2017年3月6日月曜日

Interview中村雀右衛門 父の「揚巻」に近づきたい 女形屈指の大役、充実の掛け持ち出演

「最初から揚巻になりきっていないといけません。父の舞台にならい、大きさや風情を出すように心がけます。父のセリフが耳に残っておりますので、少しでもまねできればと思います。悪態の後に『オホホホ』と高笑いをしますが、そこも『よくぞ言ってくれた』とお客様の共感を呼ぶようにしたいです」(Interview:中村雀右衛門 父の「揚巻」に近づきたい 女形屈指の大役、充実の掛け持ち出演 - 毎日新聞)

ブログ アーカイブ