2017年2月16日木曜日

天野道映の劇評 2017年2月 歌舞伎座

夜「梅ごよみ」の深川芸者仇吉(あだきち)(菊之助)は勝ち気で奇麗で声が涼しい。揺れる屋形船の上にすらりと立つ身のこなしは、光の中に水玉を散らすようだ。朋輩(ほうばい)の米八(勘九郎)の恋人丹次郎(染五郎)を奪い、毒づかれてもびくともしない。((評・舞台)歌舞伎座「猿若祭二月大歌舞伎」 胸すく菊之助のタンカ:朝日新聞デジタル)
江戸っ子それも深川芸者、深川のお姉さんはこんなだったんだなあーと思わせる菊之助の仇吉です。

ブログ アーカイブ