2017年3月25日土曜日

<支える人>歌舞伎座ツケ打ち・芝田正利さん 役者と日々真剣勝負

歌舞伎座のツケ打ちは芝田さんと弟子三人の四人体制。一カ月打って、翌月は大道具方に戻って作業する。若者も門をたたいてくるが「カッコよさにひかれて入る人も少なくないが、大道具修業に耐えられなくて長続きしない」と言う。肝要なのは「まず芝居好きでないと」。舞台をこよなく愛する芝田さんのツケの極意はここにある。(東京新聞:<支える人>歌舞伎座ツケ打ち・芝田正利さん 役者と日々真剣勝負:伝統芸能(TOKYO Web))
ツケ打ちさんは大道具方とは知っていましたが、大道具の仕事も修行するのだそうです。

ブログ アーカイブ