2017年3月28日火曜日

ようこそ歌舞伎へ 赤坂大歌舞伎 勘九郎

時代物ではないですし、世話物かというとそうでもありません。せりふ劇ではありますが、真山青果物などとは違います。普遍的な日常を描いた現代の感覚に近い作品なので、歌舞伎のなかでも新ジャンルが生み出されるのではないかと思っています。もし自分がレンタルビデオ店の店員なら、DVD化されたこの作品をどこに置くかと悩みます。ミステリーの要素もSFの要素もあります。(ようこそ歌舞伎へ「中村勘九郎」 2/4 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
新ジャンルですかね。

ブログ アーカイブ