2017年1月23日月曜日

姫二号by米吉

まず、衣装は普通の赤姫ですが、袖口の所へ金糸の袖房をつけて、大仰な拵えに。   また雰囲気を大きく変えるため、根取りの下げ髪という頭に、紫の饅頭帽子 をつけ古風にし、普通のお姫様とは違う両天の割花櫛という飾り物をつけています。     この頭は京屋の型での 雲の絶間姫 の物。   先の雀右衛門のおじさまが、浮世絵をもとに作られた物だそうです。(歌舞伎役者 中村歌六 米吉 龍之助|オフィシャルサイト | 姫二号)
確かに古風でした。お衣装を考えるのも役作りの一つですね。