2017年3月14日火曜日

小玉祥子の劇評 2017年3月 歌舞伎座

最後が河東節300年記念「助六由縁(ゆかりの)江戸桜」。海老蔵の助六は姿がいい。雀右衛門の揚巻(あげまき)に助六を包みこむ大きさと全盛の傾城(けいせい)らしい華やかさがあり、「悪態の初音」が小気味よい。菊五郎の白酒売は軽やかでセリフにメリハリが利き、左團次の意休、秀太郎の満江、歌六の門兵衛、梅枝の白玉とそろう。(歌舞伎:三月大歌舞伎 揚巻に華やかさ=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
海老蔵の姿が良いのと、下駄を履いても危なげなく、音が音楽に聞こえます。雀右衛門の揚巻は父親のお掛けを着て、先代の魂が宿ったようで華やかで立派です。

ブログ アーカイブ