2017年1月24日火曜日

猿之助「第51回紀伊國屋演劇賞」の個人賞の受賞式に出席

舞台「元禄港歌-千年の恋の森-」(蜷川幸雄氏演出)、「エノケソ一代記」(三谷幸喜氏作・演出)での優れた演技が評価された。賞状と賞金50万円を贈呈された猿之助は、「歌舞伎俳優が紀伊國屋演劇賞をもらうのはうれしいような、きまずいような」と照れ笑いし、「蜷川さん、三谷さんが『絶対君には喜劇の要素があるから』と言って役をくれました」と感謝した。(市川猿之助、蜷川幸雄さんと三谷幸喜に感謝 「『君には喜劇の要素があるから』と言ってくれた」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ))
歌舞伎以外でもすぐれた作品ならば大歓迎です。