2017年3月26日日曜日

観世能楽堂、新たな幕開け 銀座を伝統文化の発信地に

新「観世能楽堂」は松坂屋銀座店の跡地を中心とした再開発エリアに開業する複合商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」の地下3階に開場する。銀座は観世家が江戸幕府から屋敷を拝領していた地だ。延べ床面積は約1630平方メートルで480席(うち車椅子用2席)。
開場記念公演「祝賀能」は4月20~24日、清和が舞う「翁」など。「日賀寿能」は27日から。24日午後7時半からは清和の息子の三郎太が仕舞「高砂」を舞うなどの「若手特別公演」がある。03・5778・4380(観世会)。(観世能楽堂、新たな幕開け 銀座を伝統文化の発信地に:朝日新聞デジタル)
行きやすい場所で歌舞伎と梯子ができますね。

ブログ アーカイブ