2017年1月10日火曜日

河村常雄の劇評 2017年1月 歌舞伎座夜の部

来年一月に父・白鸚の名を二代目として襲名する幸四郎が父の当たり役・井伊直弼を勤める。大老としての貫禄に優しさが加わり、この人らしい直弼である。(河村常雄の新劇場見聞録)
鷹之資の越後獅子が踊の名手だった父を彷彿とさせます。