2017年3月28日火曜日

上村以和於の今月の舞台から 2017年3月

『岡崎』が内容に見合った量感を失うことなく前回より一段と明晰になったのは、各役各優、それだけすることが的確になったからだろう。とりわけ歌六の役者ぶりが一段と大きく、奥行きが深まった。
もう一つ、前回を遥かに超えて出色だったのは「藤川の新関」で、前回からわずかの間に米吉のお袖がすっかり一人前の娘方として開花したからで、黄八丈の衣装がぴたりとはまる娘ぶりが、菊之助の志津馬と相合傘の風情などまさに匂うがばかりの好一対。この場が単なる「岡崎」のための筋の上の前哨に留まらず、悲劇の間に欠かせない彩りであることを教えられる。
国立劇場賞を頂いたお袖の演技、米吉の娘方が評価されました。
閑話休題として、今月の殊勲賞は巳之助の『どんつく』、ちゃんと三津五郎家の踊りを踊って見せたのを評価したい。技能賞は『引窓』のお幸の右之助。
巳之助・松緑コンビがしっかりした踊を見せてくれてうれしかったです。
今月注目随一の海老蔵の『助六』がまずまずであったのは結構だった。何と言っても助六役者として天成の仁と柄である。今のままだって当代の助六であるのは間違いないが、その割には褒める声がもう一つ大きくならないのは、海老蔵の助六はこんなものではないと思えばこそだと知ってもらいたい。(演劇評論家 上村以和於公式サイト)
私の中では、今一つ盛り上がらなかったのは河東節のご連中の演奏がお粗末だったからだと思っています。普通、地方に助けられて踊り手は気持ちよく踊るものです。

ブログ アーカイブ