2017年3月11日土曜日

渡辺保の劇評 2017年3月 国立劇場

一昨年十二月に好評だった吉右衛門の「岡崎」が再演された。前回よりも各 段にドラマが鮮明になって、見ていて何度も胸が熱くなった。現代歌舞伎の水 準を示す名舞台である。(2017年3月国立劇場)
見ごたえある通しです。

ブログ アーカイブ