打の段」。  この場面で対峙する局岩藤役の吉田玉男、中老尾上役の吉田和生がそれぞれ意気込みを語りました。  こちらの動画をご覧ください。(【5月文楽】『加賀見山旧錦絵』吉田玉男、吉田和生インタビュー(動画) | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
動画かなり長いです。

速報!「第三回研の會」開催決定!

尾上右近自主公演「第三回研の會」開催決定!!(尾上右近自主公演「第三回研の會」開催決定!!|尾上右近オフィシャルブログ Powered by Ameba)
演目は「神霊矢口渡」と踊「羽根の禿」「供奴」。六代目は禿と浮かれ坊主でした。
共演が松也・國矢・蔦之助、挑むメンバーとの共演ですね。普段から仲の良い友人のようです。

清元 精調会のお知らせ(一太夫ブログ)

来月 5月16日に 三越劇場で清元節高輪派の演奏会 「清元 精調会(せいちょうかい)」が開催されます。 私 清元一太夫は 序幕の「船」の立語り 三曲目の「曽我菊」で三枚目 最後の「文屋」で三枚目 3曲に出演させて頂きます。(清元節 演奏会のお知らせ♪|清元一太夫 オフィシャルブログ 「はじめの一歩」 Powered by Ameba)
5月16日(火) 午後1時開演 (12時30分開場)
於:三越劇場 (日本橋三越本店6階)
 入場料:5000円 (全席自由)

清元の素の演奏会です。皆さん是非お出掛け下さい。

2017年4月19日水曜日

猿之助さんの水晶玉(門之助ブログ)

猿之助さん  から貰っちゃった    沢山持っているパワーストーン  の中でも一番大きな水晶の玉 🔮  なにか良いことあるかな  でも隣りでこんな顔(猿之助さんの水晶玉|市川門之助オフィシャルブログ「Days of Monnosuke」Powered by Ameba)
万野だー!確かにあやしい!

小玉祥子の劇評 2017年4月 赤坂ACTシアター

立場が変われば、人は異なる顔を見せる。同じ人間の持つさまざまな面を勘九郎が、時になさけなく、時に恐ろしく描き出す。  七之助が、明るく装いながらも、胸底に抱えた秘密のために常におびえて生きる歌の切なさを感じさせた。太郎と歌に付きまとう亀鶴にすごみと不気味さがあり、猿弥が裏表のない人物を明るく演じ、亀蔵、鶴松、いてうが、大役をしっかりと見せた。  セリフは現代語で展開は速い。黒白で明暗をつけた切り絵を思わせる松井るみの美術が印象的である。(歌舞伎:「夢幻恋双紙 赤目の転生」 謎解きのような面白さ=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
人間誰しもあの時こうしてたら・・・と思うことが、そんな運命の悪戯が共鳴できて面白いのだと思います。

赤坂大歌舞伎(笑三郎ブログ)

昨日は赤坂大歌舞伎を拝見させて頂きました。 蓬莱竜太さんの作・演出「夢幻恋双紙~赤目の転生」は、とてもミステリアスなストーリーですが、ラストの結末に至るまで終始物語に引き込まれて私は好きな世界観でした。 近年の歌舞伎の新作としては意外な程に少ない出演者で驚きましたが、その分密度が濃くて感動的な舞台をたっぷり魅せて頂きました。(【笑三郎だより】)
笑三郎さんの感想です。

歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」特別ポスター公開

特別ポスターは「團菊祭五月大歌舞伎」で襲名と初舞台を披露する四人が並んだもの。中央は、坂東彦三郎改め初代坂東楽善の『壽曽我対面』小林朝比奈と、初舞台を勤める六代目坂東亀三郎の鬼王家臣亀丸です。父、十七世羽左衛門ゆずりの朝比奈を見せる楽善と、友切丸を手に初々しくも凛々しい姿を見せる新亀三郎、親子孫三代がそろう口上も楽しみです。(歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」特別ポスター公開 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
襲名三代の面々です。新亀三郎君キリッとしていますね。

「第38回俳優祭」記録ページを公開しました

(上) 二つ巴 二つ巴(大星家=大石家の家紋)の題名のとおり、『仮名手本忠臣蔵』が題材。前半は七段目(祇園一力茶屋の場)で討ち入りの志を隠して遊興にふける由良之助と本心をさぐりに来る三人侍、夫勘平のため遊女となったおかるの虚々実々のかけひきが描かれます。後半の十一段目(討入の場)では、塩冶家の浪士たちと高家の侍との息詰まる立廻りが見ものです。 華美な化粧や衣裳・装置なしに、扇一本だけで描き出されるストイックな世界-ふだんの歌舞伎舞踊と違う素踊の味わいをお楽しみください。
素踊りで忠臣蔵を舞踊劇として演ったのですね。
ここは天界・月宮殿。王と妃は、美貌にもかかわらず生まれつき気性の荒い一人娘・かぐや姫の行く末が心配でならない。 今日も今日とて、姫に仕える局たちに大けがを負わせる始末。とうとう王と妃は、かぐやを地球へ修行の旅に出すことにし、「汝に欠けたるものを会得するまでは、王女として迎え入れることはできぬ」と厳命する。 さて、何がおこるか、どうぞお楽しみに。(過去の俳優祭 第38回 | 公益社団法人 日本俳優協会)
模擬店の写真、かぐや姫の舞台面の写真いっぱい載っています。こりゃ30日が楽しみです。

上村以和於の劇評 今月の舞台から 2017年4月

今度の染五郎を見ながら、角々のきまりやちょっとした間合い、その時の目の使い方、顎の使い方、後頭部から肩や背中の線などに、勘弥の貢を彷彿させるような箇所が幾つもあり、それが私にちょっとした驚きをもたらした。こういう、柔らか味のある、とろっとした感触のある貢を、ずいぶん久しぶりに見たと思った。
染五郎貢、猿之助万野がそれぞれ自分の仁にあってそれぞれよく、且つ取り合わせの妙も利いて面白く、梅枝のお紺、米吉のお岸、ちょっと水気が過多のようではあるが神妙につとめているところを買って松也の喜助も無事とすれば、この若いメンバーに、秀太郎の万次郎、萬次郎のお鹿などという長老連と(この中に京妙の千野も加えたい)、何とも不思議な取り合わせもおかしく、何だか私一人で褒めているような気もするが、近頃面白い『伊勢音頭』ではあった。
東京の役者さんで上方狂言がしっくりくるのは、染五郎と猿之助かもしれません。
「赤坂大歌舞伎」と「大」の字がついている)で初の新作を掛けた。蓬莱竜太作・演出で『夢幻恋双紙』。「赤目の転生」というサブタイトルがついている。小劇場系の気鋭の作者らしく、こうと思えばあゝといった感じで次々と観客の意表を突いてゆく展開といい、それを転生という形で人間の諸相を視覚化して見せる、水際立った演出の手際といい、なかなかのものだし、作としても悪くない。勘九郎にしても七之助にしてもなかなか達者で、こういうものをすればひょっとすると親父より巧いかも、と思わせるほどだ。(演劇評論家 上村以和於公式サイト)
勘三郎の開拓した新作の上演、確かに息子が受け継いだといえましょう。

2017年4月18日火曜日

萬次郎が「七月名作喜劇公演」出演

『お江戸みやげ』では、波乃久里子が父、十七世中村勘三郎の当り役お辻を女優で初めて演じるにあたり、萬次郎がおゆうを演じます。「16歳で初演の父の舞台を見たとき、女方さんにしかできない、女優にはできないと思いました」と波乃。しかし、十七世勘三郎のお辻の写真に、「人生が見える、そこにお辻が立っている」と思い、化粧も似せて扮装写真を撮ったと明かしました。「父がよく、この話は『源氏物語』の末摘花に匹敵する、と言っていました。父のやり方がそうなのかもしれませんが、(お辻と末摘花が)だぶってきます」。(萬次郎が「七月名作喜劇公演」出演 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
 萬次郎のおゆう、お辻との掛け合いが面白そうです。

2017年4月17日月曜日

玉三郎の今月のコメント 2017年4月後半

やはりヨーロッパでも経済の問題を抱えているにもかかわらず、流石に歴史の古いイタリアという国は、しっかりとした文化があることをひしひしと感じました。今回改めて気が付いたことがあります。それは、どこへ行っても見られるものは教会に係わるものが多く、中世以降に画家として過ごした多くの芸術家のことを考えると、キリスト教というものがどのくらい文化の中心となっていたかということを感じるのでした。ある意味で日本の宗教観や文化、絵画や建物に対するものが、一つの宗教によってこれほどまで違うのかという思いがしたのでした。
日本の芸能文学というものが特殊であるということも感じました。どう特殊であるのかということは上手く言葉では言えませんが、空気感であるとか、神に対する思いなどが違うということもありますし、山花草木など、全ての物にも魂が宿っているという宗教観、自然に対する思い、崇めるものが自然の中にあるというものと「一つの神の中にある・・・」ということが大きく違うのだと感じましたのが、今回のヨーロッパでの感想です。過去にもそういう思いも有ったと思いますが、今回は特にそのことを強く感じました。また5月にもこのお話の続きをさせていただきます。(◇2017年4月後半版 | 坂東玉三郎【公式サイト】)
ヨーロッパと日本の違いを深いところから考えておられます。大変興味深い文章です。本一冊書けるのではないでしょうか。

宗之助、國矢が登場、「ニコニコ超会議2017」松竹ブース「超松竹NEO花街」のお知らせ

4月29日(土・祝)・30日(日)、幕張メッセで開催の「ニコニコ超会議2017」に出展する「超松竹NEO花街」のイベントに、澤村宗之助、澤村國矢が登場します。(宗之助、國矢が登場、「ニコニコ超会議2017」松竹ブース「超松竹NEO花街」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
ニコニコ超会議2017 松竹ブース「超松竹NEO花街」 トークショー概要
【声優陣降臨「カブキブ!」トークショー】 出演:澤村宗之助 市川太一(声優) ムートン伊藤(松竹芸能)
■日時 2017年4月29日(土・祝)14:45~ ※開始時間は前後する場合があります。時間に余裕をもってお越しください。
■場所 幕張メッセ ホール5 松竹ブース ※場所の詳細は公式サイトでご確認ください。

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 17日~21日

17日
音羽嶽だんまり
松也・梅枝・萬太郎・右近・児太郎・権十郎
野田版 愛陀姫
勘三郎・七之助・橋之助・扇雀・福助・三津五郎

18日
奴道成寺
松緑・松也・右近
桂川連理柵 帯屋
藤十郎・壱太郎・鴈治郎・愛之助・扇雀

19日
夕顔棚
菊五郎・左團次・梅枝・巳之助
一條大蔵譚 檜垣・奥殿
吉右衛門・菊之助・梅枝・魁春

20日
保名
仁左衛門
国性爺合戦 前編
吉右衛門・富十郎・魁春・芝雀・左團次・田之助・4世雀右衛門

21日
鴛鴦襖恋睦 おしどり
菊之助・海老蔵・松緑
国性爺合戦 後編
吉右衛門・富十郎・魁春・芝雀・左團次・田之助・4世雀右衛門


2017年4月16日日曜日

【花形出番です】 蜷川さんと出会い転機 歌舞伎俳優・坂東亀三郎(2)

あの舞台を経験してから、自分を客観視できるようになった。現実と向き合った上で、自分の存在理由を見つける。そこから歌舞伎の中での立ち位置も、変化したと思います。(【花形出番です】蜷川さんと出会い転機 歌舞伎俳優・坂東亀三郎(40)(2)(2/2ページ) - 産経ニュース
良いお話です。蜷川さんは多くの役者に多大な影響を与えた方ですね。改めて偉大な演出家であり、器の大きい人間だったと感じます。

芝翫、橋之助、福之助、歌之助「六月博多座大歌舞伎太宰府天満宮お練り」で精進を誓う

学問の神様、そして、『菅原伝授手習鑑』の菅丞相こと菅原道真を祀る太宰府天満宮は、天候にも恵まれ、芝翫、橋之助、福之助、歌之助のお練りをひと目見ようと、たいへんな人出となりました。歌舞伎のお練りが天満宮の参道で行われるのは初めてです。(芝翫、橋之助、福之助、歌之助「六月博多座大歌舞伎太宰府天満宮お練り」で精進を誓う | 歌舞伎美人(かぶきびと))
仁左衛門さんが菅丞相のお役をなさる時にお参りされますが、確かにお練りは初めてかも。

2017年4月15日土曜日

奴道成寺(寿猿ブログ)

夜の部大詰め奴道成寺を見ました。 私にとりまして懐かしい踊りです。 旦那(二代目猿扇) がお元気です頃おやりになり 私が後見を勤めました。 お面のとこは仕手と後見の、いき、があわないと お面が所作舞台に落ちるんです。 若旦那と後見段一郎の、いき、ぴったりでした。 特に早ま、のとこの 三つのお面のかぶりかへが繰り返しありますが 私の時より回数が多いです。 其れとお面を仕手に渡す時に 客から見えなかったです。 感心しました。(お久しぶりです!|我が人生に悔いなし!市川寿猿のブログ)
後見とのイキぴったり!気持ち良いです。大先輩のお墨付き、段一郎さん嬉しいことでしょう。

2017年4月14日金曜日

東蔵「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

どんな役も内面から捉え、それを役として体に落とし込んで見る者の心を揺さぶる俳優であり、平成28(2016)年には重要無形文化財保持者(人間国宝)となりました。そんな実力者にも関わらず、親しみやすい人柄で多くの仲間に「笑いの絶えない楽屋だと褒められる」と、自身のオフィシャルサイトでも語っています。「歌舞伎夜話」ではいったいどんな話が飛び出すのか、ぜひ歌舞伎座ギャラリーに足を運びお楽しみください。(東蔵「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
■日時 2017年5月8日(月)18:30開演(18:00開場) ※約1時間30分を予定
■場所 歌舞伎座ギャラリー (GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)
■入場料 全席指定:3,000円(税込)

 2017年4月24日(月)10:00発売

14日NHK総合16:00~4時も!シブ5時 勘九郎・七之助出演

 [総合] 2017年4月14日(金) 午後4:00~午後4:50(50分)
▽中村勘九郎&七之助 新作歌舞伎に挑む!(NHK 番組表 | 4時も!シブ5時 | ▽中村勘九郎&七之助 新作歌舞伎に挑む! 【MC】廣瀬智美,【コメンテーター】クリス松村,【プレゼンター】ハリー杉山,【気象キャスター】福岡良子)

長唄 再び咲かせたい 人間国宝・東音宮田哲男が「鑑賞会」

今回の鑑賞会について「長唄界は技術面での若手の低迷や人気衰退などで、大変な時代に入っている」と宮田。未来に危機感を持ち「自分の心技体が続く今、純粋に長唄を聴いてもらい、その魅力に浸ってもらいたい」と動機を語る。  長唄は歌舞伎など地方(じかた)(舞踊の音楽担当)の仕事に恵まれていると思われがちだが「役者(踊り手)の所作に合わせているうちに調子が崩れ、なかなか正調を聴かせることができなくなってきた」と指摘。加えて「若手が育たず、危機的な状況でもある」と厳しい環境を明かす。(東京新聞:長唄 再び咲かせたい 人間国宝・東音宮田哲男が「鑑賞会」:伝統芸能(TOKYO Web))
歌舞伎の地方を専門になさる方はよいのですが、長唄の演奏を主とする方がお芝居に出られると崩れてきます。間も違うし、声の出し方や細かい節も唄いにくくなります。しかし生活がかかってくると致し方ないという面もあります。宮田先生は唄う際に格調を大事にされます。曲の背景、歌詞の意味などが伝わってきます。是非、素の演奏を聴いて下さい。

2017年4月13日木曜日

團菊祭五月大歌舞伎 チラシ更新

團菊祭五月大歌舞伎(團菊祭五月大歌舞伎 | 歌舞伎座 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
中央に菊五郎、そして梅幸・羽左衛門の写真、襲名の4人の扮装写真、下に丸囲みの眞秀ちゃんの写真。盛り沢山ですね。

15日、博多座「六月博多座大歌舞伎太宰府天満宮お練り」のお知らせ

4月15日(土)、福岡県 太宰府天満宮参道で、博多座「六月博多座大歌舞伎」で襲名披露する八代目中村芝翫、四代目中村橋之助、三代目中村福之助、四代目中村歌之助が、「太宰府天満宮お練り」を行います。(15日、博多座「六月博多座大歌舞伎太宰府天満宮お練り」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
博多座「六月博多座大歌舞伎」 太宰府天満宮お練り
参列予定者: 八代目中村芝翫 四代目中村橋之助 三代目中村福之助 四代目中村歌之助
■日時 2017年4月15日(土) 12:00~(予定)
■場所 太宰府天満宮 福岡県太宰府市宰府4-7-1 ※西鉄太宰府駅側参道入口より太宰府天満宮案内所前大鳥居まで、人力車でお練り
■お問い合わせ 博多座 092-263-5858

博多座のいつものお練のコースと違い、太宰府天満宮お練り です。

14日NHKFM邦楽ジョッキー ゲスト吉田沙保里さん

邦楽ジョッキー - 隼人'sカフェ 吉田沙保里さん -(1)(邦楽ジョッキー - 隼人'sカフェ 吉田沙保里さん -(1) - NHK)
午前11時00分~ 午前11時50分

2017年4月12日水曜日

河村常雄の劇評 2017年4月 赤坂ACTシアター

人間の心の多面性を示して面白い。というか、怖い。歌舞伎には珍しい手法である。珍しいといえば、ピアノを黒御簾と共に効果的に使っていた。  勘九郎は太郎の色々な性格を演じるが、冷血な守銭奴を演じた件には感心した。芸域を広げたといえよう。  猿弥、亀鶴、亀蔵がのびのび演じ、 大きな存在感を見せた。(河村常雄の新劇場見聞録)
ちょっと今までにない劇のようです。

2017年4月11日火曜日

海老蔵が語る「ABKAI 2017」

再演のたびに手が加えられ、昨年はドラマ作品にもなり、博多座公演では舞台にねぶたが登場したり、場内を巻き込んで総踊りを見せたりと、その演出も変化を遂げています。詳細はまだ明かされていませんが、多彩な出演者でつくり上げる今回の舞台は、「自主公演ならではで、きっと楽しいと思います」と海老蔵。大好きな渋谷で芝居ができるのもうれしいということで、また新たな樹林版『石川五右衛門』が見られそうです。(海老蔵が語る「ABKAI 2017」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

菊五郎、「團菊祭五月大歌舞伎」への思い

数えきれないほど勤めた『魚屋宗五郎』  菊五郎は『魚屋宗五郎』の宗五郎で難しいのは、少しずつ酔っていく様を見せる「魚屋内」ではなく、「玄関先」だと言います。「魚屋内はとんとんとんと運ぶんですけど、いっぺん花道を引込むでしょう、2度目に出ていくときにどうしたらいいか…。道具を回してすぐに幕を開けてくれるけれど、劇場によっては時間がかかるところもある。酔ったまま出たいんです。そして、そこから玄関前の長ぜりふまでどうやって持っていくか」、演じることにゴールはなさそうです。(菊五郎、「團菊祭五月大歌舞伎」への思い | 歌舞伎美人(かぶきびと))
手に行った狂言でもゴールはない、だから見る側も面白いのです。

Interview 坂東亀三郎・亀寿 十五代目型、父の指導で 「團菊祭五月大歌舞伎」で襲名披露

亀三郎は「まだ実感はありません」、亀寿は「大分実感がわいてきましたね」と対照的な言葉を口にする。(Interview:坂東亀三郎・亀寿 十五代目型、父の指導で 「團菊祭五月大歌舞伎」で襲名披露 - 毎日新聞)
面白い!兄弟の気持ちが違っています。

天野道映の劇評 2017年4月 歌舞伎座

「桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ) 帯屋」は、坂田藤十郎の長右衛門が生命の微光に静かに燃え、壱太郎(かずたろう)のお半・長吉二役は今まさに萌(も)え出(い)ずる生命に輝いている。((評・舞台)歌舞伎座「四月大歌舞伎」 微光静かに燃える藤十郎:朝日新聞デジタル)

ABKAI自主公演「石川五右衛門 外伝」の製作発表会

「ABKAI」は過去3回の公演で5万人を動員した人気の興行ではあるが、チケットの売れ行きは予想を上回っていた様子。普段、歌舞伎を見ないような観客に見てもらおうというコンセプトだけに「若い人にも見ていただきたいですね」とファン層が広がることを期待していた。(海老蔵 ジャニーズ効果を喜ぶ 中山優馬との共演で売れ行き絶好調/芸能/デイリースポーツ online)
若い層に見てもらうには良い演目でしょう。
市川海老蔵 第四回自主公演 ABKAI2017(市川海老蔵 第四回自主公演 ABKAI2017)

小玉祥子の劇評 2017年4月 歌舞伎座

夜の序幕が「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」。不器用でいちずな又平の人柄を吉右衛門が描き出した。女房おとく(菊之助)にばかにされたと思っての怒り、絵が抜けての喜びを活写。菊之助はセリフのメリハリが利き、又平への思いがよく分かった。歌六の土佐将監、東蔵の北の方、錦之助の修理之助、又五郎の雅楽之助とそろう。(歌舞伎:四月大歌舞伎 吉右衛門がいちずさ=評・小玉祥子 - 毎日新聞)

2017年4月10日月曜日

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 10日~14日

10日
団子売
三津五郎・勘三郎
棒しばり
松也・巳之助・隼人
ぢいさんばあさん
仁左衛門・菊五郎・錦之助・菊之助・團蔵

11日
御存鈴ヶ森
隼人・錦之助
新版歌祭文 野崎村
福助・孝太郎・秀調・彌十郎・橋之助

12日
おしどり
菊之助・海老蔵・松緑
水天宮利生深川 筆屋幸兵衛
勘三郎・橋之助・福助・獅童・猿弥・市蔵

13日
音羽嶽だんまり
松也・梅枝・萬太郎・右近・児太郎・権十郎
曽根崎心中
藤十郎・鴈治郎・橋之助・我當

14日
近江源氏先陣館 盛綱陣屋
仁左衛門・時蔵・雀右衛門・芝翫・東蔵・吉右衛門


2017年4月9日日曜日

石井啓夫の劇評 2017年4月 歌舞伎座

最後が「奴(やっこ)道成寺」。三つ面や、鞨鼓(かっこ)を打ち鳴らす踊りのさえなど、猿之助が今公演で万野、相模に次ぐ3役目の白拍子花子実は狂言師左近で、本領が一等発揮された。26日まで、東京・銀座の歌舞伎座。(劇評家 石井啓夫)(【鑑賞眼】歌舞伎座「四月大歌舞伎」 猿之助「奴道成寺」で本領(2/2ページ) - 産経ニュース)
猿之助の踊は最高ですね。

【花形出番です】 父と融合し九代目襲名 歌舞伎俳優・坂東亀三郎(1)

昼の部の襲名狂言「梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)」の梶原平三役は、祖父(人間国宝だった十七代目市村羽左衛門(うざえもん))が得意とし、型もあります。心理描写より様式美を重んじる演出です。課題は舞台の真ん中に立って、メインの歯車として、芝居を見せるということ。舞台上に父や弟(同時に三代目坂東亀蔵を襲名する亀寿(かめとし))、菊五郎劇団のみなさんもそろい、心強いですね。(【花形出番です】父と融合し九代目襲名 歌舞伎俳優・坂東亀三郎(40)(1) - 産経ニュース)
襲名を機に、舞台の真ん中で堂々とシンを勤める役者さんになられますように。

2017年4月8日土曜日

忠臣蔵の浮世絵44点初公開 赤穂市立歴史博物館

兵庫県赤穂市立歴史博物館(同市上仮屋)は赤穂義士コーナーの展示替えを行い、忠臣蔵を題材にした江戸~明治期の浮世絵44点が登場した。作品はいずれも同館初公開。歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」で義士を演じた役者を色鮮やかに描いた絵などが目を引く。7月中旬まで。(神戸新聞NEXT|西播|忠臣蔵の浮世絵44点初公開 赤穂市立歴史博物館)
これは見たいですね。赤穂はちと遠いなあー!

時蔵が「日本工業倶楽部創立100周年記念祝賀会」で『浦島』披露

日本工業倶楽部の大会堂で歌舞伎が演じられるのは、長い歴史のなかでも初めてのことといいます。近代日本における100周年という歴史の重みを再認識する厳かな祝賀式で、大役を果たした時蔵。式典後のパーティーではほっとする時蔵と、挨拶を終えた安倍晋三内閣総理大臣が歓談する様子も見受けられました。(時蔵が「日本工業倶楽部創立100周年記念祝賀会」で『浦島』披露 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

「四国こんぴら歌舞伎大芝居」初日の賑わい

いい気分で花道から現れた右京に、くすりと吹き出し、玉の井にやり込められる右京に大笑い。右京は善光寺ではなく、「讃岐のこんぴらさんに…」と言い訳しましたが、玉の井はやっぱり許してくれませんでした。楽しくご観劇されたお客様の笑顔がいつまでも残る打ち出しとなりました。(「四国こんぴら歌舞伎大芝居」初日の賑わい | 歌舞伎美人(かぶきびと))
楽しそうです。

2017年4月7日金曜日

雀右衛門も登場、「四国こんぴら歌舞伎大芝居」お練り

4月7日(金)、香川県琴平町で、「第三十三回 四国こんぴら歌舞伎大芝居」の出演者が、成功祈願とお練りを行いました。(雀右衛門も登場、「四国こんぴら歌舞伎大芝居」お練り | 歌舞伎美人(かぶきびと)
桜満開で盛り上がりますね。

愛之助『コメディ・トゥナイト!』アフタートークショー開催のお知らせ

当該公演のチケットをお持ちの方は、ご観劇の席のままご覧いただけます。ご覧になりたい方は、下記をご参照のうえ、日にちをお間違えのないように公演チケットをお求めください。(愛之助『コメディ・トゥナイト!』アフタートークショー開催のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

寿猿、弘太郎「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

澤瀉屋一門の最古参と、進境著しい若手が繰り広げる、ここでしか聞けないトークショー。ぜひお聞き逃しがないよう、お早めにお申込みください。(寿猿、弘太郎「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
■日時 2017年4月22日(土)17:30開演(17:00開場) ※約1時間30分を予定 ※当日、歌舞伎座ギャラリーの通常営業は16:00まで(15:30最終入館)となります。
■場所 歌舞伎座ギャラリー (GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)
■入場料 全席指定:3,000円(税込)
 2017年4月15日(土)10:00発売

<新かぶき彩時記>哀しき誘拐伝説 題材に 「梅若忌」と「隅田川」

哀(かな)しい人さらい伝説をしのぶ日-。それが「梅若忌」です。人買いにかどわかされた京都の吉田家の子供・梅若丸が、隅田川で行き倒れたのが旧暦三月十五日。現在は四月十五日に、東京都墨田区堤通の木母寺で法要が行われています。(東京新聞:<新かぶき彩時記>哀しき誘拐伝説 題材に 「梅若忌」と「隅田川」:伝統芸能(TOKYO Web)
旧暦3月15日なので、現在は今月15日に法要が行われるようです。隅田川の舞台面の芽柳が印象的です。

「團菊祭五月大歌舞伎」九代目坂東彦三郎、三代目坂東亀蔵襲名披露に向けて

襲名披露狂言『梶原平三誉石切』の梶原で、九代目坂東彦三郎となる亀三郎。家に伝わる十五世羽左衛門の型で見せますが、「形で見せるのも大事、役者の魅力で見せるのも大事。見たことのない十五代目に近づこうというより、今できる私の梶原を」と、気負いはありません。彦三郎の息子として生まれた以上、「子どもの頃からいつかは、と準備している段階が長かったので」、その時が来たからといって、急に慌てることもありません。「役は大きいけれど、やる過程は一緒。せりふを覚え、くだいて自分のものにする」だけです。(「團菊祭五月大歌舞伎」九代目坂東彦三郎、三代目坂東亀蔵襲名披露に向けて | 歌舞伎美人(かぶきびと))
素晴らしいコメントです。三社祭も楽しみです。

7日NHKEテレ23:00~ にっぽんの芸能「歌舞伎 注目の初舞台“門出二人桃太郎”」

二月に歌舞伎座で中村勘九郎の長男と次男が勘太郎と長三郎を襲名した「門出二人桃太郎」を放送する。尾上菊五郎、中村梅玉ほかが花を添える。(NHK 番組表 | にっぽんの芸能「歌舞伎 注目の初舞台“門出二人桃太郎”」 | 二月に歌舞伎座で中村勘九郎の長男と次男が勘太郎と長三郎を襲名した「門出二人桃太郎」を放送する。尾上菊五郎、中村梅玉ほかが花を添える。「私と和」は松村雄基と茶道。)
[Eテレ] 2017年4月7日(金) 午後11:00~午後11:55(55分)

2017年4月6日木曜日

渡辺保の劇評 2017年4月 歌舞伎座

「吃又」は吉右衛門の当たり芸の一つであるが、今度は前回と違って一変し ている。むろんやっていることは前回と同じだが、その芸の心境が違うのでま るで新しいものを見ているようであった。(2017年4月歌舞伎座)
吉右衛門の円熟な芸にも、更に芸の心境が違っているとはスゴイですね。

「赤坂大歌舞伎」が6日開幕

勘九郎が、「念願かない、蓬莱さんに作・演出をしていただき、すごく充実した稽古期間が過ごせたと思います」と言うと、七之助も、「稽古を積み、自信を持って初日を迎えられると思います」と続け、濃密な時間からこの新作歌舞伎が生まれようとしていることを感じさせました。(「赤坂大歌舞伎」が6日開幕 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

「猿翁アーカイブにみる三代目市川猿之助の世界」 第二回フォーラム

三代目市川猿之助(二代目猿翁)さんから京都造形芸術大学に寄贈いただいた貴重な歌舞伎関係資料をもとに、三代目猿之助の軌跡をたどるフォーラムの 2回目。今回は、2部制でお届けします。第一部は、三代目猿之助が1981年に復活させた鶴屋南北原作『獨道中五十三驛』をテーマに、寄贈資料のなかから デジタル化された映像をご覧いただきます。三代目本人が制定した「猿之助十八番」に名を連ねる本作は、復活初演時に三代目猿之助が18役を演じ、上演時間 が7時間を越えた大スペクタクルです。当代猿之助も挑戦し、昨年春秋座でも上演されました。第二部は、「クリエイションの現場」と題し、三代目猿之助の創作過程をさぐります。どちらもゆかりのゲストをお招きし、三代目猿之助が歌舞伎界、舞踊界に投じた一石、その奮闘について語っていただきます。(「猿翁アーカイブにみる三代目市川猿之助の世界」第二回フォーラム – 京都芸術劇場 春秋座 studio21)
2017年6月11日(日)14:00  ※16:30終演予定
 会場:春秋座
◆ プログラム  第一部 【映像で振り返る復活狂言『獨道中五十三驛』】 ゲスト:石川耕士(脚本家) 第二部 【三代目猿之助クリエイションの現場】 ゲスト:杵屋東成(長唄唄方)、杵屋勝禄(長唄三味線方) 聞き手:田口章子(京都造形芸術大学教授)

2017年4月5日水曜日

菊五郎、菊之助が語る「團菊祭五月大歌舞伎」

菊五郎の父、七世梅幸の二十三回忌と、襲名する楽善の父、十七世羽左衛門の十七回忌。「團菊祭をすっぽりと、二人にゆかりの狂言でできることがうれしい」と菊五郎は喜びを表しました。梅幸ゆかりの『吉野山』の静御前、『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』の政岡を勤める菊之助は、「菊之助襲名の前年に祖父が亡くなりました。襲名披露が一緒にできなかったのが心残りでしたが、二十三回忌でゆかりの狂言をさせていただける。祖父への恩返しのつもりで舞台に立ちたい」と、心境を語りました。(菊五郎、菊之助が語る「團菊祭五月大歌舞伎」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
梅幸・羽左衛門の舞台ははっきりと記憶にあります。5月は襲名のお祝いとお二人を偲んで観劇しましょう。

2017年4月4日火曜日

彌十郎の卯月の言葉 2017年4月

■ 坂東彌十郎 坂東新悟 公式サイト(■ 坂東彌十郎 坂東新悟 公式サイト)
今月はお二人ともこんぴら歌舞伎に出演です。珍しく洋服の写真です。

河村常雄の劇評 2017年4月 歌舞伎座

「帯屋」は超ベテランの藤十郎が帯屋長右衛門。女房を持つ真面目な商人・長右衛門がふとした過ちから、隣家の少女・お半(壱太郎)を身ごもらせてしまう。鬱屈した心理をじんわり見せた。まだまだ頑張ってほしい人だ。  壱太郎が可憐なお半とお半に横恋慕する丁稚・長吉の二役を早変わりで演じ分けた。  この舞台を盛り上げたのは長右衛門義母・おとせ(吉弥)と連れ子・儀兵衛(染五郎)の強欲ぶり。とくに染五郎は破れかぶれの悪態で、こんな役もやるのかと長く観客の記憶に残るのではないか。扇雀が長右衛門女房・お絹で情のあるところを見せた。寿治郎の隠居・繁斎。(河村常雄の新劇場見聞録)
藤十郎は息子相手のお芝居は度々見ましたが、今回は孫が相手です。壱太郎には夢のような共演でいろいろ勉強になると思います。

長谷部浩の劇評 2017年4月 歌舞伎座

英雄役者が又平を演じるのではない。「大男総身に知恵が回りかね」の心持ちでごく自然に又平がいるのだ。だからこそ、精神が若くなる。これから出世していきたい、名前があれば本当にありがたい、そんな立身出世のとばくちに立った男の切実な真情が伝わってきた。この青年のような若さは、いったいどこから生まれたものか。俳優とはいつなんどき、どんなきっかけをも生かして変化していく力を持つのだと実感した。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory)
相手方が変わると自ずと演じ方、役の捉え方が変わるのですね。

寺島しのぶ長男・寺嶋眞秀が初登場 

自ら菊五郎に志願して舞台に上がる決意をしただけに、歌舞伎への関心は非常に高い眞秀。一番楽しいのは稽古をしているときだといい、菊之助は「今月も、私が出ている『傾城反魂香』も最後まで見ていました」と、1時間を超える長編も集中して見ていることを明かした。(寺島しのぶの長男、寺嶋眞秀4歳 取材の場に初登場 - ライブドアニュース)
周囲の期待大ですね。

「歌舞伎座ギャラリー演奏会」(第二十回)のお知らせ

第二十回でお送りするのは、『京鹿子娘道成寺』より、竹本による「道行」。今回は葵太夫の挨拶とともに、新人の太夫も出演、紹介する予定です。春にふさわしい、活気あふれる演奏会となるでしょう。(「歌舞伎座ギャラリー演奏会」(第二十回)のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
演目 『京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)』~道行~
演奏 浄瑠璃  竹本葵太夫 竹本樹太夫 竹本拓太夫 三味線  鶴澤翔也 鶴澤繁二   鶴澤卯太吉 

 ■日時 2017年4月12日(水)14:30頃開始予定 ※約30分の予定

クドカン大河【一問一答(1)】

中村勘九郎「歴史ある大河ドラマを、宮藤さんのホン、阿部さんとともにできるのは本当にうれしいです。幸せですし、誇りに思います。金栗四三さんはマラソンに生涯をささげて、マラソンに対する熱量やストイックさ、その姿勢には本当に頭が下がる思いでございます。金栗さんは教師時代いつもニコニコしていて『お釈迦(しゃか)さま』というあだ名がついたそうでございますので、1年間の長きにわたる撮影ですけど、笑顔を絶やさず体力気力で走りきりたいと思います」(クドカン大河【一問一答(1)】阿部サダヲ「まさか、ビックリ」/芸能/デイリースポーツ online)

19年大河ドラマ、中村勘九郎さんと阿部サダヲさんが主演

NHKは3日、2019年放送の大河ドラマのタイトルが「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で前半の主人公を歌舞伎俳優の中村勘九郎さん(35)、後半の主人公を俳優の阿部サダヲさん(46)がリレー形式で演じると発表した。  勘九郎さんは五輪に初参加した日本人の一人でマラソン選手の金栗四三役。阿部さんは1964年の東京五輪招致に尽力した田畑政治役。  ドラマは宮藤官九郎さんの脚本。日本が初参加した12年のストックホルム五輪から64年の東京五輪開催までを中心とした激動の時代を落語家古今亭志ん生の目線で描く。(19年大河ドラマ、中村勘九郎さんと阿部サダヲさんが主演  :日本経済新聞)
オリンピックを意識した企画ですね。いつもの大河とちょっと違いますね。

5月号『演劇界』表紙 雀右衛門の揚巻(演劇界ツイート)

演劇界さんのツイート: "4月5日発売の5月号『演劇界』表紙をお知らせいたします。 中村雀右衛門丈の『助六由縁江戸桜』三浦屋揚巻です! https://t.co/6iu9delsak"(演劇界さんのツイート: "4月5日発売の5月号『演劇界』表紙をお知らせいたします。 中村雀右衛門丈の『助六由縁江戸桜』三浦屋揚巻です! https://t.co/6iu9delsak")

宗崎勇都こと市川翔乃亮を紹介させて頂きます(笑三郎ブログ)

さて、同じく昨日歌舞伎俳優としての初日を迎えました宗崎勇都こと市川翔乃亮を紹介させて頂きます。 翔乃亮は、高知県四万十市の出身で歌舞伎俳優を志して上京。国立劇場歌舞伎俳優養成所の第22期研修生として2年間の研修を先月終了し、今月より私の元へ入門し翔乃亮を名乗る事になりました。現在二十歳の未来ある若者で御座います。 「翔」の字は、私達が師匠猿翁より頂戴した日本舞踊の勉強の場として立ち上げ、十年間続けて開催しました会名の『翔の会』に由来しております。(【笑三郎だより】)
 市川翔乃亮さん、良いお名前です。澤瀉屋は研修生出身の方が多いですので、皆さんに育てて頂いて魅力ある役者さんになっていかれるでしょう。

中村隼人からのお知らせです!

中村隼人からのお知らせです! この度、インスタグラムのアカウントを開設いたしました!! 引き続きブログの更新も行いますが、是非ともフォローしていただければと思います。 instagram→ https://www.instagram.com/(中村隼人オフィシャルブログ Powered by Ameba -2ページ目)

KABUKI KOOL !! 第4シーズン スタート (壱太郎ブログ)

海外向け!! とは言うものの、、 日本の歌舞伎ファンの方にも勿論楽しんでいただけるプログラムになっていますし、 「 歌舞伎を見たことない・・・・・ 」 「 これから歌舞伎のことを色々知ってみたい!! 」 という方にはジャストミートな 歌舞伎入門番組 だと思います!!(中村壱太郎 Official Website : blog)

10月歌舞伎公演 2017年10月 国立劇場「通し狂言 霊験亀山鉾(れいげんかめやまほこ)」

(出演) 片岡 仁左衛門 ほか(10月歌舞伎公演「通し狂言 霊験亀山鉾(れいげんかめやまほこ)」)
公演情報が出ました。

七月大歌舞伎 2017年7月 大阪松竹座 演目と配役

 大阪松竹座新築開場二十周年記念 七月大歌舞伎 関西・歌舞伎を愛する会 第二十六回(七月大歌舞伎 | 大阪松竹座 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
夜の部の盟三五大切は良いですね。

歌舞伎座「四月大歌舞伎」初日開幕

4月2日(日)、新開場4周年を迎えた歌舞伎座「四月大歌舞伎」が、初日の幕を開けました。(歌舞伎座「四月大歌舞伎」初日開幕 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

2017年4月3日月曜日

醍醐の花見(勘十郎ツイート)

初日明きました今月担当の作品~醍醐の花見は完全に私のオリジナルです春らしい舞台見てお花見な感じです。奴道成寺は1月に続き澤瀉屋です~私はこの人の踊りがが好きらしい (笑)面白いです理屈抜きに見てほしいです(藤間勘十郎(@tomabune_1980)さん | Twitter)
醍醐の花見、とても春らしい舞踊劇のようです。私は桜が終わった頃の観劇、歌舞伎座でお花見としゃれこみましょう。

3日NHKEテレ22:25~(再放送5日5:30~)100分 de 名著 人生論ノート三木清著 朗読猿之助

【放送時間】 2017年4月3日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ 【再放送】 2017年4月5日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ 2017年4月5日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ ※放送時間は変更される場合があります 【指南役】 岸見 一郎(哲学者) …「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」の著者。
【朗読】 市川猿之助(歌舞伎役者)(名著64 「人生論ノート」:100分 de 名著)

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 3日~7日

3日
一條大蔵譚 檜垣・奥殿
吉右衛門・菊之助・梅枝・魁春
夕顔棚
菊五郎・左團次・巳之助・梅枝

4日
保名
仁左衛門
仮名手本忠臣蔵 七段目
仁左衛門・福助・幸四郎

5日
国性爺合戦 前編
吉右衛門・富十郎・魁春・雀右衛門・芝雀・左團次
奴道成寺
松緑・松也・右近

6日
国性爺合戦 後編
吉右衛門・富十郎・魁春・雀右衛門・芝雀・左團次
おしどり
菊之助・海老蔵・松緑

7日
梅雨小袖昔八丈 髪結新三
幸四郎・歌六・福助・染五郎・彌十郎・彦三郎

2017年4月2日日曜日

武智鉄二のSPコレクション復刻 蘇る伝統芸能の黄金時代

音源は、武智の雑誌連載「古典は消えて行く、されど…」に対応。視聴者はCD集に付く復刻連載で、武智が推薦するSP名盤を耳で確認しながら、明治から昭和期の至芸を味わえる。  伝統芸能が専門の児玉教授も、「量といい質といい、採算を度外視した力作で、伝統芸能の黄金時代を蘇(よみがえ)らせる好企画」と太鼓判を押す。(武智鉄二のSPコレクション復刻 蘇る伝統芸能の黄金時代 - 産経ニュース)
花もよ編集室(電)050・3488・9594(留守電専用・ファクス)

大変興味深い復刻版ですね。

中村吉之丞 松本幸雀 休演のお詫びと配役変更のお知らせ

【昼の部】『伊勢音頭恋寝刃』  藍玉屋治郎助 松本 錦一
仲居千野 中村 京妙
(中村吉之丞 松本幸雀 休演のお詫びと配役変更のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

六月大歌舞伎 2017年6月 歌舞伎座 演目と配役

 六月大歌舞伎 平成29年6月2日(金)~26日(月)(六月大歌舞伎 | 歌舞伎座 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
なんか雑色一座、大御所は1番か2番であとは雀右衛門、猿之助、松緑、松也等の顔ぶれです。個人的にはきのし湯の暖簾がかかった舞台面で踊る浮世風呂が楽しみです。

2017年4月1日土曜日

四月大歌舞伎 上演時間 2017年4月

四月大歌舞伎 | 歌舞伎座 | 歌舞伎美人(かぶきびと)(四月大歌舞伎 | 歌舞伎座 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
昼の部終演 3:48
夜の部終演8:35

歌舞伎座「四月大歌舞伎」幕見席のご案内

4月2日(日)に初日を迎える歌舞伎座「四月大歌舞伎」では、幕見席の料金と発売予定時間が以下のとおりになります。(歌舞伎座「四月大歌舞伎」幕見席のご案内 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

玉三郎がいざなう「坂東玉三郎京丹後特別舞踊公演」

 坂東玉三郎京丹後特別舞踊公演
 一、お目見得 口上(こうじょう)
二、秋の色種(あきのいろくさ)
三、羽衣(はごろも)   出演:坂東玉三郎    
■日時 2017年6月24日(土)・25日(日)  14:00開演(13:30開場)     ■場所 京都府丹後文化会館 京都府京丹後市峰山町杉谷1030 (京都丹後鉄道峰山駅下車、徒歩5分)
「能装束が何百年もきれいに残っているのは、質のいい蚕が吐いた絹で織ってあるから。いい絹織物は着たり脱いだりする間に、糸が絡んできれいになってくるんです」。玉三郎の絹へのこだわりは尽きるところがありません。「天女の羽衣、次は丹後の絹で踊る?」と、いたずらっぽく笑いました。さらに今回は、丹後鉄道などの合同企画で「玉三郎列車」も走ります。いろいろな企画列車があるなか、「玉三郎さんの特別メッセージ映像など、この列車だけの特別仕立てです」と、公演の実行委員会もいち押しです。(玉三郎がいざなう「坂東玉三郎京丹後特別舞踊公演」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
玉三郎列車!ぎゅう詰めになるかしら!

今月の京蔵 2017年4月

お蔭様をもちまして、先月28日の第38回俳優祭も、大盛況のうち、無事に打ち上げることが出来ました! 拙作「月光姫恋暫」は、この度は俳優協会再建設立60周年記念なので、そのお祝いに相応しい舞台をと、咲十郎さんと苦心惨憺致しました!(笑) お蔭様にて豪華配役が叶い、ご出演皆様のご工夫とご熱演が、拙い台本を見事に補ってくださいました!心より感謝申し上げます。 また、客席皆々様の熱いご声援と反応は、素人作者にとりましては何よりも有り難く、作者冥利に尽きる思いでした!本当にありがとうございました!m(__)m(中村京蔵公式ホームページ)
テレビの中継が待ち遠しいです。

玉三郎の今月のコメント 2017年4月

今私は「幽玄」のお稽古に向かって行くところでございます。3月は海外を回っておりまして19日に帰国しましてからは「シネマ歌舞伎」の編集作業をしておりました。歌舞伎座興行と同じ日数の、25日間ほど海外に行っておりまして、帰ってからは編集作業や原稿の執筆とやることが沢山有ったこの3月末でございました。  皆様に海外のお話をしようと思ったのですが、慌てて4月の初旬にするよりと思いまして、改めて4月中頃にコメントでご報告させていただきます。皆様何卒ご了承くださいませ。(◇2017年4月 | 坂東玉三郎【公式サイト】)
中旬のコメントアップが楽しみです。

海外向け歌舞伎紹介番組「KABUKI KOOL」第4シーズンがスタート

4月5日(水)より、NHKワールドTVで海外向けの歌舞伎紹介番組「KABUKI KOOL」第4シーズン(全10回)の放送が始まります。(海外向け歌舞伎紹介番組「KABUKI KOOL」第4シーズンがスタート | 歌舞伎美人(かぶきびと))

2017年3月30日木曜日

2017年3月29日水曜日

俳優祭 写真館by米吉

壱太郎兄さん、隼人、橋之助君の四人でお客様と一緒に写真を撮らせていただくブースを担当しました!(歌舞伎役者 中村歌六 米吉 龍之助|オフィシャルサイト | 第38回 俳優祭)
若手4人そろうとなんて華やかなんでしょう。

松本幸四郎、2代目白鸚を襲名へ口上スチール撮影「本当にうれしい」

撮影を終えた篠山氏は、歌舞伎座の照明に感銘を受け、持ち込んだ照明器具をあえて外して撮ったことを明かし「スタジオとは違って、歌舞伎座独特の緊張感、空気感が出ていると思う」と満足気だった。(松本幸四郎、2代目白鸚を襲名へ口上スチール撮影「本当にうれしい」 : スポーツ報知)
歌舞伎座の舞台での撮影だそうです。

2017年3月28日火曜日

梅玉、芝翫、橋之助、福之助「松竹大歌舞伎」を語る

芝翫は巡業公演では舞台上だけでなく、一座が密に行動を共にすることになるため、六世歌右衛門の「舞台に普段が出る」の言葉を引き合いに出し、「舞台の上だけでなく、普段の先輩方に接することによって、舞台に対する気持ち、普段の心構えなど、自分自身を見つめる襲名の巡業でもある」と語りました。そして、子どもたちがそれを学んでくれたら「親としてありがたい」と、今回の襲名披露の意味をかみしめるように話しました。(梅玉、芝翫、橋之助、福之助「松竹大歌舞伎」を語る | 歌舞伎美人(かぶきびと))
(公社)全国公立文化施設協会主催「松竹大歌舞伎」東コースは6月30日(金)から7月31日(月)まで、西コースは8月31日(木)から9月25日(月)までの公演。チケットは、各会場ごとに異なりますので、詳しくは公演情報をご覧ください。

【巡業】「松竹大歌舞伎」西コースの公演情報 2017年8月31日(木)~9月25日(月)

平成29年度 (公社)全国公立文化施設協会主催 西コース 松竹大歌舞伎
中村橋之助改め 八代目中村芝翫襲名披露 中村国生改め 四代目中村橋之助襲名披露 中村宗生改め 三代目中村福之助襲名披露(松竹大歌舞伎 西コース | 巡業 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
熊谷陣屋が出ます。

亀鶴「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

4月19日(水)、歌舞伎座ギャラリーで開催される「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話(かぶきやわ)」に、中村亀鶴が出演します。
■日時 2017年4月19日(水)19:00開演(18:30開場) ※約1時間30分を予定    
■場所 歌舞伎座ギャラリー (GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)
■入場料 全席指定:3,000円(税込)  
2017年4月11日(火)10:00発売(亀鶴「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

「第38回俳優祭」テレビ放送の日時が決定しました

【放送日】   2017年4月30日(日)21:00~ (NHK Eテレ)
【演 目】   舞踊二題「(上)二つ巴 (下)石橋」   
「模擬店」   
「月光姫恋暫」(トピックス|歌舞伎 on the web)
本番前に放送が決まりました。

お袖by米吉

「殿御に惚れたと言うことは……のチョボでお袖の口説になる。   背中を向けて、拗ねたように俯向いて、赤い襷を外す。   引っ張って、唇に斜めに当てて見て、取って丸めて、邪見に叩きつける。   ようやく舞台が濡れ場じみてきて、色っぽく見えてくる。」   と、あるんですね。     この時の政右衛門は初代の鴈治郎さん。   お袖は新升さんという方がお勤めになっていたそうです。   こういった資料が折角残っていたので、試行錯誤しながら、新たに襷を使ったクドキを及ばずながらさせていただきました。       そんな今回のお袖。 大変ありがたいことに、奨励賞を頂戴いたしました。(歌舞伎役者 中村歌六 米吉 龍之助|オフィシャルサイト | お袖)
資料を見つけて研究する、とても大事なことです。赤い襷、印象に残っています。奨励賞おめでとうございます。

上村以和於の今月の舞台から 2017年3月

『岡崎』が内容に見合った量感を失うことなく前回より一段と明晰になったのは、各役各優、それだけすることが的確になったからだろう。とりわけ歌六の役者ぶりが一段と大きく、奥行きが深まった。
もう一つ、前回を遥かに超えて出色だったのは「藤川の新関」で、前回からわずかの間に米吉のお袖がすっかり一人前の娘方として開花したからで、黄八丈の衣装がぴたりとはまる娘ぶりが、菊之助の志津馬と相合傘の風情などまさに匂うがばかりの好一対。この場が単なる「岡崎」のための筋の上の前哨に留まらず、悲劇の間に欠かせない彩りであることを教えられる。
国立劇場賞を頂いたお袖の演技、米吉の娘方が評価されました。
閑話休題として、今月の殊勲賞は巳之助の『どんつく』、ちゃんと三津五郎家の踊りを踊って見せたのを評価したい。技能賞は『引窓』のお幸の右之助。
巳之助・松緑コンビがしっかりした踊を見せてくれてうれしかったです。
今月注目随一の海老蔵の『助六』がまずまずであったのは結構だった。何と言っても助六役者として天成の仁と柄である。今のままだって当代の助六であるのは間違いないが、その割には褒める声がもう一つ大きくならないのは、海老蔵の助六はこんなものではないと思えばこそだと知ってもらいたい。(演劇評論家 上村以和於公式サイト)
私の中では、今一つ盛り上がらなかったのは河東節のご連中の演奏がお粗末だったからだと思っています。普通、地方に助けられて踊り手は気持ちよく踊るものです。

「歌舞伎立廻り伝授 第一回 どんたっぽ篇」のお知らせ

4月23日(日)、歌舞伎座ギャラリーで、ギャラリーレクチャー「歌舞伎立廻り伝授 第一回 どんたっぽ篇」が開催されます。(「歌舞伎立廻り伝授 第一回 どんたっぽ篇」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

「第38回俳優祭」上演予定時間

■上演予定時間 【昼の部】      【夜の部】
上、二つ巴 下、石橋 12:00~12:50  5:00~5:50
模擬店説明 12:50~1:00 5:50~6:00 模擬店 1:00~2:00  6:00~7:00  〈休憩  10分〉
月光姫恋暫 2:10~3:35  7:10~8:35
御礼 ご挨拶  3:35~3:40  8:35~8:40
※3月27日時点での予定。変更のある場合があります。
3月28日(火)、歌舞伎座で「第38回俳優祭」(【上演予定時間追記】「第38回俳優祭」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

ようこそ歌舞伎へ 赤坂大歌舞伎 勘九郎

時代物ではないですし、世話物かというとそうでもありません。せりふ劇ではありますが、真山青果物などとは違います。普遍的な日常を描いた現代の感覚に近い作品なので、歌舞伎のなかでも新ジャンルが生み出されるのではないかと思っています。もし自分がレンタルビデオ店の店員なら、DVD化されたこの作品をどこに置くかと悩みます。ミステリーの要素もSFの要素もあります。(ようこそ歌舞伎へ「中村勘九郎」 2/4 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
新ジャンルですかね。

2017年3月27日月曜日

国立劇場開場50周年記念3月歌舞伎公演『通し狂言 伊賀越道中双六』が千穐楽

この日の3月歌舞伎公演の千穐楽が、「開場50周年記念公演」すべての千穐楽ともなることから、終演後、独立行政法人日本芸術文化振興会理事長・茂木七左衞門によるお客様へのご挨拶と、中村吉右衛門丈による花束贈呈が、舞台上で行われました。(50周年記念公演ニュース|国立劇場50周年記念サイト|国立劇場)
忠臣蔵の通し、伊賀越の通し、いずれも貴重な復活の場が上演され、とても有意義な公演でした。

3月歌舞伎公演「通し狂言 伊賀越道中双六」国立劇場賞のお知らせ

3月歌舞伎公演「通し狂言 伊賀越道中双六」の受賞者は下記の通り決まりました。(3月歌舞伎公演 国立劇場賞のお知らせ | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
○優秀賞 中村又五郎 (佐々木丹右衛門と奴助平の演技に対して) 
○奨励賞 中村米吉 (幸兵衛娘お袖の演技に対して) 
○奨励賞 中村吉之丞 (沢井城五郎と夜回り時六の演技に対して) 
○奨励賞 中村京純 (蛇の目の眼八の演技に対して)

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 27日~31日

27日
道行旅路の嫁入
芝翫・福助・橋之助
京鹿子娘道成寺
三津五郎・秀調・巳之助

28日
恋飛脚大和往来 新口村
鴈治郎・扇雀・橋之助・彌十郎
仮初の傾城
時蔵
お祭り
三津五郎

29日
嫗山姥~岩倉大納言兼冬公館の場
扇雀・橋之助・巳之助
吉例寿曽我
梅玉・笑也・松江・男女蔵・笑三郎・猿弥・右近

30日
関三奴
鴈治郎・勘九郎・松緑
義経千本桜 川連法眼館の場
松也・隼人・巳之助・新悟

31日
御所桜堀川夜討 弁慶上使
橋之助・彌十郎・新悟・吉弥・扇雀
双蝶々曲輪日記 角力場
橋之助・菊之助・橘太郎・松江・亀寿

2017年3月26日日曜日

【花形出番です】 心身とも役になりきる 歌舞伎俳優・坂東亀寿さん(4

「師匠」ですから、普段から敬語。兄(坂東亀三郎)と一緒に、祖父が父(坂東彦三郎)に稽古をつけるのを、よく見学しました。緊張感漂う稽古場でしたが、動きや台詞(せりふ)など時間をかけ、丁寧に教えていた。それは父を通じ、私たち兄弟にも受け継がれています。(【花形出番です】心身とも役になりきる 歌舞伎俳優・坂東亀寿さん(38)(4)(1/2ページ) - 産経ニュース)
厳しいお祖父様のお稽古は今のご兄弟に顕れています。

第38回俳優祭 詳細

■演目(昼夜同一狂言)
坂東亀三郎 監修 藤間勘十郎 振付、 舞踊二題  (上) 「二つ巴」(ふたつどもえ)     (下) 「石橋」(しゃっきょう)  
坂東亀三郎 監修、模擬店  
、「月光姫恋暫 ―かぐやひめこいのしばらく―」  尾上菊之助 監修 市川海老蔵 監修 中村京蔵・山崎咲十郎 作 尾上菊之丞 振付(【情報追記】「第38回俳優祭」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
当日券の販売はございません。

観世能楽堂、新たな幕開け 銀座を伝統文化の発信地に

新「観世能楽堂」は松坂屋銀座店の跡地を中心とした再開発エリアに開業する複合商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」の地下3階に開場する。銀座は観世家が江戸幕府から屋敷を拝領していた地だ。延べ床面積は約1630平方メートルで480席(うち車椅子用2席)。
開場記念公演「祝賀能」は4月20~24日、清和が舞う「翁」など。「日賀寿能」は27日から。24日午後7時半からは清和の息子の三郎太が仕舞「高砂」を舞うなどの「若手特別公演」がある。03・5778・4380(観世会)。(観世能楽堂、新たな幕開け 銀座を伝統文化の発信地に:朝日新聞デジタル)
行きやすい場所で歌舞伎と梯子ができますね。

26日NHKEテレ21:00~古典芸能への招待 歌舞伎「妹背山婦女庭訓 吉野川」

桜満開の吉野川を舞台に繰り広げられる義太夫狂言の名作「妹背山婦女庭訓」の「吉野川」を放送。出演は中村吉右衛門、坂東玉三郎、市川染五郎、尾上菊之助ほかの顔触れ。(NHK 番組表 | 古典芸能への招待 歌舞伎「妹背山婦女庭訓 吉野川」 | 桜満開の吉野川を舞台に繰り広げられる義太夫狂言の名作「妹背山婦女庭訓」の「吉野川」を放送。出演は中村吉右衛門、坂東玉三郎、市川染五郎、尾上菊之助ほかの顔触れ。)

26日フジテレビ19:00~平成教育委員会2017春芸能人

平成教育委員会2017春芸能人ならこのくらいは出来なきゃねSP 2017年3月26日(日)  19時00分~21時54分
〈歌舞伎チーム〉 市川猿之助  中村壱太郎  市川弘太郎(平成教育委員会 - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表])
おっ慶応チームですね。

2017年3月25日土曜日

六本木歌舞伎「座頭市」大阪公演日延べ決定!!

市川海老蔵 寺島しのぶ主演六本木歌舞伎「座頭市」が、8月に大阪での公演が決定したばかりだが、問い合わせが殺到し、日延べ公演が決定した。 東京公演は回を重ねるごとに評判が広まり、チケットは完売。キャンセル待ちの列ができるほどの人気に。大阪でもその評判は留まることを知らず、8月13日(日)が千秋楽だったのを1日延ばし、8月14日(月)を千秋楽にする事にした。(六本木歌舞伎「座頭市」大阪公演日延べ決定!! (プレスリリース) - エキサイトニュース)

愛之助『コメディ・トゥナイト!』大阪公演に向けて

4月2日(日)から、大阪松竹座新築開場二十周年記念「ブロードウェイ・ミュージカル『コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》』が上演されるにあたり、新橋演舞場で公演中の片岡愛之助が語りました。(愛之助『コメディ・トゥナイト!』大阪公演に向けて | 歌舞伎美人(かぶきびと))

<支える人>歌舞伎座ツケ打ち・芝田正利さん 役者と日々真剣勝負

歌舞伎座のツケ打ちは芝田さんと弟子三人の四人体制。一カ月打って、翌月は大道具方に戻って作業する。若者も門をたたいてくるが「カッコよさにひかれて入る人も少なくないが、大道具修業に耐えられなくて長続きしない」と言う。肝要なのは「まず芝居好きでないと」。舞台をこよなく愛する芝田さんのツケの極意はここにある。(東京新聞:<支える人>歌舞伎座ツケ打ち・芝田正利さん 役者と日々真剣勝負:伝統芸能(TOKYO Web))
ツケ打ちさんは大道具方とは知っていましたが、大道具の仕事も修行するのだそうです。

2017年3月24日金曜日

25日テレビ東京22:00~美の巨人たち 平櫛田中『鏡獅子』彫刻家の信念と覚悟

美の巨人たち 平櫛田中『鏡獅子』彫刻家の信念と覚悟▽5代目尾上菊之助の思い 2017年3月25日(土)  22時00分~22時30分
田中が作品に挑んだのは65歳。完成は22年後。そこまで歳月をかけたのには、彫刻家と歌舞伎俳優の深い絆と信頼が。知られざる『鏡獅子』誕生物語に迫ります。さらに『鏡獅子』を何度も演じている、5代目尾上菊之助が作品と対面。“6代目”を前に感じたその思いを語ります。(美の巨人たち - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表])
菊之助の思い・・・興味深いです。

2017年3月22日水曜日

芸術院賞の受賞者と授賞理由

渡辺保(81)=本名邦夫。恩賜賞。評論。伝統演劇の本質を探究した業績。
市川左団次(76)=本名荒川欣也。歌舞伎。「仮名手本忠臣蔵」の高師直役などの演技。  
鳥羽屋里長(81)=本名川原寿夫。邦楽(長唄唄方)。長年にわたり第一人者として歌舞伎長唄の発展に尽くした業績。(芸術院賞の受賞者と授賞理由  :日本経済新聞)
毎月のように舞台に出ている方が受賞なさるとうれしいですね・

獅童が明かす今年の超歌舞伎『花街詞合鏡』

会場の盛り上がりに圧倒されながらも、「昨年、皆さんに盛り上げていただいてうれしかったです。今年もせっかくやらせていただけることになったので、再演ではなく新作をさせていただこうと、今、準備しています」と意欲的に語ると、会場の歓声とともに、コメント欄にも「萬屋!」の文字があふれました。(獅童が明かす今年の超歌舞伎『花街詞合鏡』 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

猿之助、勘九郎、七之助が語る大阪松竹座「五月花形歌舞伎」

三代猿之助四十八撰の内『金幣猿島郡(きんのざいさるしまだいり)』は、「初めはいっぱいいっぱいでしんどかったが、やればやるほど無駄な力が抜けてきて楽になってきた」という猿之助が、3度目の上演に挑みます。この公演中には宙乗りが1000回を迎えますが、「意外とあっという間だった」と、力みは感じられません。「でも、伯父(猿翁)の記録にはあと4000回はしないと」と続けると、隣で聞いていた勘九郎、七之助のほうが驚嘆。(猿之助、勘九郎、七之助が語る大阪松竹座「五月花形歌舞伎」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

六月博多座大歌舞伎 2017年6月 博多座 演目と配役

中村橋之助改め 八代目 中村芝翫 襲名披露   中村国生改め 四代目中村橋之助 中村宗生改め 三代目中村福之助 襲名披露   中村宜生改め 四代目中村歌之助  六月博多座大歌舞伎 平成29年6月2日(金)~26日(月)(六月博多座大歌舞伎 | 博多座 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

NHK歴史にドキリ 獅童が変身★日本を築いた52人 単行本

1冊にまとまっているのはうれしいですね。

映画「花戦さ」予告動画公開

映画「花戦さ」予告動画公開!! ※6月3日より全国ロードショー!
■予告編  http://www.hanaikusa.jp/(映画「花戦さ」予告動画公開!! : 最新情報 : 市川猿之助公式サイト)
予告編みると見たくなります。

松也が「SONGSスペシャル」出演

松也が歌うのは、ディズニーアニメーション映画『モアナと伝説の海』で吹替えを担当したマウイの楽曲「俺のおかげさ」と、同映画で共演した屋比久知奈とのデュエットで、松也が「ディズニー映画のなかでも特に好き」という『アラジン』の「ホール・ニュー・ワールド」。そして、『アナと雪の女王』の「Let It Go~ありのままで~」は、井上芳雄、城田優、山崎育三郎らとともに披露しました。(松也が「SONGSスペシャル」出演 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

2017年3月21日火曜日

市川猿之助、宙乗り1000回目前「あっという間」

猿之助は「金幣猿島郡」で宙乗りに挑む。「大阪の公演中に宙乗りが1000回になる。過去に途中で止まったりのトラブルが2回あったけれど、意外とあっという間だった。伯父(市川猿翁)の記録を超すには、あと4000回やらないといけないけれど、このままやったら、超えると思う」と、5000回突破に意欲を見せた。(市川猿之助、宙乗り1000回目前「あっという間」 | ORICON NEWS)
何回飛んでも安全には気をつけて下さい。

2017年3月20日月曜日

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 20日~24日

20日
義経千本桜 四の切
松也・隼人・巳之助・新悟
関三奴
鴈治郎・勘九郎・松緑

21日
御所桜堀川夜討 弁慶上使
橋之助・彌十郎・扇雀・吉弥・新悟
熊野
玉三郎・七之助・仁左衛門

22日
十五夜物語
梅玉・魁春・芦燕・沢村藤十郎
道行旅路の嫁入
芝翫・福助・橋之助

23日
寿曽我対面
橋之助・松緑・勘九郎・梅枝・扇雀・鴈治郎
吉野山
幸四郎・福助・東蔵

24日
仮名手本忠臣蔵 五・六段目
菊五郎・菊之助・新之助・左團次・田之助



2017年3月19日日曜日

松也が浅草芸能大賞新人賞受賞、梅玉は「スターの手型」顕彰

「新春浅草歌舞伎」では若手のまとめ役として3年目を迎え、ミュージカルや新派、テレビドラマなど幅広い活躍も高い評価を得ており、次世代の歌舞伎の担い手という期待を受けての新人賞受賞となりました。松也は、「こんなにありがたいことはございません。この賞に恥じないように1年間精進いたしまして、この公会堂へお正月に戻ってこられることを楽しみにしております」と喜びました。
「スターの手型」顕彰式では、今年度の5名の被顕彰者の一人として梅玉が登壇。「浅草は江戸歌舞伎のメッカ、その地でこのような顕彰をいただいたこと、ありがたいと思っております」と感謝を述べました。(松也が浅草芸能大賞新人賞受賞、梅玉は「スターの手型」顕彰 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

石井啓夫の劇評 2017年3月国立劇場

今回は人気の「沼津」の場を外し、平成26年に当劇場で44年ぶりに復活した「岡崎」の場をメインに据え、ドラマの醍醐味(だいごみ)を作った。(【鑑賞眼】国立劇場「伊賀越道中双六」 好配役で人間喜劇の神髄 - 産経ニュース)

【花形出番です】 「江戸の空気」伝える劇団 歌舞伎俳優・坂東亀寿さん(3)

劇団だからこそ古いお弟子さんが何が正しいのかを伝えてくださるんです。  それがどれほど貴重なことなのかに気づいたのは、22~23歳のときです。それまでは「怖い先輩ばかり」と思うこともありましたが、先輩方の教えの積み重ねによって、歌舞伎に江戸が生きている。(【花形出番です】「江戸の空気」伝える劇団 歌舞伎俳優・坂東亀寿さん(38)(3) - 産経ニュース)
三津五郎さんの教え方は上手いですね。今や教えられたことは財産です。

2017年3月18日土曜日

お国がら(孝太郎ブログ)

わずか数日で完売した中国大歌舞伎 本当にお客様はいっぱいで、 嬉しくホッとしています。 しかし お国がらを、感じるのが 沢山のお客様が、スマホなどで写真や動画を撮影されている姿が、、、 、つい目に飛び込んできてしまいます。 両国の舞台関係者の方も大変困惑されています。(片岡孝太郎オフィシャルブログ「片岡孝太郎の 話すことあり 聞くことあり」Powered by Ameba)
場内アナウンスが入らないのかしら?言っても無視なのでしょうか。

2017年3月17日金曜日

「江戸富士」出現 東京ミッドタウン10周年

平成19年3月にオープンした複合施設、東京ミッドタウン(港区赤坂)で16日、開業10周年を記念し、富士山のモニュメント「江戸富士(EDO-FUJI)」がお披露目された。  高さ約6メートル、幅約23メートル。ミッドタウン・ガーデンの芝生広場に出現した。この日のオープニングイベントには、ゲストとして歌舞伎俳優の市川染五郎さんが登場。幻想的なプロジェクションマッピングの光で彩られた「江戸富士」を前に、歌舞伎舞踊「石橋」を披露した。(「江戸富士」出現 東京ミッドタウン10周年 - 産経ニュース)
ラスベガスっぽいですね。

<新かぶき彩時記>悲劇前にした春の嵐 「賀の祝」の兄弟ゲンカ

七十の祝いを迎えた白太夫には梅王丸、松王丸、桜丸という三つ子の兄弟がいます。
折れた桜を見て白太夫が何も言わないのは、桜丸がそれと知らずに丞相左遷の遠因を作ってしまい、切腹する運命を悟ったため。お参りでも桜丸命乞いの願掛けはかなわず、覚悟を決めたのです。ケンカの騒々しさが後の悲劇を引き立てます。(東京新聞:<新かぶき彩時記>悲劇前にした春の嵐 「賀の祝」の兄弟ゲンカ:伝統芸能(TOKYO Web))
梅・松・桜の木が並んでいる舞台面がいかにも春らしいです。

矢内賢二の劇評 2017年3月 歌舞伎座・国立劇場

歌舞伎座は片岡仁左衛門の「義経千本桜 渡海屋(とかいや)・大物浦(だいもつのうら)」。銀平の立派さと爽やかさは言うまでもなく、せりふは明晰(めいせき)を極めながらも義太夫らしい濃厚な味。義経にかけて言う「おかくまい申したら何とする」や女房お柳(りゅう)に暗に戦の用意を促すせりふも説明的にならずに真意がよく伝わる。知盛も同様で、凄絶(せいぜつ)の中に端然と死を受け入れる理(ことわり)が鮮明。中村梅玉の義経は情感、品格ともに一級品で、中村時蔵のお柳実は典侍(すけ)の局(つぼね)も引き締まった上出来。
国立劇場は三年前に画期的な成果を挙げた「岡崎」を中心に、股五郎の逃亡と志津馬の出立を描く「円覚寺」を新たに復活して「伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)」の通し上演。やはり「岡崎」が濃密なドラマを構築して圧巻。中村吉右衛門の唐木政右衛門は抑えた演技の中に敵を目前にした切迫感、犠牲をいとわぬ凄(すご)みと苦悩とがほとばしる。政右衛門を終始見つめる中村歌六の山田幸兵衛も深い愛情と葛藤に満ちた傑作。(東京新聞:<評>歌舞伎座・国立劇場 実のある好演:伝統芸能(TOKYO Web))
義太夫狂言の奥深さ、役者各々の工夫などが良い結果になった舞台でした。

亀蔵「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

■日時 2017年4月10日(月)19:00開演(18:30開場) ※約1時間30分を予定    
■場所 歌舞伎座ギャラリー (GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)     ■入場料 全席指定:3,000円(税込)  
2017年4月3日(月)10:00発売(亀蔵「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

17日NHKFM 11:00~邦楽ジョッキー  - 隼人’sカフェ 坂東亀三郎さん(歌舞伎俳優) -

歌舞伎俳優・中村隼人の気軽に楽しめる古典芸能番組。今回のゲストは実力派歌舞伎俳優の坂東亀三郎さん。五月に彦三郎襲名をひかえた今の心境をじっくりうかがいます。(NHK 番組表 | 邦楽ジョッキー  - 隼人’sカフェ 坂東亀三郎さん(歌舞伎俳優) - | 歌舞伎俳優・中村隼人の気軽に楽しめる古典芸能番組。今回のゲストは実力派歌舞伎俳優の坂東亀三郎さん。五月に彦三郎襲名をひかえた今の心境をじっくりうかがいます。)

小玉祥子の劇評 2017年3月 国立劇場

見応えがあるのが四幕「岡崎」。関所を破った政右衛門は再会した旧師の山田幸兵衛(歌六)に股五郎方への尽力を請われる。幸兵衛は現在の政右衛門の立場を知らない。政右衛門は離縁したお谷が連れてきたわが子を自身の正体を隠すために手にかける。  幸兵衛宅でたばこの葉を切りながらも政右衛門は門外にいるお谷が気になる。吉右衛門は腹芸で思いを見せ、殺(あや)めた子を放り投げる姿にすごみを出した。剣豪の強さを保ちつつ、家族への情を感じさせる絶妙な演技である。(歌舞伎:伊賀越道中双六 吉右衛門、絶妙な演技=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
岡崎の場は見応えあり、心に響く舞台です。

2017年3月16日木曜日

17日NHKEテレ23:00~にっぽんの芸能「歌舞伎の名作を楽しむ“極付幡随長兵衛”前編」

[Eテレ] 2017年3月17日(金) 午後11:00~午後11:55(55分)
世話物の人気作「極付幡随長兵衛」を2回にわたって放送。八代目中村芝翫襲名披露として上演され、尾上菊五郎、中村雀右衛門、尾上松緑、中村七之助など豪華な配役が話題。(NHK 番組表 | にっぽんの芸能「歌舞伎の名作を楽しむ“極付幡随長兵衛”前編」 | 世話物の人気作「極付幡随長兵衛」を2回にわたって放送。八代目中村芝翫襲名披露として上演され、尾上菊五郎、中村雀右衛門、尾上松緑、中村七之助など豪華な配役が話題。)

『今昔饗宴千本桜』がデジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー '16大賞、総務大臣賞受賞

3月13日(月)、「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー '16/第22回AMDアワード授賞式」が行われ、『超歌舞伎 今昔饗宴千本桜』が、大賞、総務大臣賞を受賞、中村獅童が登壇しました。(『今昔饗宴千本桜』がデジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー '16大賞、総務大臣賞受賞 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
獅童さん、絶好調!おめでとうございます。

北京に到着(門之助ブログ)

仮設の花道ですがしっかり作ってくれてます(北京に到着|市川門之助オフィシャルブログ「Days of Monnosuke」Powered by Ameba)
立派な劇場です。花道があるのはうれしいですね。

中日のお弁当(宗之助ツイート)

今日は中日と言うことで助六さんから鰻頂きましたよ〜♪(澤村宗之助さんのツイート: "今日は中日と言うことで助六さんから鰻頂きましたよ〜♪ https://t.co/fRNbfAq0Pw")
宮川の鰻だ!楽屋は良い匂いだったでしょう。

2017年3月15日水曜日

『夢幻恋双紙』出演者が公演成功祈願

4月6日(木)から公演の赤坂大歌舞伎『夢幻恋双紙 赤目の転生(ゆめまぼろしかこいぞうし あかめのてんせい)』に向けて、出演者と、作・演出の蓬莱竜太がそろい、劇場にほど近い赤坂氷川神社にて成功祈願を行いました。平成20(2008)年9月のスタート以来、5回目となる今回の「赤坂大歌舞伎」。公演成功祈願の祈祷を終えた一同は、裏側に各人のサインを入れた大型絵馬を神社に奉納し、改めて公演への意気込みを語りました。(『夢幻恋双紙』出演者が公演成功祈願 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

中川右介の助六評

まさに舞台にいるだけで、「助六を演じている」のではなく、「助六を生きている」ようだった。それは演劇のあるべき姿とは違っているのかもしれないが、それこそが近代演劇とは異なる次元で成立する、「傾奇者」として始まった歌舞伎の魅力だと思わせる。スター主義の演劇でなければ成り立たないものが、海老蔵の助六にはある。(破天荒さ消えた海老蔵 十八番の「助六」から迫力も消えた | 日刊ゲンダイDIGITAL)
日本一の良い男には違いないのですが、前回より芸が上達した反面、ヤンチャで少年ぽい感じは薄れたかも知れません。

2017年3月14日火曜日

歌舞伎俳優の尾上寿鴻さん心不全で死去 77歳

寿鴻さんは東京都生まれで、1956年(昭31)に2代目尾上松緑に入門し、同年6月明治座「傾城反魂香」で尾上松四郎を名乗り初舞台を踏んだ。74年に寿鴻に改め名題昇進。菊五郎劇団のベテラン脇役で知られた。  15年11月歌舞伎座「元禄忠臣蔵 仙石屋敷」の間瀬久太夫を演じたのが最後の舞台となった。(歌舞伎俳優の尾上寿鴻さん心不全で死去 77歳 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース)
立役。大柄でやや丸みのある体躯に、ちょっとハスキーな大きな声。茫洋とした雰囲気に、巧まざる愛嬌がある。江戸の市井の町人や無骨な武士がいい。『寿曽我対面』の大名や『番町皿屋敷』の幡随院の子分、『御所五郎蔵』の土右衛門の門弟など、憎体な敵役が役どころ。かつて演じた『盟三五大切』のますます坊主の不思議な味が記憶に残る。『半七捕物帖―春の雪解』の女隠居は抱腹絶倒の逸品だった。得難い脇役である。(歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇 「初代尾上寿鴻」)
大柄の方でしたね。謹んでお悔やみ申し上げます。

河村常雄の劇評 2017年3月 国立劇場

そして、眼目の四幕「三州岡崎 山田幸兵衛住家」。政右衛門が敵討ち成就のため、偶然再会した昔の師匠・山田幸兵衛(歌六)を欺き、雪の中、順礼姿で行倒れになりそうな女房・お谷を追い返し、挙句の果てに、お谷の連れていた赤子、すなわちわが子を殺してしまう。いわば残酷劇であるが、吉右衛門は充実した肚で見せる。敵討ちの悲惨さを浮き彫りにする。他の追随を許さない演技である。(河村常雄の新劇場見聞録)
充実した中身の濃い岡崎、悲劇ですが見終わった後の何ともいえぬ満足感を感じました。

小玉祥子の劇評 2017年3月 歌舞伎座

最後が河東節300年記念「助六由縁(ゆかりの)江戸桜」。海老蔵の助六は姿がいい。雀右衛門の揚巻(あげまき)に助六を包みこむ大きさと全盛の傾城(けいせい)らしい華やかさがあり、「悪態の初音」が小気味よい。菊五郎の白酒売は軽やかでセリフにメリハリが利き、左團次の意休、秀太郎の満江、歌六の門兵衛、梅枝の白玉とそろう。(歌舞伎:三月大歌舞伎 揚巻に華やかさ=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
海老蔵の姿が良いのと、下駄を履いても危なげなく、音が音楽に聞こえます。雀右衛門の揚巻は父親のお掛けを着て、先代の魂が宿ったようで華やかで立派です。

天野道映の劇評 2017年3月 歌舞伎座

「運命尽きぬれば力及ばず。されども名こそ惜しけれ」(「平家物語」)。壇ノ浦でこう叫んだ知盛の潔さは、危険を顧みず背後に跳ぶ演技によって表現される。義太夫狂言に命を懸ける仁左衛門の覚悟にうたれる。((評・舞台)歌舞伎座「三月大歌舞伎」 見事に跳ぶ、仁左衛門の覚悟:朝日新聞デジタル)
義太夫をとことん研究して噛み砕いて見せてくれるので、胸に響きます。

児太郎「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

4月3日(月)、歌舞伎座ギャラリーで開催される「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話(かぶきやわ)」に、中村児太郎が出演します。(児太郎「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
■日時 2017年4月3日(月)18:30開演(18:00開場) ※約1時間30分を予定
■場所 歌舞伎座ギャラリー (GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)
■入場料 全席指定:3,000円(税込)

 2017年3月26日(日)10:00発売

2017年3月13日月曜日

大賞は「超歌舞伎 今昔饗宴千本桜」 主演・中村獅童も喜び

「超歌舞伎 今昔饗宴千本桜」は、最新テクノロジーと伝統芸能がコラボレートし、歌舞伎ファン以外からも注目を集めた。舞台上の役者と3D映像がリアルタイムで同じ動きをする「被写体抽出技術」と被写体映像の口元から声を発しているように聞こえる「バーチャルスピーカ技術」の二つの最新技術を駆使し、ニコニコ生放送の視聴者数は累計16万人を突破。新作歌舞伎のインターネット生配信は史上初で、今後の演劇・エンターテインメントの新たな可能性を感じさせる革新性が評価された。(デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー:大賞は「超歌舞伎 今昔饗宴千本桜」 主演・中村獅童も喜び - 毎日新聞)

【動画公開、アフタートークショー決定】新橋演舞場『コメディ・トゥナイト!』開幕に向けて

【アフタートークショー開催決定】  3月14日(火)16:30の部終演後、片岡愛之助、内博貴、演出の宮本亜門が登場するアフタートークショーが行われます。 ※当該回のチケットをお持ちの方のみ、終演後、引き続きご鑑賞のお席にてお楽しみください。 ※アフタートークショーは20分程度を予定。(【動画公開、アフタートークショー決定】新橋演舞場『コメディ・トゥナイト!』開幕に向けて | 歌舞伎美人(かぶきびと))

鷹之資、玉太郎、梅丸「若手舞踊公演SUGATA」に向けて

今回、新たな演出として、幕開きに鷹之資と玉太郎が交互出演で、作品の全貌を解説する「口上」を勤めます。「自分がどういう作品に関わっているかわかっていないとできません。鷹之資、玉太郎という役として歌舞伎の口上を述べ、瞬時に猪八戒、沙悟浄の役に変わる。2役を演じるくらいの気持ちでないと」と、演出する勘十郎が期待をかけます。二人には歌舞伎俳優として義太夫狂言の芝居、そして口上と、2つの大きな挑戦の場が設けられました。(鷹之資、玉太郎、梅丸「若手舞踊公演SUGATA」に向けて | 歌舞伎美人(かぶきびと))
勘十郎さんの期待の星です。10代から見守るのは成長振りが分かって応援のしがいがあります。

【4階立見席情報追記】「第38回俳優祭」のお知らせ

【追加販売について】 4階立見席:3500円(税込) ※昼夜各60席  
2017年3月15日(水)10:00発売(【4階立見席情報追記】「第38回俳優祭」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

河東節の三味線方にぼたんさん(六条亭さんツイート)

本日の河東節。ぼたんさんのお名前があります。((2) Twitter)
あらホントだ。踊ではなく糸の腕前も気になりますね。

今川氏真役の松也のインタビュー

今回新鮮だったのは氏真の特技、“蹴鞠”の稽古でした。あの公家風の衣装を着て蹴鞠をしてみて、そのやりづらさを含め「これは夢中になるな!」と実感したんです(笑)。上流階級だった氏真には、暇な時間がたくさんあったでしょうし、エンターテインメントの少ない時代にこんなスポーツ的なものがあったら楽しいでしょうしね。(尾上松也さんインタビュー|特集|NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』)
蹴鞠の稽古、楽しそうです。

13日フジテレビ5:25~めざましテレビ 海老蔵出演

The軽部真一 市川海老蔵(めざましテレビ - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表])
めざましテレビ 2017年3月13日(月) 5時25分~8時00分

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 13日~17日

13日
吉例寿曽我
梅玉・松江・笑也・男女蔵・春猿・笑三郎・猿弥・右近
研辰の討たれ
愛之助・中車・壱太郎・秀調

14日
青砥稿花紅彩画 白浪五人男 前編
菊五郎・左團次・八十助・辰之助
寿曽我対面
橋之助・松緑・勘九郎・扇雀・鴈治郎・友右衛門

15日
青砥稿花紅彩画 白浪五人男 後編
菊五郎・左團次・八十助・辰之助
1986年12月 歌舞伎座

16日
双蝶々曲輪日記 角力場
橋之助・菊之助・亀寿・橘三郎
道行旅路の嫁入
芝翫・福助

17日
熊野
玉三郎・仁左衛門・七之助
嫗山姥
扇雀・橋之助・巳之助・新悟







2017年3月12日日曜日

芝翫学校(孝太郎ブログ)

僕が並び傾城の時は 出演時間の2時間前から固形物の摂取を控え 1時間前から水分も補給制限します。 そうしないと息苦しくなったり 最悪の場合舞台で気を失います。 並び傾城、ひじょうに! 体力の居るお役で女形なかせなお芝居いです。 僕にとっては芝翫のおじ様との懐かしい想い出の一つです。(片岡孝太郎オフィシャルブログ「片岡孝太郎の 話すことあり 聞くことあり」Powered by Ameba)
3月11日は先代芝翫さんのお誕生日とか、懐かしい思い出が沢山あってテレビでこの日を取り上げると思い出されるのでしょう。(実は私の亡父のお誕生日も3月11日)
並び傾城は顔ぶれを見て、いつか白玉を演るのは誰かな?揚巻を演るのは誰かな?などと想像しながらみていますが、ずっと座っているのは辛いですね。

石井啓夫の劇評 2017年3月 歌舞伎座

義経(中村梅玉(ばいぎょく))に守護された幼き安徳帝から「仇(あだ)に思うな」と諭(さと)され平伏する姿に平家滅亡の道理を悟る。「昨日の敵は今日の味方」と感謝するせりふの潔さに特色がある。続く碇(いかり)知盛の最期も、残酷、悲惨なのが「人」ではなく「時」なのだと教える。明解な知盛像である。仁左衛門型と呼べるのではないか。(【鑑賞眼】歌舞伎座「三月大歌舞伎」 素晴らしい仁左衛門の知盛(1/2ページ) - 産経ニュース)
仁左衛門型、一つの解釈で違った見方が生まれますね。

【花形出番です】 歌舞伎俳優・坂東亀寿さん(2) 歌舞伎座で育った子役時代

亀寿と改名したのは平成元年2月、歌舞伎座の「め組の喧嘩(けんか)」の倅(せがれ)又八役です。幼い頃から育てていただいた菊五郎劇団40周年の記念公演で、又八役が終わった後、憧れの鳶(とび)役に急いで化粧を変え、尾上(おのえ)菊之助さんや兄(坂東亀三郎)と立ち回りをさせてもらったのが、子供心に本当にうれしかった。(【花形出番です】歌舞伎俳優・坂東亀寿さん(38)(2) 歌舞伎座で育った子役時代 - 産経ニュース)
同世代の多い劇団で楽しく過ごしたのが、今絆になっているのだと思います。

2017年3月11日土曜日

渡辺保の劇評 2017年3月 国立劇場

一昨年十二月に好評だった吉右衛門の「岡崎」が再演された。前回よりも各 段にドラマが鮮明になって、見ていて何度も胸が熱くなった。現代歌舞伎の水 準を示す名舞台である。(2017年3月国立劇場)
見ごたえある通しです。

河村常雄の劇評 2017年3月 歌舞伎座

光政二度目の梅玉。光政の理屈に承服しがたいところもあるが、梅玉は光政の度量の大きさを見せ、いい舞台にした。当たり役である。 亀三郎の善左衛門も若者の情熱がほとばしり結構。このところ腕を上げてきているが、彼の善左衛門は今月一番の収穫である。五月に父の名・彦三郎を継ぐそうだが、襲名へのいい土産になりそうだ。(三月大歌舞伎評: 河村常雄の新劇場見聞録)
亀三郎襲名を機に大きな役者になってほしいです。滑り出し好調!

尾上松也、声優初挑戦!劇中で歌声披露も

「実は歌舞伎とミュージカルは共通点がたくさんあるんです。『歌』と『舞』という文字からしてそう。ともに音楽が絶対条件として必要なんです。歌舞伎は自らメロディーを歌うことはないけど、七五調のセリフなんかは歌に近い。共通点を感じながらやらせていただいてます」(尾上松也、声優初挑戦!劇中で歌声披露も : スポーツ報知)
歌も唄うそうです。

2017年3月10日金曜日

3月11日(土)20時~ WOWOWライブ 三谷幸喜「エノケソ一代記」

三谷幸喜「エノケソ一代記」 3/11(土)よる8:00 My番組登録 WOWOWライブ 初回(三谷幸喜「エノケソ一代記」 | WOWOWオンライン)
3/11放送!舞台「エノケソ一代記」WOWOWライブ 
■3月11日(土)20時~ WOWOWライブ 「真田丸」で日本中を熱狂させた三谷幸喜の注目作!
【作・演出】 三谷幸喜
【出演】 市川猿之助、吉田羊、浅野和之、山中崇、水上京香、春海四方、三谷幸喜(3/11放送!舞台「エノケソ一代記」WOWOWライブ : 最新情報 : 市川猿之助公式サイト)

渡辺保の劇評 2017年3月 歌舞伎座

今度は風景の面白さもさることながら、自分も体 験したその三悪道を父清盛の悪業の結果として、その責任の全てを自分が進ん で引き受け、背負って死のうとする覚悟が鮮明であった。この覚悟こそ三悪道 の結果であり、その論理の一貫性が今度の収穫。この覚悟あればこそ「昨日の 敵は今日の味方」という心境、「あら嬉やな」という悟りの境地に達している のがよくわかった。全ての責任を自ら背負う覚悟をもって、自ら犠牲になる人 間の決断が、神にも似た輝きを放っている。
見る側にここまでの心理が伝わるか分かりませんが、じっくりと鑑賞したいです。
なによりもいいのは、せり ふが古典をいいほどいて 現代の人間にもよくわかるようになったことである。その証拠に客席がよく反 応している。長足の進歩である。
今回の良かったのはセリフがこちらに届いていると感じました。出端は日本一の良い男で文句なし。が、河東節が今日は女性ばかりで艶っぽさもないし、声量も小さく残念でした。
国立劇場から掛け持ちの雀右衛門初役の揚巻がいい。  スケールの大きさ、濃厚な色気、つややかさ、立派な立女形ぶりである。(2017年3月歌舞伎座
初役とは思えないほど上出来でした。お掛けは予想したのでした。
雀右衛門さん襲名の折、松屋で開催された展示に飾ってあった打掛けです。多分これではないかと・・・(Blogger: さちぎくブログ -)

<歌い踊る切手>紙屋治兵衛(1991年) 上方の芸を受け継ぐ

道頓堀には、川柳作家として知られた岸本水府が詠んだ「頬かむりの中に日本一の顔」の碑がある。(東京新聞:<歌い踊る切手>紙屋治兵衛(1991年) 上方の芸を受け継ぐ:伝統芸能(TOKYO Web))
二代目鴈治郎は上方の匂いがプンプンした役者さんでしたね。

2017年3月8日水曜日

歌舞伎 大向こう 感動を声に乗せ、俳優応援

たびたび声をかけているうち「歌舞伎大向弥生会」のメンバーから声をかけられた。大向こうにスカウトされたのだ。大向こうは個人でもできるが、会に所属すると入場証が発行され、無料で観劇できる。劇場公認で舞台を盛り上げる役割を担うのだ。こうしたグループは東京に三つ、名古屋や大阪、福岡にもある。堀越さんは27歳で正式に弥生会の会員となった。(ハマりました。:歌舞伎 大向こう 感動を声に乗せ、俳優応援 - 毎日新聞)
大向うは絶対に芝居を盛り上げてくれます。メッタヤタラにかけるのは困りますが、ここっと言う時に掛け声がないと寂しいです。三階からが多いですが昔は立見席からも多く掛かっていたと思います。

2017年3月7日火曜日

楽屋の桜が満開(雀右衛門ブログ)

楽屋の桜🌸が満開に成りました(楽屋の桜が満開|五代目中村雀右衛門オフィシャルブログ Powered by Ameba)
初日には硬かった蕾が1週間で満開に、雀右衛門さんの楽屋は春真っ盛り!

若さ溌剌な踊り(常磐津兼太夫ツイート)

今月の「どんつく」は過去20年くらいの中で最もテンポの良い(速いという意味ではない)演奏だと思います。なんたってシンで踊る松緑さんと巳之助さんのお二人が日本の大きな舞踊の流派の家元である上に若さ溌剌な踊りを披露されるのですから、こちらも渾身の浄瑠璃でお応えします!(常磐津兼太夫(歌舞伎座出演中)さんのツイート: "今月の「どんつく」は過去20年くらいの中で最もテンポの良い(速いという意味ではない)演奏だと思います。なんたってシンで踊る松緑さんと巳之助さんのお二人が日本の大きな舞踊の流派の家元である上に若さ溌剌な踊りを披露されるのですから、こちらも渾身の浄瑠璃でお応えします!")
ベストコンビですね。楽しみです。

平成29年6月歌舞伎鑑賞教室「毛抜」

2017年6月2日(金)~2017年6月24日(土)(平成29年6月歌舞伎鑑賞教室「毛抜(けぬき)」)
出演は錦之助・孝太郎他。

平成29年7月歌舞伎鑑賞教室「鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚」

2017年7月3日(月)~2017年7月24日(月)(平成29年7月歌舞伎鑑賞教室「鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚(きいちほうげんさんりゃくのまき いちじょうおおくらものがたり)」)
出演者は菊之助の名だけです。吉右衛門監修です。

7日NHKEテレ21:00~趣味どきっ! 獅童のいざ歌舞伎へ(5)密着!新作歌舞伎“あらしのよるに”前編

中村獅童が8回にわたり歌舞伎の魅力をわかりやすい目線で伝える入門番組。第5回は「新作歌舞伎『あらしのよるに』前編」。去年12月に獅童が出演した、絵本を題材とした新作歌舞伎「あらしのよるに」の制作過程を前後編で紹介します。衣裳(いしょう)や小道具はどのように工夫される?上演に向けてどんな稽古が行われる?子どもから大人まで世代を越え絶賛された舞台の裏側を貴重な映像を交え獅童さんの立場から案内します。(NHK 番組表 | 趣味どきっ! 獅童のいざ歌舞伎へ(5)密着!新作歌舞伎“あらしのよるに”前編 | 中村獅童が8回にわたり歌舞伎の魅力をわかりやすい目線で伝える入門番組。去年12月に獅童が出演した新作歌舞伎「あらしのよるに」の舞台裏を2回にわたって紹介する。)
毎回面白いです。今回は 『あらしのよるに』の制作過程が見られます。

2017年3月6日月曜日

Interview中村雀右衛門 父の「揚巻」に近づきたい 女形屈指の大役、充実の掛け持ち出演

「最初から揚巻になりきっていないといけません。父の舞台にならい、大きさや風情を出すように心がけます。父のセリフが耳に残っておりますので、少しでもまねできればと思います。悪態の後に『オホホホ』と高笑いをしますが、そこも『よくぞ言ってくれた』とお客様の共感を呼ぶようにしたいです」(Interview:中村雀右衛門 父の「揚巻」に近づきたい 女形屈指の大役、充実の掛け持ち出演 - 毎日新聞)

亀寿「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

3月23日(木)、歌舞伎座ギャラリーで開催される「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話(かぶきやわ)」に、坂東亀寿が出演します。(亀寿「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
■日時 2017年3月23日(木)18:30開演(18:00開場) ※約1時間30分を予定
■場所 歌舞伎座ギャラリー (GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)
■入場料 全席指定:3,000円(税込)
 2017年3月16日(木)10:00発売

長谷部浩の劇評 十世坂東三津五郎三回忌追善 2017年3月 歌舞伎座

その巳之助が三度目にして、はじめて、父が踊ったどんつくを勤めた。もちろん、まだまだではあるが、大きな山に取りついた、麓から登りはじめ、四合目、いや五合目までたどりついた。こんなにも努力を重ねている。胸があつくなった。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory)
三津五郎さんが踊ると江戸時代の亀戸天神で自分も見ているような気になりました。楽しかったー、巳之助さんもいつかはお父さんのように、自分も楽しんで、観客にも楽しんでもらえる、そんな踊り手になると思います。

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 6日~10日

6日
双蝶々曲輪日記 角力場
橋之助・菊之助・高麗蔵・松江・亀寿
吉野山
幸四郎・福助・東蔵

7日
仮名手本忠臣蔵 五段目・六段目
菊五郎・菊之助・新之助・芝雀・左團次・田之助
2001年3月 新橋演舞場

8日
仮初の傾城
時蔵
お祭り
三津五郎
恋飛脚大和往来 封印切
翫雀・扇雀・橋之助・彌十郎

9日
五世雀右衛門襲名披露口上
鎌倉三代記
雀右衛門・吉右衛門・東蔵・秀太郎・菊五郎

10日
時今也桔梗旗揚 饗応・馬盥・連歌
吉右衛門・宗十郎・東蔵・魁春・富十郎

2017年3月5日日曜日

【花形出番です】 父も名乗った亀蔵に愛着 歌舞伎俳優・坂東亀寿さん(1) 

いずれも決まり事の多い古典演目ですから、大事に演じたい。さらに夜の部の最後、「弥生の花浅草祭」という変化舞踊で、尾上松緑(おのえ・しょうろく)さんと4役早替わりで踊ります。踊りは大好きで、女形や毛振りで知られる獅子の精など、全く毛色の違う役を演じ分けるので、やりがいを感じます。若さで力任せに踊るとエンジンが切れ、年を取ると体力的に厳しいので、今が最も適した時期だと思います。(【花形出番です】父も名乗った亀蔵に愛着 歌舞伎俳優・坂東亀寿さん(38)(1)  - 産経ニュース)
 「弥生の花浅草祭」はとても楽しみです。イキの合った踊をご披露してくれるでしょう。

新橋演舞場『コメディ・トゥナイト!』開幕に向けて

愛之助の初めてのミュージカル挑戦は、演出の宮本をも驚かせ、「すごくいいです。とにかくまじめ。でも、歌舞伎で訓練されているから、声が出すぎてしまう。まず、マイクがあるということから始まりました」と、稽古の様子を話すと、愛之助も、「ずっとマイクをつけっぱなしで本格的な芝居をするのは初めて。自分の声量をどれくらい出したらいいのか、舞台に出るとつい…。もっと小さい声で、と言われたのは新鮮でした」と明かしました。(新橋演舞場『コメディ・トゥナイト!』開幕に向けて | 歌舞伎美人(かぶきびと))
歌舞伎役者に小さい声では酷かも!

彌十郎の弥生の言葉 2017年3月

坂東彌十郎 坂東新悟 公式サイト(■ 坂東彌十郎 坂東新悟 公式サイト)
今月は親子で歌舞伎座出演。三津五郎さんの三回忌追善、思い出すこといっぱいあるでしょう。

楽屋写真
   H29年2月歌舞伎座 彌十郎(■初代 坂東彌十郎 公式サイト(楽屋写真))
H29年2月松竹座 新悟

5日日テレ7:30~シューイチ 海老蔵出演

シューイチ 石原元都知事▽市川海老蔵▽満開河津桜▽中丸ギブ寸前最新エクササイズ 2017年3月5日(日)  7時30分~9時55分
市川海老蔵 成田屋に伝わる助六語る&人気ブログの秘密&最愛の妻真尾さん(シューイチ - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表])

2017年3月4日土曜日

歌舞伎座「三月大歌舞伎」初日開幕

1階ロビーに設けられた十世坂東三津五郎の祭壇(歌舞伎座「三月大歌舞伎」初日開幕 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
どんつく大勢の役者さんが出て賑やかに大和屋を偲んで踊っていることでしょう。

2017年3月3日金曜日

菊之助、楽屋でストレッチ

舞台前に約1時間、楽屋でストレッチをします。  女性を演じる時は、筋肉だけでなく、骨も柔らかくするイメージで行います。男性を演じる時は、顎や手首などの関節を拳でたたきます。骨格をはっきりさせて男らしさを出す効果があります。(家族旅行でリフレッシュ…尾上菊之助さん : 大手小町 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE))
両方演じるので準備も大変ですね。

<新かぶき彩時記>強い男の意外なソフトさ 「助六」の紙衣

強い男がつかの間見せる柔らかさ。そんな意外性でアピールするのが江戸一番のイケメン助六(すけろく)。そのキャラのユニークさは、力強い荒事の演技と、優美で柔らかな和事が混じっているところです。(東京新聞:<新かぶき彩時記>強い男の意外なソフトさ 「助六」の紙衣:伝統芸能(TOKYO Web))
黒・赤・紫と色彩美の究極です。荒事と和事の融合。歌舞伎美の世界を堪能しましょう。

18日から北京で歌舞伎公演 鴈治郎「大きな意味」

両国の文化の相互理解を目的とした「松竹大歌舞伎 北京公演」は十八日から二十日まで北京天橋芸術中心で。中国での本格的な歌舞伎公演は約十年ぶりで、演目は「義経千本桜 鳥居前」「封印切」「藤娘」と歌舞伎の代表作がそろう。芝翫は「中国は文化も芸術も最高に優れた国。自分を律して歌舞伎を演じたい」と抱負を述べた。(東京新聞:18日から北京で歌舞伎公演 鴈治郎「大きな意味」:伝統芸能(TOKYO Web))

父・三津五郎追善の舞 巳之助「気張らず明るく」

三回とも共演し、舞踊の得意だった父を「教えるのがうまい人だった」と振り返る。「力量に見合ったことを言い『俺はできるのに、何でお前はできないんだ』というタイプではない。語彙(ごい)が豊富で、言葉の選び方一つを取っても伝わるように教えてくれる。僕に限らず、人を教えることに出し惜しみしない貴重な人だったと思います」。(東京新聞:<歌舞伎>父・三津五郎追善の舞 巳之助「気張らず明るく」:伝統芸能(TOKYO Web))
恩恵を受けた人はいっぱいると思います。亀戸天神の賑わい、実際こんな感じだったのだなと自分も見物している錯覚になります。

《月イチ歌舞伎》2017年5月からのラインナップ発表

3月4日(土)から、5月から来年2月まで、毎月シネマ歌舞伎を公開する《月イチ歌舞伎》の前売り特別鑑賞券が発売されます。(《月イチ歌舞伎》2017年5月からのラインナップ発表 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
来年2月までのラインナップです。見逃したもの、もう一度見たいものなどチェックしてください。

日本舞踊協会新作公演(染五郎ブログ)

この作品は 水をテーマにしたもので、水の過去、現在、未来を おどりによって表現していきます 4人の演出作品で構成された摩訶不思議な世界です 僕は この物語のベースにある中村梅彌さん演出作品と 未来の脚本、演出、振付、さらに出演をします 僕の作品は 音楽を仙波清彦さんで 水の未来を描きますが、 出来上がった台本は 摩訶不思議過ぎ! リズムに合わせて肉体を動かす おどりの原点に帰り 思考回路を通さず、感覚で感じていただける作品を目指します!(日本舞踊協会|市川染五郎オフィシャルブログ そめいろ Powered by Ameba)
 摩訶不思議な世界、リズムに合わせて身体を動かす、染五郎さんお得意の分野です。
第1回 日本舞踊 未来座 =賽=(日本舞踊協会)
こちらで詳細ご確認下さい。

勘太郎くん長三郎くんへプレゼント(染五郎ブログ)

勘太郎君と長三郎くんへ プレゼント!(プレゼント|市川染五郎オフィシャルブログ そめいろ Powered by Ameba)
カワイイ!犬・猿・雉も書いてある。きっと喜ぶことでしょう。

2017年3月2日木曜日

歌舞伎座「三月大歌舞伎」幕見席のご案内

3月3日(金)に初日を迎える歌舞伎座「三月大歌舞伎」では、幕見席の料金と発売予定時間が以下のとおりになります(歌舞伎座「三月大歌舞伎」幕見席のご案内 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
助六は2000円。

5日BSTBS14:00~赤坂大歌舞伎がやって来る!勘九郎・七之助の挑戦

この4月、中村勘三郎がつくった赤坂大歌舞伎が始まる!5回目となる今回は、中村勘九郎・七之助たっての希望で、新作歌舞伎に挑戦することになった。 新進劇作家・蓬莱竜太に新作を依頼。それは赤坂大歌舞伎の新しい歴史の始まりだった。番組では、2008年に勘三郎の思いからはじまった赤坂大歌舞伎の軌跡をたどりながら、それを受け継ぐ勘九郎・七之助兄弟の挑戦の姿を追る!(赤坂大歌舞伎がやって来る!勘九郎・七之助の挑戦 - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表])

3日NHKEテレ23:00~にっぽんの芸能 舞踊「乗合船」

[Eテレ] 2017年3月3日(金) 午後11:00~午後11:55(55分)
平成28年9月歌舞伎座で収録した「宗家藤間流藤間会」から舞踊「乗合船」を放送する。次代を担う出演者たちの共演が見もの。出演は、太夫・中村鷹之資、才蔵・片岡千之助、大工・中村玉太郎、通人・松本金太郎、白酒売り・林ももこ、芸者・渡邊愛子、女船頭・河野菜緒。角兵衛に藤間善蔵(坂東亀三郎)が出演し長男・坂東侑汰の初お目見得も話題を集めた。(NHK 番組表 | にっぽんの芸能「舞踊“乗合船”~宗家藤間流藤間会から~」 | 平成28年9月歌舞伎座で収録した「宗家藤間流藤間会」からフレッシュな顔ぶれが魅力の舞踊「乗合船」を放送する。旬の和題みみよりは新作能「利休-江之浦」について。)
白酒売りは扇雀の娘さん、芸者は鷹之資の妹さん 、女船頭は松江の娘さん、そして亀三郎の長男侑太君が可愛い角兵衛獅子で花道から出てきます。

三月大歌舞伎 2017年3月 歌舞伎座 上演時間

歌舞伎十八番の内 助六由縁江戸桜 6:38-8:38(三月大歌舞伎 | 歌舞伎座 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
意外と早いです。

松也が映画『モアナと伝説の海』に声優出演

3月10日(金)に全国公開されるアニメーション映画『モアナと伝説の海』で、尾上松也が日本語吹替版のマウイ役を担当しています。(松也が映画『モアナと伝説の海』に声優出演 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

再放送情報「風林火山」 猿之助出演

戦国最強と謳(うた)われた武田騎馬軍団。 希代の名将・武田信玄を陰で支えた男がいた。隻眼の軍師・山本勘助である。 勘助に支えられた武田軍は天下取りの足掛かりを求め信濃へ侵攻する。やがて宿命のライバル・上杉謙信とあいまみえることになる。そして、戦国史上に残る川中島の決戦で武田・上杉両軍が激突する。 一介の浪人から武田家の軍師に上り詰める山本勘助と夢、野望、そして愛を描く本格戦国絵巻。(再放送情報「風林火山」 | 再放送情報 | NHKドラマ)
【初回放送】 2007年1月7日から
10年前ですね。猿之助テレビ出演で話題になりました。
2017年4月2日(日)より 全50回 毎週日曜日 正午から BSプレミアム

俳優祭チラシ(右近ツイート)

俳優祭の詳細が発表されましたね! 今回は、種之助氏と二人で描いた絵をデザインに起用していただきました!! http://www.actors.or.jp/haiyusai/index.html …(尾上右近さんのツイート: "俳優祭の詳細が発表されましたね! 今回は、種之助氏と二人で描いた絵をデザインに起用していただきました!! https://t.co/KuBWyt7jd3 https://t.co/WpbTrUa2JZ")
三社祭ですね。六十と三十八の文字がうまくはまっています。いかにも楽しそうで躍動感ありでグッドです。

織田信長(海老蔵ブログ)

今年の大河ドラマで織田信長役をつとめることに。(ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba)
信長を演るとのことです。写真は若き日の信長を連想します。

2017年3月1日水曜日

勘九郎、七之助が語る「名古屋平成中村座」

昼夜とも、舞台の背景を開けて名古屋城を見せる演出で幕になりますが、「前回より名古屋城がより見える席が増えます。地元の方もいつもと違う形で名古屋城が見られるのではないでしょうか。劇場の空間が開かれたときの感動を、劇空間として楽しんでいただけたらいいなと思います」と勘九郎。(勘九郎、七之助が語る「名古屋平成中村座」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

名古屋平成中村座 2017年6月 演目と配役

名古屋城本丸御殿公開プレイベント 名古屋平成中村座 平成29年6月1日(木)~26日(月)(名古屋平成中村座 | 平成中村座 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
扇雀が昼夜に活躍です。源九郎狐はビックリ!

4月号『演劇界』表紙 勘太郎・長三郎の桃太郎(演劇界ツイート)

3月4日発売の4月号『演劇界』表紙をお知らせいたします。 三代目中村勘太郎くん、二代目中村長三郎くんの『門出二人桃太郎』兄の桃太郎、弟の桃太郎です!(演劇界さんのツイート: "3月4日発売の4月号『演劇界』表紙をお知らせいたします。 三代目中村勘太郎くん、二代目中村長三郎くんの『門出二人桃太郎』兄の 桃太郎、弟の桃太郎です! https://t.co/iXyeN0kheW")

明治座 五月花形歌舞伎 チラシ更新

明治座公演一覧 | 明治座 公式サイト(明治座公演一覧 | 明治座 公式サイト)
愛之助・壱太郎他若手花形の出演、熱い舞台になりそうです。

今月の京蔵 2017年3月

今月は国立劇場「伊賀越道中双六」序幕和田行家屋敷の腰元沢野を勤めます。 さて、公演のご案内をさせて頂きます。
1、中村京蔵×スーパーパントマイム集団SOUKI2017新作公演「道成寺戀情絵巻―どうじょうじらぶすとうりい―」が8月18.19.20日、渋谷伝承ホールにて開催されます!詳細は追って告知させて頂きます。乞ご期待!(笑)
2、一昨年、魔女役で出演させて頂いた「NINAGAWAマクベス」が、蜷川幸雄追悼公演として、下記の日程で再演されます! 私は最初で最後の蜷川先生の舞台となりましたが、この度、再び魔女役で参加させて頂く喜びを噛みしめております。よろしくご高覧くださいますやう!  
香港公演 6月23日~25日  
さいたま芸術劇場 7月13日~29日
国内地方公演(鳥栖) 8月5日~6日  
英国公演 ロンドン 10月5日~8日/プリマス 10月13日~14日  
シンガポール公演 日時未定(中村京蔵公式ホームページ)

 さいたま芸術劇場の公演は日数がありますので是非お出掛けください。

玉三郎の今月のコメント 2017年3月

実はこれからイタリアのローマへ参りまして、ブルガリ本店と本社での写真撮影があります。その道中にフィレンツェやヴェネチアに寄りますが、その間は車移動ですのでアッシジや小さな町々を巡って写真撮影などを行ってまいります。(◇2017年3月 | 坂東玉三郎【公式サイト】)
イタリア旅行楽しそうです。ただの遊覧ではなく、いろいろ感じられたり吸収したり、来月のコメントが楽しみです。

池袋コミュニティ・カレッジ 第17回 鈴木治彦の「おもしろ・ザ・歌舞伎」スペシャルのお知らせ

第17回 鈴木治彦の「おもしろ・ザ・歌舞伎」スペシャル(池袋コミュニティ・カレッジ | セブンカルチャーネットワーク)
開催日  4/5
講師   新派役者 喜多村緑郎・河合雪之丞  歌舞伎コメンテーター 鈴木 治彦
備考 ※開場18:45予定。受講番号順にご入場いただきます。(会場内自由席) ※会場:西武池袋本店別館8階 池袋コミュニティ・カレッジ 体験・見学 お問い合わせ 03-5949-5481


梅ごよみの半次郎(萬太郎ブログ)

このお役には二通りのアプローチを考えまして、一つは伊勢音頭の万次郎のような頼りない坊ちゃんでいくのか、しっかり者の武士でいくのか。  向き不向きもあるですが、個人的には左文太を討っているということを考慮して今回は後者のやり方でつとめてみました。(萬太郎日記『第二幕』 千葉の半次郎)
お役の工夫などお客様の反応で考えられたようです。

2017年2月28日火曜日

松竹大歌舞伎 東コース 巡業  平成29年6月30日(金)~7月31日(月)演目と配役

平成29年度 (公社)全国公立文化施設協会主催 東コース 松竹大歌舞伎
中村橋之助改め 八代目中村芝翫襲名披露 中村国生改め 四代目中村橋之助襲名披露 中村宗生改め 三代目中村福之助襲名披露(松竹大歌舞伎 東コース | 巡業 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
開演時間欄にある記号は、『熊谷陣屋』堤軍次役の配役。○=中村橋之助出演/◇=中村福之助出演
ご確認の上、お申込み下さい。

松竹大歌舞伎 中央コース 巡業   平成29年6月30日(金)~7月30日(日)演目と配役

平成29年度 (公社)全国公立文化施設協会主催 中央コース 松竹大歌舞伎
中村芝雀改め 五代目 中村雀右衛門襲名披露
チケットWeb松竹で「販売あり」と空欄箇所のお取扱いについては、決まり次第お知らせします。(松竹大歌舞伎 中央コース | 巡業 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
公演日程詳細が掲載されています。

2017年2月27日月曜日

国立劇場 3月歌舞伎公演特設サイトを公開

3月歌舞伎公演特設サイトを公開しました。(国立劇場開場50周年記念3月歌舞伎公演特設サイト|国立劇場)
気合入っています。

笑也出演「氷艶 hyoen2017」上演記念「『破沙羅』女方への変身」のお知らせ

後半は、笑也が美しい女方へ変身していくまでの過程をじっくりお見せします。まず、化粧する様子を直接ご覧いただいてから、博多座「二月花形歌舞伎」で実際に着用した衣裳を着けていきます。素顔の笑也が美しい屋敷娘に“変身”する姿を余すことなくお楽しみください。最後には、その姿のまま笑也が女方の所作を解説します。(笑也出演「氷艶 hyoen2017」上演記念「『破沙羅』女方への変身」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
■日時 2017年3月25日(土) 15:30/18:30開演(各回30分前開場) ※約1時間30分を予定 ※当日、歌舞伎座ギャラリーは14:00閉館(13:30最終入場)となります。 ※18:30開演の回は、海外のお客様にもお楽しみいただくため、英語での解説がつきます。ご了承ください。
■場所 歌舞伎座ギャラリー (GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)
■入場料 全席指定:4,000円(税込)

 2017年3月4日(土)10:00発売

米八命(染五郎ブログ)

梅ごよみ で登場する 米八命 いれぼくろ 右腕に書かれたものですが もちろん本当に入れているわけではありません 支度の時に書くのですが 自分では書けません 付き人さんに書いてもらっていたのですが ある日、そうだこれはやっぱり 米八 に書いてもらわないといけない! とある日から書いてもらいました 勘九郎くん扮する米八自身にしてもらう入れぼくろ でもなのか、だからこそなのか 舞台の上では常に、怒られちゃって・・・ 楽しかったー でも怒られるのが好きなわけではないですよ(米八命|市川染五郎オフィシャルブログ そめいろ Powered by Ameba)
何かほのぼのとするお話です。梅ごよみ、染五郎さんお気に入りでいろいろアイディアが浮かんだようです。

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 27日~3月3日

27日
幻想神空海
染五郎・松也・又五郎・彌十郎・雀右衛門・歌六・幸四郎

28日
毛抜
巳之助・新悟・隼人・米吉・錦之助
沓手鳥孤城落月
7世芝翫・福助・橋之助・東蔵・秀太郎・田之助・富十郎

1日
関三奴
鴈治郎・勘九郎・松緑
義経千本桜 川連法眼館の場
松也・隼人・巳之助・新悟

2日
嫗山姥~岩倉大納言兼冬公館の場
扇雀・巳之助・新悟・芝翫
吉例寿曽我
芝翫。松緑・勘九郎・梅枝・扇雀・鴈治郎・友右衛門

3日
京鹿子娘道成寺
三津五郎・秀調・巳之助
熊野
玉三郎・仁左衛門


2017年2月26日日曜日

千穐楽(門之助ブログ)

「男の花道」  「艶姿澤瀉祭」  「雪之丞変化」  と、とても楽しく華やかな   出し物だったので出演者は皆、楽しんで勤めることができました(千穐楽|市川門之助オフィシャルブログ「Days of Monnosuke」Powered by Ameba)
千穐楽おめでとうございます。當祝も出て最高ですね。

朗報!金丸座に椅子席新設!

PowerPoint プレゼンテーション(PowerPoint プレゼンテーション)
東西桟敷席に前列は座椅子、後ろは椅子席を今年より実施されるそうです。升席は足が辛いのでうれしいですね。正座が無理の方には朗報です。

揚巻の打掛け

Outlook for Android から取得
雀右衛門さん襲名の折、松屋で開催された展示に飾ってあった打掛けです。多分これではないかと・・・間違っていたらゴメンナサイ。

ようこそ歌舞伎へ 雀右衛門の揚巻

幕切れに揚巻がたっぷり見せる裲襠(うちかけ)の絵は、揚巻の俳優が日本画家に依頼される場合がほとんどです。今回はどうなさいますか。  父になぞってさせていただくので、父が片岡球子先生に描いていただいた掛け(裲襠)を用います。(ようこそ歌舞伎へ「中村雀右衛門」 3/4 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
ロビーに飾ってあって、出る前に楽屋へ持っていくのでしょうね。

2017年2月25日土曜日

歌舞伎・梅ごよみ(染五郎ブログ)

梅ごよみ この世界の楽しみ方が、とても心地良く フワッとなってきました フワッと? うーむ そんな気分です(歌舞伎・梅ごよみ|市川染五郎オフィシャルブログ そめいろ Powered by Ameba)
丹次郎さん、とてもお似合いです。そうフワッとした感じが良いです。再演希望です。

お祭by米吉

始まってしまうと、あちらこちらで早拵え。 楽屋の中を走り回る衣装さんに床山さん。 セリも上がったり下がったりと舞台も大忙し。   本当に題の通り裏も表もお祭り騒ぎな作品です(笑)(歌舞伎役者 中村歌六 米吉 龍之助|オフィシャルサイト | お祭)
皆さん早拵えでホントお祭りさわぎの舞台裏。米吉さんの白無垢綿帽子の姿ステキ!いつか鷺娘見たいですね。

こんぴら歌舞伎出演 手放しで「うれしい」

春の風物詩として知られる公演に、十五年ぶりの出演を果たす仁左衛門は「大好きな金丸座に出られて、こんなにうれしいことはない」と手放しで喜ぶ。観客と舞台との一体感が、芝居しやすい雰囲気を生むといい、今回は「お祭り」と「身替座禅(みがわりざぜん)」を披露する。(東京新聞:<歌舞伎>こんぴら歌舞伎出演 手放しで「うれしい」:伝統芸能(TOKYO Web))

2017年2月24日金曜日

吉右衛門 伊賀越の「岡崎」再び

中村吉右衛門らによる「伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)」が3月4~27日、東京・国立劇場の開場50周年記念公演の締めくくりとして上演される。2014年12月の公演では、戦後2回しか上演されていなかった「岡崎」の場を復活させて人気を集めた。好評だったため、異例の早さでの再演となる。(東京新聞:吉右衛門 伊賀越の「岡崎」再び 来月4日から国立劇場:伝統芸能(TOKYO Web))
今回は八十六年ぶりに「円覚寺」の場面も復活です。

歌舞伎座ギャラリー「歌舞伎夜話アンコール」3月と「特別映像」のスケジュール決定

歌舞伎座ギャラリー 「歌舞伎夜話アンコール」3月 特別映像3月『梅王丸ができるまで~梅王帯曳愛~』(歌舞伎座ギャラリー「歌舞伎夜話アンコール」3月と「特別映像」のスケジュール決定 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
壱太郎と新悟です。

海老蔵が『助六由縁江戸桜』上演で築地の魚河岸会へ

今回も意休は左團次が演じ、1月に襲名したばかりの右團次が口上を述べます。「左團次、右團次そろい踏み。市川家にとっては、九代目の門弟として別格の名跡が一つの舞台に上がるのは、とてもありがたいし、めでたい」。魚河岸会をはじめとする多くの人に支えられ、二代にわたる雀右衛門との共演などさまざまな縁に思いを寄せて、この3月、海老蔵の助六が歌舞伎座の花道へと踏み出します。(海老蔵が『助六由縁江戸桜』上演で築地の魚河岸会へ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
助六といえば出端が命、初演から8回目とか成長ぶりが楽しみです。

2017年2月23日木曜日

知盛を潔く、初役の気持ちで再び 片岡仁左衛門

知盛は今回で4回目だが、「再演を掘り下げると新しいものになる」と言う。「完成という言葉は歌舞伎にはない。手に入ったと思ったらダメ。止まるね、芸が。再演でも初役の気持ちでいかないと」と気を引き締めた。(知盛を潔く、初役の気持ちで再び 片岡仁左衛門、三月大歌舞伎で:朝日新聞デジタル)
お役を追求し研究される仁左衛門さんの知盛楽しみです。

第24回読売演劇大賞 男優賞受賞

男優賞 ・市川猿之助 「義経千本桜」(お知らせ詳細:会社案内サイト「読売新聞へようこそ」)
第24回読売演劇大賞 男優賞受賞(第24回読売演劇大賞 男優賞受賞 : 最新情報 : 市川猿之助公式サイト)
去年6月の歌舞伎座での典侍の局・お里・狐忠信の三役に対してでしょうか。

第38回 俳優祭 前売り開始

「第38回俳優祭」の前売開始が決定しました(トピックス|歌舞伎 on the web)
日本俳優協会再建設立60周年記念  第38回 俳優祭 
■日 時 平成29年3月28日(火) 昼の部 12時開演 / 夜の部 5時開演                            
■会 場 歌舞伎座
■入場料(税込)   1・2階席 20,000円 3階A席6,500円  3階B席   4,500円 4階指定席3,500円 1階桟敷席 23,000円 
前売開始 3月7日(火) 10:00~ ※お一人様、一操作・一通話につき合計4枚まで。  
●電話予約  チケットホン松竹 俳優祭専用ナビダイヤル  0570-07-8822 (10:00~18:00)  ※上記以外の番号では当公演のチケットはご購入いただけません。          
●Web予約  チケットWeb松竹 (24時間・発売初日は10:00~)
■窓口販売 3月9日(木)10:00~ ※窓口販売用別枠でのお取り置きはございません。

父の祥月命日(雀右衛門がブログ)

今日は父の祥月命日ですので青山のお墓へ お参りしまして楽屋入りをいたしました(祥月命日|五代目中村雀右衛門オフィシャルブログ Powered by Ameba)
大正09(1920)年08月20日 ~ 平成24(2012)年02月23日
2008年、米寿のお祝いの頃(撮影・八木沼卓氏)(中村雀右衛門公式ホームページ)
お写真をみるとまだ東京タワーの見えるマンションに居られるような気がします。

鷹之資、玉太郎、梅丸『続・新説西遊記』出演のお知らせ

“KAAT 次世代への古典芸能プロジェクト”として始まった若手舞踊公演も3年目を迎え、今回は昨年の『新説西遊記』の続編を創作して上演します。鷹之資の猪八戒、玉太郎の沙悟浄、梅丸の孫悟空が、1年ぶりにKAATの舞台に帰ってきます。作・演出・振付・出演も同じく藤間勘十郎で、3人の成長ぶりが物語にどのように反映されるのか、楽しみな舞台です。(鷹之資、玉太郎、梅丸『続・新説西遊記』出演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
■日時 2017年3月23日(木)~26日(日) 13:00開演(12:30開場)
■場所 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ 神奈川県横浜市中区山下町281 電話:045-633-6500(10:00~19:00)
■チケット 全席自由:4,500円(税込)

昨年拝見しましたがとても面白かったです。鷹之資・玉太郎・梅丸トリオが実力発揮してくれるでしょう。今年も見に行きます。

2017年2月22日水曜日

五月花形歌舞伎 2017年5月 大阪松竹座 演目と配役

 大阪松竹座新築開場二十周年記念 五月花形歌舞伎(五月花形歌舞伎 | 大阪松竹座 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
中村屋と澤瀉屋の競演。

「第38回俳優祭」のお知らせ

3月28日(火)、歌舞伎座で「第38回俳優祭」が開催されます。(「第38回俳優祭」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
■チケット 1・2階席:20,000円 3階A席:6,500円 3階B席:4,500円 4階指定席:3,500円 1階桟敷席:23,000円 ※料金はすべて税込

2017年3月7日(火)10:00発売 
※お1人様、一操作・一通話につき合計4枚までお申込み可 ・チケットホン松竹 俳優祭専用ナビダイヤル 0570-07-8822(10:00~18:00) チケットWeb松竹、チケットWeb松竹スマートフォンサイト(24時間。発売初日は10:00~) ※上記以外の電話番号、ウェブサイトでは当公演のチケットはご購入いただけません。
・窓口販売は3月9日(木)10:00~。窓口販売用別枠でのお取置きはございません。

2017年2月21日火曜日

十代目三津五郎さんの命日(彌十郎ブログ)

そして今日二月二十一日は 寿兄ちゃん事 十代目三津五郎さんの命日 御線香をあげに行ってきました。
冬雲の流れも早き三回忌      酔寿(丸二年|坂東彌十郎オフィシャルブログ Powered by Ameba)
もう2年経つのですね。まぶたを閉じれば軽快な舞姿が浮かびます。
酔寿さんの句、とても良いですね。

六本木歌舞伎「座頭市」名古屋・大阪公演決定!!

本日、東京公演の千秋楽を迎える、市川海老蔵 寺島しのぶ主演六本木歌舞伎「座頭市」が、 8月に名古屋・大阪での公演が決定した。(六本木歌舞伎「座頭市」名古屋・大阪公演決定!! (プレスリリース) - エキサイトニュース)
六本木歌舞伎 『座頭市』 脚本:リリー・フランキー  演出:三池崇史
出演:市川海老蔵、寺島しのぶ 他

【名古屋公演】 日程:2017年8月2日(水)~7日(月) 会場:中日劇場 お問合せ:中日劇場 TEL:052-263-7171
【大阪公演】                            日程:2017年8月10日(木)~13日(日) 会場:フェスティバルホール 

お問合せ:キョードーインフォメーション TEL:0570-200-888 主催:中日劇場(名古屋公演)/サンライズプロモーション大阪(大阪公演) 協力:全栄企画株式会社/株式会社ちあふる 製作:松竹株式会社 http://www.excite.co.jp/News/release/20170220/Prtimes_2017-02-20-12870-41.html

早くも再演決定です。

7月「坂東玉三郎特別舞踊公演」パトリア日田公演のお知らせ

7月1日(土)・2日(日)、大分県日田市のパトリア日田で、開館10周年記念「坂東玉三郎特別舞踊公演」の開催が発表され、玉三郎が公演に向けての思いを語りました。(7月「坂東玉三郎特別舞踊公演」パトリア日田公演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

2017年2月20日月曜日

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 20日~24日

20日
鷺娘
玉三郎
本朝廿四孝 十種香
歌右衛門・梅幸・13世仁左衛門・延若・梅玉・7世芝翫
1983年1月 歌舞伎座

21日
楼門五三桐
吉右衛門・菊五郎
彦山権現誓助劒 杉坂墓所・毛谷村
仁左衛門・孝太郎・彌十郎・歌六・東蔵

22日
元禄忠臣蔵 大石最後の一日
幸四郎・福助・染五郎・歌六・東蔵
伊達娘恋緋鹿子 櫓のお七
七之助

23日
寿梅鉢萬歳
藤十郎
白浪五人男 前編
勘三郎・三津五郎・錦之助・七之助・福助・仁左衛門

24日
白浪五人男 後編
勘三郎・三津五郎・錦之助・七之助・福助・仁左衛門



2017年2月18日土曜日

雪乃by米吉

今月昼の部『男の花道』では 雪乃 を勤めております。(歌舞伎役者 中村歌六 米吉 龍之助|オフィシャルサイト | ファン)
姉とともにしょっちゅう芝居見物に中村座へお出掛けするこの子。 いってしまえばただのファン(笑) 舞台滞在時間は短いのですが、女っ気のない芝居なので、華やかに、武家の娘らしくきっちりと勤めて行きたいなと思っております。
夜の部の姉御とはうってかわって、なんと美しい娘ぶりでしょう。

19日BSジャパン16:24~16:30坂東玉三郎×鼓童 特別公演

坂東玉三郎×鼓童 特別公演『幽玄』 新たな伝説がここにーー。 2017年2月19日(日)  16時24分~16時30分(坂東玉三郎×鼓童 特別公演 - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表])

藤山直美さん:初期の乳がん 治療のために公演を中止

「おもろい女」は、3月に名古屋・中日劇場、4月に大阪・新歌舞伎座で上演予定だった。藤山さんは「ご覧いただけないことが、何よりも心苦しい。お医者さまの方針に従って治療に専念する」とコメントしている。(藤山直美さん:初期の乳がん 治療のために公演を中止|ニフティニュース)
初期ということですので治療に専念され、お元気になられたら復帰なさることでしょう。

2017年2月17日金曜日

中村福之助ブログ開設

こんにちわ。中村福之助です。 この度、ブログを開設いたしましました。(初めまして。福之助です。|中村福之助オフィシャルブログ Powered by Ameba)
兄弟で更新すると、被るかもね。

彌十郎さんの俳号(彌十郎ブログ)

酔寿(スイス)の俳号にかけても(昨夜のかいぶつ|坂東彌十郎オフィシャルブログ Powered by Ameba)
いかにもやじゅさんらしい俳号ですね。いいねいいね。

『KABUKI LION 獅子王』、超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』がクールジャパン・マッチングアワード・グランプリ受賞

表彰式では出演者として、『獅子王』の染五郎と、『超歌舞伎』の獅童が、受賞の喜びと感謝をVTRコメントで寄せました。染五郎は、「ラスベガスで初めて歌舞伎をご覧になる方も楽しめるように、歌舞伎の得意技、面白さを随所に盛り込んだ作品でした。最新技術により新しい歌舞伎が誕生したことを、世界にアピールできたのではないかと思っております。歌舞伎は常に時代の最新技術をとり入れ、進化してまいりましたが、今後も新たな開発、発明された技術と歌舞伎が融合し、新しい歌舞伎の歴史つくられていくことを心から楽しみにしています」と述べました。(『KABUKI LION 獅子王』、超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』がクールジャパン・マッチングアワード・グランプリ受賞 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

<新かぶき彩時記>江戸の市井 リアルに 「四千両」のおでん

呼び声は「おでんやおでん」と「おでん燗酒(かんざけ)」の二種のやり方があり、菊五郎はさみしい響きが良いと前者を採用。味噌の味をほめられた富蔵の台詞(せりふ)「永代の乳熊まで、わざわざ俺が買いに行くのだ」の乳熊は、現在もある「ちくま味噌」。実在の店を台詞にとりこんで芝居にリアルさを出す工夫です。藤十郎の失言を、富蔵が呼び声でごまかす呼吸にも注目です。(東京新聞:<新かぶき彩時記>江戸の市井 リアルに 「四千両」のおでん:伝統芸能(TOKYO Web))
今で言う取材聞き書きで牢内の様子を克明に再現したのが受けたようです。知らない世界の牢内の場も面白いですが、序幕のおでんやおでん、甘いと辛いの場は江戸へタイムスリップしたみたいで楽しいです。

矢内賢二の劇評 2017年2月 歌舞伎座

歌舞伎座の猿若祭は昼の部の「四千両小判梅葉(しせんりょうこばんのうめのは)」が充実。尾上菊五郎が演じる富蔵の、藤十郎を値踏みするようにちらりと光る目の鋭さ、家来筋の分を守りながらも終始藤十郎を圧倒する胆(きも)の太さ。自然でいながら芝居ならではのおもしろさが伝わってくる。中村梅玉の藤十郎も輪郭が鮮明で舞台が大きい。熊谷土手の場は菊五郎と中村時蔵の女房おさよ、中村東蔵の六兵衛が家族の別れをうまく描く。市川団蔵の生馬の眼八が邪険でいい。大牢の場は、市川左団次の牢名主(ろうなぬし)をはじめ、隅々に至るまで気がそろい、アンサンブルの良さが最大限に発揮される。(東京新聞:<評>歌舞伎座・猿若祭 充実の菊五郎、梅玉 :伝統芸能(TOKYO Web))
黙阿弥の江戸への郷愁が感じられます。

倉田喜弘の文楽評 2017年2月 国立小劇場

封印切(ふういんきり)の段は過去の名人たちが苦心した場だけに、太夫も三味線も研究を深めてほしい。人形では、豊松清十郎が情感豊かな梅川を演じる。絶品。封印を切る忠兵衛(玉男の役)は気迫十分。道行は雪の降る大和路。哀愁の漂う中、静かに幕が下りる。(東京新聞:<評>国立劇場「近松名作集」  絶品の清十郎・梅川:伝統芸能(TOKYO Web))

千之助「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

■日時 2017年3月10日(金)18:30開演(18:15開場) ※約1時間30分を予定    
■場所 歌舞伎座ギャラリー (GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)     ■入場料 全席指定:3,000円(税込)  
2017年3月3日(金)10:00発売(千之助「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
千之助君のほうがドキドキかな?

2017年2月16日木曜日

平成29年4月文楽公演プレイベント『六代豊竹呂太夫襲名前夜祭』

4月文楽公演(8日初日)で豊竹英太夫が六代豊竹呂太夫を襲名することになりました。初日の前日にあたります7日に「襲名前夜祭」と題し、落語家・桂南光をゲストに招き、豊竹呂太夫とのトークショーを開催致します。
日時 平成29年4月7日(金)午後6時30分~午後7時30分(予定)
場所 国立文楽劇場2階 文楽劇場
出演 豊竹 英太夫 改め 六代豊竹 呂太夫、桂 南光 司会進行役 亀岡 典子(産経新聞社文化部編集委員)
入場料 無料(平成29年4月文楽公演プレイベント『六代豊竹呂太夫襲名前夜祭』 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
申込は往復はがきで、詳細はサイト参照のこと。

「歌舞伎座ギャラリー演奏会 別会」玉太郎、團子、梅丸出演のお知らせ

2017年3月14日(火)、歌舞伎座タワー5階の歌舞伎座ギャラリーで、「歌舞伎座ギャラリー演奏会 別会」が開かれます。この演奏会に囃子として、中村玉太郎、市川團子、中村梅丸が出演します。(「歌舞伎座ギャラリー演奏会 別会」玉太郎、團子、梅丸出演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
ご挨拶 田中傳左衛門(田中流家元)
演目 長唄『雨の五郎』
演奏  長唄  尾上菊五郎劇団音楽部 囃子
中村玉太郎 市川團子 中村梅丸 田中傳左衛門 田中傳次郎 亀井忠昭   田中傳左衛門社中  ■日時 2017年3月14日(火)16:00開演 ※約30分の予定 ※当日、歌舞伎座ギャラリーは14:30閉館(14:00最終入場)となります。
■場所 歌舞伎座ギャラリー (歌舞伎座タワー5階)
■入場料 全席指定:2,500円(税込)
 2017年3月7日(火)10:00発売 チケットWeb松竹、チケットWeb松竹スマートフォンサイト

天野道映の劇評 2017年2月 歌舞伎座

夜「梅ごよみ」の深川芸者仇吉(あだきち)(菊之助)は勝ち気で奇麗で声が涼しい。揺れる屋形船の上にすらりと立つ身のこなしは、光の中に水玉を散らすようだ。朋輩(ほうばい)の米八(勘九郎)の恋人丹次郎(染五郎)を奪い、毒づかれてもびくともしない。((評・舞台)歌舞伎座「猿若祭二月大歌舞伎」 胸すく菊之助のタンカ:朝日新聞デジタル)
江戸っ子それも深川芸者、深川のお姉さんはこんなだったんだなあーと思わせる菊之助の仇吉です。

畑律江の劇評 2017年2月 大阪松竹座

俳優が皆若く、さすがに人物の凄(すご)みや深い陰影の表現には届かない部分があるが、逆にその若さが、戦で滅ぶ盛りの命の痛ましさを印象づけた感がある。源義経(坂東新悟)は、はかなさを秘めた貴公子ぶりで好演。弁慶(中村歌昇)が終幕で吹く法螺(ほら)貝の音で、この悲劇の幕が下りる。(舞台評:二月花形歌舞伎 若さが見せた命の痛ましさ - 毎日新聞)
若手故に表現できる部分もあります。

2017年2月15日水曜日

カルチャー講座第14期「もっと楽しむ歌舞伎」開講のお知らせ

歌舞伎座の3月の『明君行状記』、4月の『醍醐の花見』など、歌舞伎の新作、復活物の脚本、補綴を行っている今井豊茂氏が、毎月の歌舞伎座上演演目に合わせ、つくり手だからこそ明かせる話を披露します。数日でキャンセル待ちになる大人気の講座です。お申し込みはお早めに!(講座番号A02)。
女性ならではの視点で歌舞伎鑑賞の楽しみが広がる、初心者にもわかりやすい講座です。今期は『傾城反魂香』『盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)』『刺青奇偶(いれずみちょうはん)』をとり上げ、登場人物たちに深く迫っていきます。講師は仲野マリ氏。(講座番号A03)。(カルチャー講座第14期「もっと楽しむ歌舞伎」開講のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
A02 A03二通りあります。

五月文楽 配役発表 2017年5月

平成29年5月文楽公演 【東京・国立劇場】  配役表(2905bunraku_haiyaku.pdf)

本日は二月猿若祭中日

超豪華なお弁当 美味しくいただきました(^_^) そしてヤジュじいが着替え中に背後から 大きな声で おはようございます! お願い致します!って あ〜〜びっくりした〜〜‼️ って言ったら二人共大喜び(^_^)(何からお話ししましょう|坂東彌十郎オフィシャルブログ Powered by Ameba)
なんとも微笑ましいこと。二人揃ってご挨拶でヤジュじい嬉しいことでしょう。

2017年2月14日火曜日

壱太郎「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

そんな壱太郎が出演する今回の歌舞伎夜話。歌舞伎の未来を担う同世代の舞台で何を思ったか。そして、舞台にかける熱い思い。人気アニメ映画の振付秘話についても聞くことができるかもしれません。(壱太郎「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
■日時 2017年3月8日(水)18:30開演(18:15開場) ※約1時間30分を予定
■場所 歌舞伎座ギャラリー (GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)
■入場料 全席指定:3,000円(税込)

 2017年2月28日(火)10:00発売

両陛下、国立劇場で文楽公演を鑑賞

この日、天皇陛下はスーツ姿、皇后さまは着物姿で出席。太夫の語りと三味線に、人形遣いの息のあった舞台を堪能した両陛下は、大きな拍手を送っていた。鑑賞後は、出演した人形遣いの人間国宝・吉田簑助さんらと懇談した。(両陛下、国立劇場で文楽公演を鑑賞:朝日新聞デジタル)
小劇場だとどこがロイヤルボックスになるのかな?

文楽評 2017年2月 国立小劇場 (田草川みずき)

道行(みちゆき)は二系統あるうち、改作の上演なのが残念。「近松」を銘打つ公演なら、原作版でありたい。また、演者の工夫に助けられているものの、昨年も出た人気曲「曽根崎心中」より、十数年以上演じられていない近松物も見たかった。そうした上演にこそ、「国立劇場」としての、本来の意義と責任があろう。((評・舞台)国立劇場2月文楽公演「近松名作集」 「冥途の飛脚」が醸す奥深さ:朝日新聞デジタル)
人気のものだと集客率が良いのでしょうか。やはり、あまり上演してないのを取り上げたほうがうれしいと思いますがね。

大阪松竹座「二月花形歌舞伎」舞台映像ダイジェスト版を公開

大阪松竹座「二月花形歌舞伎」の舞台映像ダイジェスト版が公開されました。(大阪松竹座「二月花形歌舞伎」舞台映像ダイジェスト版を公開 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
ほんの少しですが、中でも連獅子が迫力伝わってきます。

『愛之助日和』サイン本プレゼント、発売イベントのお知らせ


1年近くにわたる語り下ろしで、歌舞伎をはじめ、数々の舞台や映像の仕事について、愛之助自身の言葉でつづっており、これまで明かしたことのない本音ものぞきます。帯には出演作『酒と涙とジキルとハイド』を書き下ろした三谷幸喜氏からの「あきれるほどにひたむきで、清く正しい変わり者」とのひと言が贈られています。    本書を歌舞伎美人読者3名様にサイン入りでプレゼント。下記をご覧のうえ、ご応募ください。また、19日(日)の刊行記念イベント「サイン本お渡し会」では、お買い上げのお客様先着100名様に愛之助から直接、サイン本をお渡しします。こちらへもどうぞ足をお運びください。(『愛之助日和』サイン本プレゼント、発売イベントのお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
『愛之助日和』 「サイン本お渡し会」
日時 2017年2月19日(日)11:00開始
場所 STORY STORY 併設カフェ 東京都新宿区西新宿1-1-3 小田急百貨店新宿店 10階
参加方法  下記、STORY STORYでご購入お申し込みの方、先着100名様に参加整理券をお渡しします。電話、または店頭レジでお申込みください。

2017年2月13日月曜日

海老蔵と息ぴったり 寺島しのぶ“歌舞伎女優誕生”の瞬間

寺島は早変わりの2役など、歌舞伎独特の演技パターンを自然にこなす。コクーン歌舞伎や猿之助の公演などに歌舞伎以外の俳優が出ることがあるが、そこで感じる「よそ者感」がまるでない。歌舞伎が自分のものとなっている。これだけの女優を歌舞伎が使わないのはもったいない。少なくとも、この「六本木歌舞伎」には毎回出てほしいものだ。
気になったのは、ポスターにもプログラムにも「原作・子母澤寛」と明記されていないこと。たしかに今作のストーリーはオリジナルだが、座頭市のキャラクターを生み出したのは子母澤寛なのだから、権利うんぬん以前に敬意を表す意味でも明記すべきだ。 (作家・中川右介)(海老蔵と息ぴったり 寺島しのぶ“歌舞伎女優誕生”の瞬間 (日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース)
原作者の名が明記していないのは問題ですね。

歌舞伎座にて「初午祭」開催

昼の部は『大商蛭子島』の後、夜の部では『絵本太功記』の後の幕間で、歌舞伎稲荷神社にご参拝いただいたお客様へ、お神酒と紅白のお餅入りの温かいお汁粉が振る舞われました。(歌舞伎座にて「初午祭」開催 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
お稲荷さんの前、大賑わいですね。

團菊祭五月大歌舞伎 2017年5月 歌舞伎座 演目と配役

團菊祭五月大歌舞伎(團菊祭五月大歌舞伎 | 歌舞伎座 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
5月の歌舞伎座も面白そうです。

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 13日~17日

13日
仮名手本忠臣蔵 五段目・六段目
亀治郎・獅童・福助・亀三郎・竹三郎

14日
伽羅先代萩 花水橋・竹の間
橋之助・玉三郎・仁左衛門・福助・染五郎・孝太郎
伊達娘恋緋鹿子
七之助

15日
伽羅先代萩 御殿・床下
玉三郎。福助・孝太郎・歌六・仁左衛門・吉右衛門・三津五郎
楼門五三桐
吉右衛門・菊五郎・歌六・又五郎

16日
伽羅先代萩 対決・刃傷
仁左衛門・歌六・染五郎・吉右衛門
車引
勘九郎・獅童・猿之助・男女蔵

17日
寿梅鉢萬歳
藤十郎
近頃河原の達引 お俊伝兵衛
我當・秀太郎・藤十郎・團蔵

2017年2月12日日曜日

初午祭(彌十郎ブログ)

今日は初午祭 歌舞伎座からお弁当が出ました。 そして東京大神宮様の 絵馬を描かせていただきました。(初午|坂東彌十郎オフィシャルブログ Powered by Ameba)
お弁当と絵馬が配られるのですね。ニワトリの絵です。

渡辺亮一の劇評 2017年2月 博多座

緩急自在に演じ分け、舞踊の名手でもある猿之助の手堅さは言うまでもないが、周囲もいい。市川猿弥は歌舞伎役者、中村菊之丞役。昨年11月の博多座花形歌舞伎「石川五右衛門」では道化の側面が強かったが、今回は一転、重厚な味わい。中村米吉演じる軽業のお初が漂わす色気、切なさはヒロイン役(中村梅丸の浪路(なみじ))に負けないほどだ。(花形歌舞伎:「男の花道」「雪之丞変化」 これぞ、ザ・猿之助 博多座2月 - 毎日新聞)
猿之助はもちろんのこと猿弥、米吉などの評価も高いです。

石井啓夫の劇評 2017年2月 歌舞伎座

江戸城の御金蔵(ごきんぞう)破りを企てる元中間(ちゅうげん)・富蔵(尾上菊五郎)と旧主の息子・藤十郎(梅玉)の芝居の濃淡。主従の境界をふわふわさまようやりとりが絶品だ。富蔵の下手の裏の貫禄、藤十郎の武士の面目を保ちながらの小心ぶり。大見物が、「伝馬町西大牢の場」。間口いっぱいに設置された牢内に30人を超える囚人ひしめく様子の迫力。牢名主で市川左團次。(【鑑賞眼】「四千両」断然の面白さ 歌舞伎座「猿若祭二月大歌舞伎」(1/2ページ) - 産経ニュース)
石井氏も「四千両」が断然面白いと絶賛です。

2017年2月11日土曜日

初公開 犬隈(染五郎ブログ)

高麗屋三代で 中村屋三代の初舞台の生き証人になれる、 すこぶる稀なことなので何かそれにちなんだ顔ができないかとお弟子さん、錦一さんと考えていました さて、これを描いてみようかと(初公開 犬隈|市川染五郎オフィシャルブログ そめいろ Powered by Ameba)
成る程「三・代」考えましたね。

寺島しのぶ「座頭市」に紅一点 歌舞伎の歴史に残る

寺島は早変わりに挑んだり、海老蔵とのぬれ場をたっぷり演じたり、歌舞伎の役者に成りきっている。かつて18代目中村勘三郎は歌舞伎の舞台に、笹野高史ら歌舞伎以外の俳優を出演させて話題を呼んだことがある。寺島の出演は、歌舞伎の長い歴史で節目となる出来事になるかもしれない。【林尚之】(寺島しのぶ「座頭市」に紅一点 歌舞伎の歴史に残る - 舞台雑話 - 芸能コラム : 日刊スポーツ)
歌舞伎女優誕生かも!

上村以和於の劇評 2017年2月 如月だより

序幕の「四谷見附」が黙阿弥的リアリズムとして『入谷畦道』の「蕎麦屋」と並んで双璧だと思う。ここの菊五郎の富蔵が流石である。もうこれだけの富蔵は、いま既にこの人だけ、今後もう出ないだろう。(演劇評論家 上村以和於公式サイト)
今月は春らしい幕開きで、桃太郎人気もあり賑やかで楽しい舞台です。いつも狂言立てがしっくりいかないのですが、今月はあまり上演されないのに面白い演目が見られて満足です。やはり「四千両」は今絶対に見て頂きたいです。

「市川海老蔵 古典への誘い」公演のお知らせ

今年も海老蔵が企画した公演「古典への誘い」が行われます。演目は『身替座禅』と『男伊達花廓』です
日程と会場(「市川海老蔵 古典への誘い」公演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
ぼたんさんも出演です。

2017年2月10日金曜日

「第38回俳優祭」開催のお知らせ

平成29年3月28日(火)に日本俳優協会主催の「第38回俳優祭」が開催されることが決定しました。 会場は歌舞伎座で、昼夜2回公演です。(トピックス|歌舞伎 on the web)
正式発表がでました。

2017年2月9日木曜日

歌舞伎化された『梅ごよみ』(染五郎ブログ)

歌舞伎化された『梅ごよみ』 ドラマもさることながら、役者の色合い、顔合わせ、美しい拵えを楽しめる作りになっています 全幕、夏で通すやり方もありますが 梅の時期が欲しいと思い、二幕目から二月という台本を選びました そうすると衣裳も序幕は夏物、それ以降は冬物とガラッとかわります 道具にも梅の立木を作り、タイトル、そして二月公演にふさわしい風情を感じていただければ! 季節に敏感な日本特有の情緒をお楽しみください!!(歌舞伎|市川染五郎オフィシャルブログ そめいろ Powered by Ameba)
素晴らしいです。2月に上演だしタイトルも梅ごよみですから、たっぷりこの時期の空気を感じ丁々発止のセリフの応酬に酔いたいと思います。

彌十郎の如月の言葉 2017年2月

■ 坂東彌十郎 坂東新悟 公式サイト(■ 坂東彌十郎 坂東新悟 公式サイト)
最近の楽屋 PHOTO H29年1月松竹座(■初代 坂東彌十郎 公式サイト(楽屋写真))
彌十郎さんは雁のたよりの家老、石切の呑助ー思いっきり眉毛が八!
新悟くんは寿曽我の腰元。

小玉祥子の劇評 2017年2月 歌舞伎座

昼の序幕が「猿若江戸の初櫓(はつやぐら)」。歌舞伎の始まりが題材の舞踊。勘九郎の猿若の形が美しく、七之助の阿国があでやかだ。(歌舞伎:猿若祭二月大歌舞伎 勘九郎、猿若美しく=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
勘九郎の猿若が颯爽と美しく、七之助の阿国はきれいで兄弟で好一対です。

河村常雄の劇評 2017年2月 歌舞伎座

富蔵とその旧主の息子・藤十郎が出会う「四谷見附外」、続く「藤岡内」。菊五郎は穏やかな燗酒屋の富蔵が筋金入りの盗賊であることを次第に顕していく。橘太郎と咲十郎が富蔵に絡む中間で江戸の庶民の雰囲気を出している。(河村常雄の新劇場見聞録)
こういう芝居は是非ずっと上演してほしいです。

今年の俳優祭の打ち合わせ(海老蔵ブログ)

晩御飯食べて これから歌舞伎座へ 今日は今年の俳優祭の打ち合わせです。 今年は私も実行委員の1人なので、 頑張りまーす(話をしていたら|ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba)
どうやら俳優祭があるようです。

【プレゼント】『かぶき手帖 2017年版』を5名様に

公益社団法人日本俳優協会では、2月28日(火)まで、『かぶき手帖2017年版』の送料無料キャンペーンを実施しています。それに合わせ、歌舞伎美人読者5名様に『かぶき手帖 2017年版』をプレゼントします。(【プレゼント】『かぶき手帖 2017年版』を5名様に | 歌舞伎美人(かぶきびと))
■応募締切 2017年2月23日(木)

「六本木歌舞伎」カーテンコールに登場したのは…

初日にカーテンコールでは、出演者たちとともにそんな舞台をつくり上げたリリー・フランキーと三池崇史が、海老蔵に呼び出されて舞台に上がり、満場のお客様から、そして出演者からも熱い拍手と歓声を浴びました。(「六本木歌舞伎」カーテンコールに登場したのは… | 歌舞伎美人(かぶきびと))
楽日も登場されるかな。

バレンタインデーに大阪松竹座で抽選会

2017年2月14日(火)午前の部/午後の部(バレンタインデーに大阪松竹座で抽選会 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
チョコが頂けるのかしら?

シネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛〈やじきた〉』前売りスタート

シネマ歌舞伎 第27弾 『東海道中膝栗毛〈やじきた〉』
■公開 2017年6月3日(土) 全国ロードショー
2月11日(土)、シネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛〈やじきた〉』の前売り券が発売され、映画館で予告編も公開されます。(シネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛〈やじきた〉』前売りスタート | 歌舞伎美人(かぶきびと))

芝生に「助六」の文字と「むきみ」(てぬぐいさんツイート)

芝生に「助六」の文字と「むきみ」が焼き入れされてた。 市川三郷 歌舞伎文化公園。(てぬぐい…さんのツイート: "芝生に「助六」の文字と「むきみ」が焼き入れされてた。 市川三郷 歌舞伎文化公園。 https://t.co/sr0Kl9LJs3")
広い芝生にくっきりと、なかなかイキなことをしてくれていますね。

2017年2月8日水曜日

裏長屋騒動記 2017年5月 前進座 国立大劇場 公演情報

今回初めて、前進座と緒に舞台を創ることになりました。落語の「らくだ」と「井戸の茶碗」をもとに、ある裏長屋で起こる騒動のお話です。五年前にお話しさせていただいたことが、このような形で実現でき、長年の前進座との想い出に新しいへージが追加されることに、わくわくしています。どうぞ、ご見物の時には、舞台の俳優さんと同じ空間で、笑いや喜びを共有して、にぎやかに大声で笑いながらお楽しみください。 (山田洋次)(前進座五月国立劇場公演)
裏長屋騒動記 落語のらくだ、井戸の茶碗より
前進座友の会先行発売 3月7日(火)9:30より 一般発売 3月10日(金)9:30より

落語がベースのオモシロイお話のようです。

平成29年6月歌舞伎鑑賞教室「毛抜(けぬき)」 2017年6月 国立大劇場

歌舞伎十八番の内 毛 抜
一幕 小野春道館の場
国立劇場美術係=美術               
(出演)   中 村 錦之助   片 岡 孝太郎 ほか(平成29年6月歌舞伎鑑賞教室「毛抜(けぬき)」)

「松竹大歌舞伎 北京公演」に鴈治郎、芝翫、孝太郎出演

日中国交正常化45周年記念事業として、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)主催により北京で歌舞伎公演を開催することが発表されました。(「松竹大歌舞伎 北京公演」に鴈治郎、芝翫、孝太郎出演 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
『義経千本桜』「鳥居前」(よしつねせんぼんざくら とりいまえ)
佐藤忠信実は源九郎狐:中村 芝翫
静御前:片岡 孝太郎
逸見藤太:中村 福之助
武蔵坊弁慶:中村 橋之助
源義経:市川 門之助

玩辞楼十二曲の内 『恋飛脚大和往来』「封印切」(ふういんきり)
亀屋忠兵衛:中村 鴈治郎
傾城梅川:中村 壱太郎
井筒屋おえん:上村 吉弥
丹波屋八右衛門:中村 芝翫

 『藤娘』(ふじむすめ) 藤の精:片岡 孝太郎

 ■日時 2017年3月18日(土)~20日(月) 14:00/19:30開演 ※20日(月)は19:30公演のみ
 ■場所 北京天橋芸術中心 中劇場 北京市西城区天桥南大街9号楼
 ■入場料 380元、280元、100元、80元 ■お問い合わせ 国際交流基金 03-5369-6038

プロから学ぶ 長唄講座のお知らせ&『国立劇場版PPAP』動画配信中 

プロから学ぶ 長唄講座 (全5回) 講師:長唄佐門会 三代目 杵屋 佐喜
日程:2/14・3/14・4/11・5/9・6/13(火)
歌舞伎の音楽としても親しまれている長唄の代表曲を唄ってみましょう。 年齢、経験問わず。三味線、長唄の個人レッスン枠もあります。 受付にお問い合わせ下さい。
受講料:21,600円(全5回分) テキスト代:2,000円 お申し込みは℡:026-232-3811 またはメールフォームより  ヨークカルチャーセンター長野(プロから学ぶ長唄講座 『国立劇場版PPAP』動画配信中 - ヨークカルチャーセンター長野|イトーヨーカドー長野店、長野市、大町市、千曲市、権堂駅周辺で趣味・習い事をお探しなら)
『国立劇場版PPAP』動画配信中
黒衣ちゃんが踊っています。長唄囃子連中の演奏に合わせて。

杵屋佐喜さんは「黒塚」の作曲者4世杵屋佐吉の曾孫さんで、先月演舞場で唄っていらっしゃいました。

軽業のお初 by米吉

と、ここまでご覧の通り、前回と同じ猿之助兄さんお見立ての素敵な衣装を着せてもらっています。     実は今回、更に一枚衣装を追加したんです! それは、最後の最後、雪之丞を見送る場面での拵え。   すっきりとした藤色の縞物に、帯は赤地に折鶴の柄。     雪之丞への気持ちから、最後には少し女性的になるのではないかと言う気持ちから、頭もすっきりとした頭へ変えてみました。   その見送りの場面は前回と少し本も変わったので、個人的にはこの追加は成功したのではないかなと感じています。(歌舞伎役者 中村歌六 米吉 龍之助|オフィシャルサイト | Anego   returns)
猿之助さんお見立ての衣裳にラストの場面で着る衣裳を追加、これも粋でステキです。4枚の写真を見ると手拭いが違います。澤瀉屋の柄に小川(多分そうではないかと?)のデザイン、米吉のデザインではないでしょうか。博多に行かれる方は米吉さんの拵えに注目してください。

2017年2月7日火曜日

国立劇場開場50周年記念3月歌舞伎公演『通し狂言 伊賀越道中双六』の記者会見

今の時代で「仇討ち」はできませんが、家族を失った悲しみや憤りという気持ちはいつの世にもあると思います。「仇討ち」の芝居の根本には、人の生命を奪った者に対して「無念を晴らしたい」という現代にも通じる思いがあります。劇中で政右衛門は、「仇討ち」のために我が子を犠牲にするという尋常ならざる選択をします。そうまでしても成し遂げなければならなかった「仇討ち」が、最後にようやく果たされ、お客様が心からよかったと思える。本当によく描かれた戯曲だと思います。(50周年記念公演ニュース|国立劇場50周年記念サイト|国立劇場)
配役も良し、記憶に残る舞台になるでしょう。

KAAT 神奈川芸術劇場若手舞踊公演 SUGATA 「続・新説西遊記」公演情報

若手舞踊公演SUGATA 「続・新説西遊記」(若手舞踊公演SUGATA 「続・新説西遊記」|KAAT 神奈川芸術劇場)
作・演出・振付:藤間勘十郎
【出演】 中村鷹之資 中村玉太郎 中村梅丸 花柳美喜 花柳凜 澤村國矢 尾上菊之丞 藤間勘十郎

公演期間 2017年03月23日(木)~2017年03月26日(日) 開演:13:00 (開場:12:30) 会場 大スタジオ

去年に引き続き第二弾です。昨年見ましたがとても面白かったです。

とおさんの岡持ち(寺島しのぶブログ)

歌舞伎座から六本木にやって来ました。これをお守りに今日も頑張るべし。やれることをやっていこう。(ほどほどに TERAJIMA Shinobu Column)
ワーステキ!木製ではないんだ。重扇に抱き柏の家紋が光っています。

日中国交正常化45年 来月北京で記念の歌舞伎公演

これは、日中の政府関係者のほか、出演する中村鴈治郎さんや中村芝翫さんなどが7日都内で記者会見を開き、発表しました。 それによりますと、公演は、ことし日中国交正常化45年となるのに合わせ、国際交流基金が主催し、来月18日から20日までの3日間、北京の劇場で行われます。 上演されるのは、源義経の都落ちを題材に武将の悲哀などを描き、荒々しい演出が特徴の「義経千本桜鳥居前」など、3つの演目の予定です。 企画に関わった松竹によりますと、今回、公演のためおよそ100人が北京を訪れる計画で、中国での本格的な歌舞伎の上演は10年ぶりだということです。(日中国交正常化45年 来月北京で記念の歌舞伎公演 | NHKニュース)
鴈治郎・芝翫、女形は孝太郎です。若い人も参加で盛り上がることでしょう。

2017年2月6日月曜日

7日24:12~テレビ東京チマタの噺【鶴瓶も困惑!?歌舞伎俳優・市川猿之助の不思議すぎる結婚観】

チマタの噺【鶴瓶も困惑!?歌舞伎俳優・市川猿之助の不思議すぎる結婚観】 2017年2月7日(火) 24時12分~25時00分
市川猿之助がキワドイ話を連発!「100年後に歌舞伎はない」!?謎の独身生活を赤裸々に告白&結婚は面倒くさい▽仰天!京都で警察官を撃退した(秘)エピソード(チマタの噺 - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表])

浅草「スターの手型」に梅玉さんも

5人は、草刈さんのほか、漫談家の綾小路きみまろさん、女優の樹木希林さん、新内節三味線の新内仲三郎さん、歌舞伎俳優の中村梅玉さん。3月18日に浅草公会堂で、浅草芸能大賞授賞式と併せて、顕彰式を行う。(浅草「スターの手型」、草刈正雄さんら5人 台東区 - 産経ニュース)
今度行ったら確認します。

演劇界 2017年3月号 表紙右團次

本日発売です。

2017年2月5日日曜日

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 6日~10日

6日
青砥稿花紅彩画  白浪五人男(前編)
勘三郎・三津五郎・錦之助・彌十郎・福助・仁左衛門
楼門五三桐
吉右衛門・歌六・又五郎・菊五郎

7日
青砥稿花紅彩画  白浪五人男(後編)
勘三郎・三津五郎・錦之助・彌十郎・福助・仁左衛門

8日
本朝廿四孝 十種香
歌右衛門・梅幸・13世仁左衛門・梅玉・7世芝翫
1983年1月 歌舞伎座
二人道成寺
4世雀右衛門・芝雀
1999年9月 歌舞伎座

9日
沓手鳥孤城落月
7世芝翫・福助・橋之助・秀太郎・田之助・富十郎
元禄忠臣蔵 大石最後の一日
幸四郎・福助・染五郎・歌六・東蔵

10日
夜叉ヶ池
春猿・段治郎・寿猿・右近

新春浅草歌舞伎キャンペーンに当選

浅草歌舞伎の1部2部のチケットを購入した人に、抽選で出演者サイン入りプロをプレゼントという企画があり、わたしが当選しました。日頃筋書は買わないので、立派なのが届いてうれしいです。松也、巳之助、壱太郎、隼人、梅丸、錦之助のサイン入り!です。
こいつあー春から縁起が良いわえ。

Outlook for Android から取得


5日深夜NHKBSP0:00~ 国立劇場初春歌舞伎公演「しらぬい譚」

[BSプレミアム] 2017年2月6日(月) 午前0:00~午前2:45(165分)(NHK 番組表 | プレミアムステージ 歌舞伎「通し狂言 しらぬい譚」 | 国立劇場50周年記念として、平成29年1月に公演がおこなわれた国立劇場初春歌舞伎公演「しらぬい譚(ものがたり)」五幕八場を放送。)
0時ジャストからです。

2017年2月4日土曜日

長谷部浩のの劇評 2017年2月 歌舞伎座

菊五郎の台詞回しは、さらさらとして作為を消し去っている。藝境がさらに淡々と澄み渡っているのがよくわかった。
江戸の人達の暮らしぶりが見られる世話物の舞台は楽しい。見たことのない牢屋の場は役者さんも楽しんでいるようです。
練りに練った仇吉と米八のやりとりを、基本を守りつつ、おもしろく見せて、肩がこらない。染五郎は女性からはだれからも言い寄られる色男を演じてなるほどと納得させる。菊之助は、仇っぽい芸者は本役ではないだろうが、すっきりとした色気がある。勘九郎は父譲りの口跡で、裏切られた女のくやしさを見せる。ああ、こんなこともあるよね、と観客をうなずかせる。木村錦花の才筆が、春を迎える喜ばしい空気とともに味わえる。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory)
正に丁々発止、小気味の良いやりとりが見ていてワクワクします。

私の元実家(勘十郎ツイート)

二年続けて六本木EXシアターに来るとは思わなかった~何故ならこの場所は私の元実家、いまの歌舞伎や演劇のスターの方々が祖父や母の下にお稽古に通われた稽古場である思い入れ深い場所で仕事をしている~ここは私の部屋の下かな(笑)みたいな~(藤間勘十郎さんのツイート: "二年続けて六本木EXシアターに来るとは思わなかった~何故ならこの場所は私の元実家、いまの歌舞伎や演劇のスターの方々が祖父や母の下にお稽古に通われた稽古場である❗思い入れ深い場所で仕事をしている~ここは私の部屋の下かな(笑)みたいな~✴")
そうだったんですか、お稽古に通われた人も多いことでしょう。

ブログ アーカイブ