2017年2月17日金曜日

倉田喜弘の文楽評 2017年2月 国立小劇場

封印切(ふういんきり)の段は過去の名人たちが苦心した場だけに、太夫も三味線も研究を深めてほしい。人形では、豊松清十郎が情感豊かな梅川を演じる。絶品。封印を切る忠兵衛(玉男の役)は気迫十分。道行は雪の降る大和路。哀愁の漂う中、静かに幕が下りる。(東京新聞:<評>国立劇場「近松名作集」  絶品の清十郎・梅川:伝統芸能(TOKYO Web))

ブログ アーカイブ