2017年3月17日金曜日

小玉祥子の劇評 2017年3月 国立劇場

見応えがあるのが四幕「岡崎」。関所を破った政右衛門は再会した旧師の山田幸兵衛(歌六)に股五郎方への尽力を請われる。幸兵衛は現在の政右衛門の立場を知らない。政右衛門は離縁したお谷が連れてきたわが子を自身の正体を隠すために手にかける。  幸兵衛宅でたばこの葉を切りながらも政右衛門は門外にいるお谷が気になる。吉右衛門は腹芸で思いを見せ、殺(あや)めた子を放り投げる姿にすごみを出した。剣豪の強さを保ちつつ、家族への情を感じさせる絶妙な演技である。(歌舞伎:伊賀越道中双六 吉右衛門、絶妙な演技=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
岡崎の場は見応えあり、心に響く舞台です。

ブログ アーカイブ